誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. Speaking in Tongues

Speaking in Tongues の商品情報

Speaking in Tongues
Speaking in Tonguesを Amazon.co.jp で見る
Speaking in Tongues
Talking Heads (アーティスト)


レーベル : Warner Bros / Wea
発売日 : 1987-06-17
ASIN : B000002KZ6

8 users

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

This Must Be The Place (Naive Melody)/Talking Heads('83)『きっとここが帰る場所』という映画を観た。噂通り,元ロック・ミュージシャン役のショーン・ ... (続きを読む)
 これはヘッズのベストというよりも、イーノとヘッズのコラボ作品としての名盤だといった方が良いのかもしれない。 とにかくデビッド・バーンとイーノがこの当時試みていたエレクトロニクスとアフロ・ビートの融合 ... (続きを読む)

 [踊れる音楽から歌える音楽ヘ=トーキング・ヘッズの新境地]・・・これはCDの解説に記されたフレーズ。そしてティナ・ウェイマス曰く「アフリカンだとか、アヴァンギャルドなんて気取りは捨てて、私たちはただ ... (続きを読む)
 「アフロ・ファンクからスワンプ・ファンクヘ」。【フィア・オブ・ミュージック】【リメイン・イン・ライト】と続いたアフロ・ファンク路線でいったんある程度の成果を上げたトーキング・ヘッズは、それらの成果を ... (続きを読む)

 デビッド・バーンとイーノのコラボレーションはデビッド・ボウイとイーノの関係よりも、なぜか自然なリラックスした感じを受ける。 ボウイとイーノの場合は、すごくヒリヒリした感覚にとらわれることが多いのに対 ... (続きを読む)
 「軽金属音楽の登場!!」トーキング・ヘッズの後の活躍に繋がる第1歩。あの男とのコラボ、そう、イーノがプロデュースに関わったのだ。 パンクとニューウェイヴの共通点・・・それはどちらも大して楽器も出来な ... (続きを読む)

 トムトム・クラブはトーキング・ヘッズのリズム隊の課外活動。やはり、本隊の方が圧倒的にオーラがあったね。というかデビッド・バーンのエキセントリックな個性とソングライティングが気に入っていた。80年リリ ... (続きを読む)
偶然は必然David Byrne来日記念
競馬の記録をつけようと思って立ち上げました。でも来週にDavid Byrneの来日公演に行くので、最初はDavid Byrne関係のハナシから。David Byrneは、あのTalking Heads ... (続きを読む)


トラック情報

Disc 1

  • 1. Burning Down The House
  • 2. Making Flippy Floppy
  • 3. Girlfriend Is Better
  • 4. Slippery People
  • 5. I Get Wild/Wild Gravity
  • 6. Swamp
  • 7. Moon Rocks
  • 8. Pull Up The Roots
  • 9. This Must Be The Place (Naive Melody)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック