誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 高田直芳の実践会計講座 原価計算

高田直芳の実践会計講座 原価計算 の商品情報

高田直芳の実践会計講座 原価計算
高田直芳の実践会計講座 原価計算を Amazon.co.jp で見る
高田直芳の実践会計講座 原価計算
高田 直芳 (著者)


レーベル : 日本実業出版社
発売日 : 2010-05-01
ASIN : B00CQN0L62

53 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

『クルーグマン ミクロ経済学』第2版ポール・クルーグマンクルーグマン ミクロ経済学〔第2版〕東洋経済新報社 ポール クルーグマン Amazonアソシエイト by 先月(2017年3月)の下旬に発売。待 ... (続きを読む)
工数を悪用した水増し請求は粉飾決算の温床今回は、次の【資料1:関連ブログ】のスピンオフ。【資料1:関連ブログ】会計監査で人工知能AIを活用しても粉飾決算は糺せない工数を悪用した水増し請求と、そこから派 ... (続きを読む)

会計監査で人工知能AIを活用しても粉飾決算は糺(ただ)せない2017年3月15日付の日本経済新聞では、次の記事が掲載されていました。【資料1】日本経済新聞「Disruption断絶を超えて(3)」20 ... (続きを読む)
第34回日本公認会計士協会研究大会パワーポイント資料の公開本ブログでは、次の2本の学術論文を無償公開してきました。【資料1】新日本法規財団奨励賞 受賞論文『会計学と原価計算の革新を目指して』第34回日 ... (続きを読む)

正規分布曲線や中心極限定理を扱えないコスト管理のお粗末『高田直芳の実践会計講座 原価計算』補足説明世界を読みとく数学入門日常に隠された「数」をめぐる冒険角川学芸出版 小島 寛之Amazonアソシエイト ... (続きを読む)
人工知能(AI)に管理会計や経営分析を委ねると人間の生活が脅かされる以前のブログ『あなたは、AI(人工知能)に打ち克つ自信があるか』で、次のNHK番組を取り上げました。【資料1】天使か悪魔か 羽生善治 ... (続きを読む)

勘定連絡図に、大企業の度量の「小ささ」が現われる[決定版]新・ほんとうにわかる経営分析 補足説明 原価計算システムや管理会計システムと称するものは、すべからく「勘定連絡図」というものを作成する機能を備 ... (続きを読む)
上場企業は、なぜ、監査法人を見下すのかいまは、四半期ごとに決算が行われます。特に3月末日を年度末としている上場企業は、決算業務と会計監査への対応で、多忙な日々を送っているはず。会計監査については、昨年 ... (続きを読む)

有償取引と循環取引の、ああ勘違い[決定版]新・ほんとうにわかる経営分析 補足説明 「会計知のない人」が陥る錯覚の一つに、有償取引(無償取引を含みます)と、循環取引との混同があります。部品や材料を有償支 ... (続きを読む)
会計監査の力量と矜持を見せてくれ『高田直芳の実践会計講座 原価計算』 補足説明法人税基本通達5−3−3では、次の定めがあります。【資料1】法人税基本通達5−3−3(原価差額の調整を要しない場合)原価差 ... (続きを読む)

『実践会計講座 原価計算』正誤次の拙著に、正誤があることを、すっかり忘れていました。高田直芳の実践会計講座原価計算日本実業出版社 2010-05-01 高田 直芳Amazonアソシエイト by 上掲の ... (続きを読む)
上場企業3千社に限らず、中堅中小企業100万社のほぼすべてで、予定原価(以下、標準原価を含みます)に基づいたコスト管理が行なわれているはずです。予定原価とは、製造業であれば「製品1個あたりの予定価格( ... (続きを読む)

関連ブログ『在庫の「作り溜め」で逃げ切った人たちの高笑いが聞こえる』では、「原価差額は、雑多な集合体であり、こんなものに、「より精緻な方法」を求める意義は乏しい」と述べました。今回は、現在の原価計算制 ... (続きを読む)
今回は、東芝の第三者委員会調査報告書(要約版)「第5章 ディスクリート、システムLSIを主とする半導体事業における在庫の評価に係る会計処理」について学びましょう。ディスクリートは「単機能の半導体」、シ ... (続きを読む)

先日、経済雑誌最大手の人と、話をしました。その1週間前に、在京テレビ局の経済部の人と、話をしました。話題は、東芝問題。東芝問題を語るだけなら、栃木県に住む私のところまで訪ねに来る必要はないわけでして。 ... (続きを読む)
東芝問題で話題となった、部品や材料の有償支給。専門家からすれば当たり前の会計処理なのですが、初めて聞く人にとっては、何が何だかわからぬ話。有償支給の問題については、次の関連ブログで言及しました。【関連 ... (続きを読む)

2015年7月9日付の日本経済新聞では、「不適切会計では総額で1700億〜2000億円の営業利益の減額修正が必要となる見通し」とありました。1億円の札束は約10キログラムの重さなので、2000束×10 ... (続きを読む)
高田直芳の実践会計講座 経営分析入門高田直芳の実践会計講座「経営分析」入門日本実業出版社 高田 直芳 Amazonアソシエイト by 高田直芳の実践会計講座 原価計算高田直芳の実践会計講座 原価計算日 ... (続きを読む)

本ブログ記事は、次のブログ記事に続くものです。【関連ブログ】東芝で今度は「利益の先食い」と「評価減の先送り」上記の関連ブログで掲載した、2015年6月23日付の日本経済新聞の記事を、以下に再掲します。 ... (続きを読む)
公認会計士という職業柄、様々なシステムに触れる機会があります。そのたびに抱く疑問があります。「巨額の資金を投じて、どうして、こんなに複雑怪奇なシステムを導入したの?」「高価なシステムを使わずに、どうし ... (続きを読む)

以下は、「キャッシュフローの話【その2】回転期間分析」の続編です。消費増税後の現場は、過剰在庫で溢れかえったのでしょうか。それを検証したのが次の〔図表9〕から〔図表11〕までであり、「実際在庫」と「最 ... (続きを読む)
今回のブログ記事は、ダイヤモンド/オンライン第145回「増税で混迷のヤマダ、ビック、エディオン、ケーズ。倒産確率デフォルト方程式などの独自分析で斬る!」を手直ししたものです。「現金預金の最適残高」や「 ... (続きを読む)

東芝の「不適切な会計処理」問題に関して、日本経済新聞では次の記事が掲載されていました。本社の経理部門は受注時の総原価の見積もりには関与するが、工事が始まってからの見直しはほぼ事業部門の裁量に任されてい ... (続きを読む)
本ブログの記事で、次の【資料1】に言及しました。【資料1】例えば円安によって資材が高騰し、工事原価の実際発生額が4億円におさまらず、実は6億円であったとしましょう。【関連ブログ】不適切な会計処理〔東芝 ... (続きを読む)

こういう破格のセールスもあるのだなと。次の拙著について、5月8日にアマゾンで、1日限りのタイムセールが行なわれました。高田直芳の実践会計講座原価計算高田 直芳 20冊限定で、定価 4,752円が、2, ... (続きを読む)
上記タイトルのような質問があった場合、答えは「あります」。原価計算を解説した書籍を購入し、米マイクロソフト社の表計算ソフトExcelを使って、自分で制作することです。出費額は書籍購入代だけですから、こ ... (続きを読む)

国内では「バックフラッシュ原価計算」の呼び名のほうが通用しています。原価計算論の後半に登場する理論です。JIT(ジャスト・イン・タイム)の生産方式を採用する、自動車業界などで観察される原価計算制度です ... (続きを読む)
「タカダ式操業度分析の学びかたを教えてほしい」という問合せを、しばしば受けます。「タカダ式操業度分析って何?」と疑問に思われる人がいるかもしれません。タカダ式操業度分析は、次の論文で受賞の栄誉を得たも ... (続きを読む)

文章を書くときに気をつけたいのが、逆接の「が」と、順接の「が」の使い分け。例えば、次の文章。(1) 今日は駄目でしたが、明日は大丈夫でしょう。上記(1)にある「が」は、逆接の「が」です。上記(1)の文 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック