誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon.co.jp 商品検索

ブログ商品ポータル

話題のモノの評判が、ブログを通じて見えてくる! それが「ブログ商品ポータル」です。

ブログ商品ポータルは、商品がブログでどれだけ取り上げられているかを調べることができるトレンドサイトです。

土屋政雄”でブログの記事とアイテム情報を探す

土屋政雄 のことをもっと良く知りたいなら、商品に言及したブログを探してみましょう。

  • Amazon.co.jp では 土屋政雄 に関する商品が 78 件 見つかりました。
  • 楽天市場 では 土屋政雄 に関する商品が 194 件 見つかりました。
  • 土屋政雄 に関連する商品に言及しているブログ記事が少なくとも 63 件 以上あります。

ブログ商品ポータル は、ブログで取り上げられた商品の情報を収集・分析するトレンド情報サイトです。

土屋政雄 の関連商品に言及したブログ記事を探します。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
(ASIN: 4151200517)
著者 : カズオ・イシグロ
レーベル : 早川書房
ブログ記事 : 32 件

石黒浩・飯田 一史「人はアンドロイドになるために」アンドロイド研究の第一人者石黒浩が 著書「アンドロイドは人間になれるか」構成担当の飯田 一史と組んで挑んだ初の小説。人間とアンドロイドの未来をめぐる5 ... (続きを読む)
森博嗣Wシリーズ7作目「ペガサスの解は虚栄か?」 今まではAIと人造人間で人間とは何か生きているとは何かをシミュレーションしてきたけれど、ここではクローンが出てきて、より深い闇へと誘われる。ヒトは人間 ... (続きを読む)

カズオ・イシグロさんがノーベル文学賞受賞されたので、何か読んでみようと思い手に取ったのがこの本。内容は以下の通り。自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシー ... (続きを読む)
俺、楽太郎。俺の寝顔。愛らしか寝顔。。。。。。。。のはずが・・・・立派な二重あごになってしもとる・・・・自分が”おいさん”になってしもたことに気づく瞬間やね・・・・にほんブログ村←ぽちっと押しとって♪ ... (続きを読む)

10月9日(月)「ふるさと茨城の山」に登ろうと、奥久慈・長福山に行ってきました。コース水郡線上小川駅・・・滝倉入口・・・長福・・・長福寺観音堂・・・長福山・・・長福寺・・・上小川駅水戸駅で列車形のコン ... (続きを読む)
Happy Life,Happy Funノーベル文学賞
10/06 11:08 ブログ : Happy Life,Happy Fun
忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)早川書房 カズオ イシグロ Amazonアソシエイト by わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)早川書房 カズオ・イシグロ Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)


» もっと見る : 32 件 わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) / ブログ商品ポータル

日の名残り (ハヤカワepi文庫)
(ASIN: 4151200037)
著者 : カズオ イシグロ
レーベル : 早川書房
ブログ記事 : 17 件

今更ながら、ノーベル文学賞受賞者のカズオ・イシグロ氏の小説‘日の名残り’をようやく読みました。この小説は、主人公の執事が休暇旅行(といっても、目的はあったのですが・・・)をしながら、自身の仕事を振り返 ... (続きを読む)
「ノーベル文学賞受賞」の本の帯に誘われて、ミーハー気分で店頭での衝動買い。「日の名残り」(カズオ・イシグロ著)期待もせず睡眠導入剤?の代わりに読み始めた1989年に刊行、1993年に映画化もされたと知 ... (続きを読む)

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/ragu-shop/cabinet/shouhin01/swe-apple-pie.jpg?_ex=128x ... (続きを読む)
日の名残り カズオ イシグロスウェーデン・アカデミーは5日、2017年のノーベル文学賞を長崎県出身の日系英国人で作家のカズオ・イシグロさん(62)に授与すると発表した。授賞理由は「彼の小説は、偉大な感 ... (続きを読む)

Happy Life,Happy Funノーベル文学賞
10/06 11:08 ブログ : Happy Life,Happy Fun
忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)早川書房 カズオ イシグロ Amazonアソシエイト by わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)早川書房 カズオ・イシグロ Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)
本日イシグロさんがノーベル文学賞を受賞しました。昔から好きな作家の一人ですが、先ほど吉報を聞いた時には正直驚きました。なぜかって?だってノーベル文学賞は、必ずしもベストな作品が受賞するとは限らないから ... (続きを読む)


» もっと見る : 17 件 日の名残り (ハヤカワepi文庫) / ブログ商品ポータル

忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)
(ASIN: 4151200916)
著者 : カズオ イシグロ
レーベル : 早川書房
ブログ記事 : 4 件

昨年、ノーベル文学賞を取ったイシグロカズオさんという作家の文庫本が実家にあったので、読んでます。まだ途中ですが、本で小説読むのは久しぶり。しかも、初めての作家でファンタジー小説で、設定が昔のイギリス& ... (続きを読む)
                 〔落日後の夕空と山の端〕 ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさんの長篇『忘れられた巨人』を紹介してみる。 文庫本になったので買っておいたのだが、旅行中に読み終わ ... (続きを読む)

俺、楽太郎。俺の寝顔。愛らしか寝顔。。。。。。。。のはずが・・・・立派な二重あごになってしもとる・・・・自分が”おいさん”になってしもたことに気づく瞬間やね・・・・にほんブログ村←ぽちっと押しとって♪ ... (続きを読む)
Happy Life,Happy Funノーベル文学賞
10/06 11:08 ブログ : Happy Life,Happy Fun
忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)早川書房 カズオ イシグロ Amazonアソシエイト by わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)早川書房 カズオ・イシグロ Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)


» もっと見る : 4 件 忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫) / ブログ商品ポータル

ダロウェイ夫人 (光文社古典新訳文庫)
(ASIN: 4334752055)
著者 : バージニア ウルフ
レーベル : 光文社
ブログ記事 : 2 件

小説「ダロウェイ夫人」MRS.DALLOWAY 1925年 イギリス バージニア・ウルフ著 土屋政雄訳 光文社古典新訳文庫 2010年5月20日初版第1刷発行2010年7月18日(日)購入 紀伊國屋書 ... (続きを読む)
やはりウルフは魅力的だと思いました。なにしろ楡の木々が浮かびあがっては沈んでいた。すべての葉を燃えるように輝かせ、色の濃淡を青から逆巻く波の緑にまで変化させながら、馬の頭飾りのように、木々は誇らしげに ... (続きを読む)


» もっと見る : 2 件 ダロウェイ夫人 (光文社古典新訳文庫) / ブログ商品ポータル

月と六ペンス (光文社古典新訳文庫)
(ASIN: 433475158X)
著者 : ウィリアム・サマセット モーム
レーベル : 光文社
ブログ記事 : 2 件

新訳になって読みやすいと実感する作品がまたひとつ。 月と六ペンスはデザイン学校時代に友達のあいだでちょっとした流行りになったので印象は深かったはずなのですが、 さらに違う角度からの発見があり楽しみまし ... (続きを読む)
谷崎潤一郎『谷崎潤一郎犯罪小説集』 短編が4つ。どれもおもしろい。感触は、洗練された乱歩といった感じ。「私」という短編の巧みさすごいし、「白昼鬼語」の覗きの場面はすばらしい。谷崎がこんなんかいてたんだ ... (続きを読む)


» もっと見る : 2 件 月と六ペンス (光文社古典新訳文庫) / ブログ商品ポータル

夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (ハヤカワepi文庫)
(ASIN: 4151200630)
著者 : カズオ イシグロ
レーベル : 早川書房
ブログ記事 : 2 件

OREO's page日本の頑張りはここいかに。
10/14 05:31 ブログ : OREO's page
2016年のノーベル文学賞受賞者を見て驚きました。村上春樹さんが取れなかったという驚きではなく歌手のボブ・ディランさんが取られたということにです。受賞理由は「偉大な米国の歌の伝統の中に、新たな詩的表現 ... (続きを読む)
カズオ・イシグロ(土屋政雄 訳)2011年2月15日刊 早川書房 ¥780(+税)私が暮らしている埼玉県東部の町には、毎年、この季節になるとカッコウがやってくる。住宅地の先は田んぼと畑ばかりで、森も林 ... (続きを読む)


» もっと見る : 2 件 夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (ハヤカワepi文庫) / ブログ商品ポータル

終わりの感覚 (新潮クレスト・ブックス)
(ASIN: 4105900994)
著者 : ジュリアン バーンズ
レーベル : 新潮社
ブログ記事 : 2 件

若い頃の自分自身との付き合い。初老にさしかかっても変われない部分。嘘をつく記憶。重苦しい空気感。苦笑いを呼ぶテーマでした。もう少し登場人物たちが複雑に交錯してもよかった?終わりの感覚 (新潮クレスト・ ... (続きを読む)
終わりの感覚 (新潮クレスト・ブックス)ジュリアン バーンズ (著), Julian Barnes (原著), 土屋 政雄 (翻訳)学生時代の恋人ベロニカの母親の遺言で、500ポンドと手紙2通を受け取 ... (続きを読む)


» もっと見る : 2 件 終わりの感覚 (新潮クレスト・ブックス) / ブログ商品ポータル

コンゴ・ジャーニー〈下〉
(ASIN: 4105058525)
著者 : レドモンド オハンロン
レーベル : 新潮社
ブログ記事 : 2 件

 最近の読書はもっぱら新書、ビジネス、科学(あと、「このミステリーがすごい」のNo.1・2という、年末の恒例行事)。しかし書店では「何か新しい出会いがあるかも」と、ひととおり回るようにはしている。で、 ... (続きを読む)
 イギリスの冒険家がアフリカコンゴのテレ湖の恐竜を見に行くという冒険ものだが、半端な冒険ものではない。 文明国のきれいな、便利な、科学的な生活から比べたら、不潔、糞尿、黴菌、セックス、呪い、まじない( ... (続きを読む)


» もっと見る : 2 件 コンゴ・ジャーニー〈下〉 / ブログ商品ポータル


ログイン 「ログイン」をクリック