誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. Will O' the Wisp

Will O' the Wisp の商品情報

Will O' the Wisp
Will O' the Wispを Amazon.co.jp で見る
Will O' the Wisp
Leon Russell (アーティスト)


レーベル : The Right Stuff
発売日 : 1995-10-10
ASIN : B000002U05

8 users

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

 73年リリース。レオン・ラッセルがハンク・ウィルソンという変名でリリースしたカントリー・アルバム。とはいえ、カウボーイ・ハットをかぶってギターを抱えた後ろ姿はレオンそのもの。さらに、この声、絶対間違 ... (続きを読む)
 70年リリース。レオン・ラッセルのデビュー作。ジョー・コッカー、ジョージ・ハリスンをはじめとしてイギリスのミュージシャンたちとも交流のあったレオン。 このデビュー作にも、ジョージ・ハリスン、クリス・ ... (続きを読む)

 これはもうライヴというよりもゴスペルの集会みたいな感じ・・・違うのはプリーチャー役が白人だというだけ・・・。 レオン・ラッセルのバック・グラウンドにはロックン・ロール、カントリー、ブルース、R&B、 ... (続きを読む)
 銀髪にシルクハット、ミラーのサングラスでピアノを弾き、 愛すべきしゃがれ声で歌う。レオン・ラッセルの一般的なイメージはそんな感じ。売れるまでは様々なアーティストやバンドのバッキングをこなし、やがて自 ... (続きを読む)

 これは一大ゴスペル・ロック集会だな!! いやいや本来のゴスペルとはかけはなれた内容だが、熱気が通常のライヴとはまったく違う。※歌われている歌詞は教会ではけっして口にしてはいけないたぐいのものだから・ ... (続きを読む)
 75年の快作(怪作?)邦題は「鬼火」・・・まあよっぽどレオンが好きな人でないと買おうという気がおきないだろうな。不気味なジャケット。でも中身はなかなかおもしろいのだ。『ウィロ・ザ・ウィスプ』・・・ア ... (続きを読む)

 エルトンに続いて70年代を代表するピアノマンとして思い浮かぶのはやはりこの人、レオン・ラッセル。銀髪に銀の髭、シルクハットでサングラス・・・外すと眼光鋭く、よくくわえ煙草でピアノの前に座っているその ... (続きを読む)
 73年日本のみで発売された【レオン・ラッセル・ライヴ・イン・ジャパン】に71年のヒューストンでのライヴをカップリングしたこれまたアーカイヴものなのだが、レオンによる一大スワンプ・レビューの片鱗を聴く ... (続きを読む)


トラック情報

Disc 1

  • 1. Will O' The Wisp
  • 2. Little Hideaway
  • 3. Make You Feel Good
  • 4. Can't Get Over Losing You
  • 5. My Father's Shoes
  • 6. Stay Away From Sad Songs
  • 7. Back To The Island
  • 8. Down On Deep River
  • 9. Blue Bird
  • 10. Laying Right Here In Heaven
  • 11. Lady Blue

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック