誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った

東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った の商品情報

東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った
東急不動産だまし売り裁判―こうして勝ったを Amazon.co.jp で見る
東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った
林田 力 (著者)


レーベル : ロゴス
ASIN : 4904350138

72 users

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

ゴルフ場経営・太平洋クラブでは2012年10月3日に債権者集会を開催し、太平洋クラブ提案の再生計画案を反対6866票対賛成3634票の大差で否決した。太平洋クラブ会員は再生計画案の預託金の返還率が低い ... (続きを読む)
2009.7刊。ロゴス。¥1100+税。東急不動産との裁判の記録。東急不動産だまし売り裁判?こうして勝ったロゴス林田 力ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)

【PJニュース 2010年11月20日】続いて淵脇弁護士は住民訴訟の控訴理由書の内容を説明した。控訴理由書は11月11日付けで提出した。控訴理由書では冒頭で開発と住民の利益は対立するから、そこを見て欲 ... (続きを読む)
【PJニュース 2010年11月21日】これまで日本では建築や不動産について経済の視点から論じられる傾向が強かった。しかし、住宅は生活の場であり、経済の論理だけで語ることのできるものではない。経済優先 ... (続きを読む)

東急リバブル・東急不動産は妙ちきりんな企業である。不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社、2009年)。だまし売りが発覚しても、反 ... (続きを読む)
【PJニュース 2010年9月7日】さらにCREdibleには皮肉な結論を導き出せる。これと同じスペルの英単語credibleには二つの意味がある。第一に「信頼できる」であり、第二に「脅しが凄みのある ... (続きを読む)

【PJニュース 2010年9月2日】さらに以下のように具体的な行動を表明した点も一歩前進である。「日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこ ... (続きを読む)
東急電鉄や東急不動産にはユーモアのセンスはないが、二子玉川ライズなどで自然を破壊する東急グループのキャッチコピーには爆笑してしまう。「東急田園都市」「美しい時代へ」などである。東急不動産だまし売り裁判 ... (続きを読む)

東急不動産住宅事業本部品質管理部カスタマーセンターの対応の悪さが2010年7月8日にインターネット掲示板で告発された。書き込み者は8年前に東急不動産からマンションを購入したという。以下、書き込み者の告 ... (続きを読む)
「東急不動産だまし売り裁判原告を誹謗中傷し続けるならば、あなたが恥をかくだけですよ。これだけ東急不動産だまし売り裁判原告に興味を持って悪口を言いまくる割には、彼の著書『東急不動産だまし売り裁判 こうし ... (続きを読む)

「新築マンションをだまし売りして反省しないとは、東急不動産の営業は腐っているな」「凄いのね、あの人達。一体、何の悪魔にとり憑かれたのかは知らないが、金儲けのためならば、消費者を犠牲にしても構わないみた ... (続きを読む)
自己中の塊のような東急不動産従業員の滅茶苦茶な言い訳を聞くにつけ、想像力に欠ける人間が社会にとってどれほど迷惑であるかということを思い知らされた。東急不動産従業員は自社のワガママだけを押し通し、消費者 ... (続きを読む)

東急不動産だまし売り裁判原告は、やられっぱなしで終わる人間ではなかった。東急リバブル不買運動家は東急不動産だまし売り裁判原告に書籍の執筆を勧めた。それがきっかけの一つになって東急不動産だまし売り裁判原 ... (続きを読む)
この再開発の異様さは再開発地域を人工地盤で約7メートルもかさ上げすることにある。再開発地域に接する周辺住民にとっては目の前に巨大な壁ができることになり、圧迫感を受けることになる。これによって再開発地域 ... (続きを読む)

林田力さんの二つ名は…「明滅(ダークネス)」です 林田力さんの2009年10月の運命は・・・ | 予言詩メーカー1日〜7日 沈黙は怒りに打ち勝つ 大きな橋を渡るのはやめたほうがいい 苦悩は光を受けて輝 ... (続きを読む)
 天皇陛下のお言葉の見直しを求めた発言について岡田克也外相は、2009年10月27日の記者会見で「私が陛下のお言葉に異を唱えたように受け取られ、首相にご迷惑をかけた」と陳謝した。一方で「違う表現の案が ... (続きを読む)

 安全安心では自動車交通の過度の集中と水害に対する不安を取り除き、安全と安心を確保するため、分散を前提とした交通マネジメントを行う。また、雨水浸透率を向上させ、計画敷地内で周辺地域の治水にも貢献する。 ... (続きを読む)
東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件)で示された東急リバブル東急不動産の企業体質は「ルールに則っていれば何をしてもいい」「証拠を残さず、バレなければ何をし ... (続きを読む)

 一方で西川氏に同情的な声もある。今回の会見では多くの報道陣が集まったため、西川社長の目の前までカメラマンが迫った。至近距離でフラッシュがたかれ、シャッター音を聞かされた西川社長が不快感を抱くことも理 ... (続きを読む)
相続財産は相続時の時価により評価する必要がある。特に動産の評価が難しい。業者等への売却価額(下取り価格)は、あくまで売却する際の価格である。共同相続人の誰も取得を希望しない動産については、これでも問題 ... (続きを読む)

通信回線における盗聴のリスクには2種類ある。第一に第三者がネットワークアナライザをネットワーク機器や通信回線に接続して通信データを盗聴するリスクである。回線を切断して新たに分配器を接続し、ネットワーク ... (続きを読む)
 二子玉川駅前に立ったタモリの第一声は「工事ばかり」であった。実際、現在の二子玉川は街中が工事現場になった感があり、それが街の魅力を削いでいる(参照:二子玉川住民が再開発を意見交換)。 一行は工事現場 ... (続きを読む)

弁護士は4月11日付ファックスにおいて、長男夫婦に100パーセントの寄与分があることを主張し、遺留分減殺請求には理由がないと主張した。「遺留分算定の際の相続財産は、被相続人の財産形成に寄与のあった相続 ... (続きを読む)
鳩山由紀夫政権は友愛外交を掲げ、東アジア共同体を打ち出した。これは現実主義(リアリズム)に立脚した方針であると考える。鳩山外交を理想主義的・非現実的と批判する見解がある。批判者は鳩山外交が日米関係の軽 ... (続きを読む)

二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)の異様さは再開発地域を人工地盤で約7メートルもかさ上げすることにある。再開発地域に接する周辺住民にとっては目の前に約7メートルの壁ができることになり、甚大な圧迫感 ... (続きを読む)
週刊ダイヤモンドの記事では「営業マンの対応が高慢」「頼みもしないDMを送りつけてくる」という東急リバブルの具体的な批判が取り上げられています。また、東急リバブルや東急不動産への批判が「同業他社と比べて ... (続きを読む)

二子玉川東地区再開発の本質が東急の利益追求であることは再開発事業予定地の85%以上が東急電鉄、東急不動産ら東急グループの所有地であることが示している。このため、再開発組合といっても圧倒的な大土地所有者 ... (続きを読む)
アソシアコーポレーション株式会社(三浦浩一郎社長)は「アソシアコーポレーション・東急不動産のサイトブログに関するご説明」にて東急不動産消費者契約法違反訴訟原告を個人攻撃する。当該文章においてアソシアコ ... (続きを読む)

東急不動産とアソシアコーポレーションの関係を裏付けるものには以下がある。第一に東急不動産は井田真介を証人申請するにあたり、井田真介の呼出先を井田の住所ではなく、アソシアコーポレーション株式会社内(千代 ... (続きを読む)
「遺産をめぐる弁護士間の争いがどれほど熾烈なものであっても、誰かが経費を遺産から出させる許可を求めたときには、常に驚くほど協力的になるのだ。もし反対でもすれば、あとで自分が同じような要求をしたときにみ ... (続きを読む)

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」は匿名で無責任な書き込みがなされる場というイメージが強い。しかし、精緻な「削除ガイドライン」を定めて自主的に運用していることはあまり知られていない。この記事では削 ... (続きを読む)
東急不動産の時価総額は低い。時価総額は株価と発行済み株式数の乗で、企業価値を評価を指標になる。時価総額には業績のみならず、将来への成長への期待も込められており、東急不動産がマーケットから評価されていな ... (続きを読む)

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』が「二子玉川通信」(にこたまの環境を守る会、2009年9月7日)で紹介された。「日照通風眺望を奪われ、騒音に悩まされている著者が「不利益事実」を隠して ... (続きを読む)
 第2に単なる過去の事実として歴史を見るのではなく、現代的意義を問い直す姿勢を有していることである。無力な民衆が信仰を守りぬいたことを本書では「日本精神史上の光輝ある存在」と評価する。政治権力による個 ... (続きを読む)

東急不動産だまし売り被害者を誹謗中傷する工作員について情報収集した。東急不動産だまし売り被害者は東急不動産から数々の陰湿な攻撃を受けている。東急不動産は被害者にアフターサービス提供を一方的に拒否し、東 ... (続きを読む)
東急リバブル東急不動産だまし売り被害者には東急リバブル東急不動産の本質を暴いて、消費者に知らせる義務がある。東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件のような東急リバブル東急不動産のだま ... (続きを読む)

 今回の口頭弁論では、洪水対策が大きな論点になることが明らかになった。再開発地域の北側を流れる丸子川は過去に何度も氾濫を繰り返している。世田谷区洪水ハザードマップによると、2000年9月の東海豪雨並み ... (続きを読む)
どのような問題があっても購入者の自己責任で対応しなければならないならば、分譲マンションは資産ではなく、足かせになる。本書が以下のように指摘するとおりである。「賃貸住宅であったら、どれだけ建物が破壊され ... (続きを読む)

東急電鉄・東急不動産のタワーマンション「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」に売り逃げ説が浮上した。東急不動産は利益追求のマインドが非常に強く、三井のようにブランドイメージを追求して結果として長期的に ... (続きを読む)
東急不動産消費者契約法違反訴訟(東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)のMyNewsJapan記事がMyNewsJapanのアクセスランキング1位となった。読者評価ランキングは ... (続きを読む)

この仮処分決定を根拠に中島賢悟弁護士は「2ちゃんねる」に削除依頼をしたが、問題は中島賢悟弁護士が削除依頼の根拠として仮処分決定書をインターネット上に公開したことにある(2009年8月18日)。中島賢悟 ... (続きを読む)
ブログ「林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』」がlivedoor Blogのブログランキング「書籍・雑誌 : ノンフィクション」カテゴリで6位になった。このブログは東急不動産消費者契約法 ... (続きを読む)

インターネットは組織力や資力に欠ける個人に情報発信能力を付与し、大組織の不正を糾弾できるようにした点で大きな功績がある。一方で匿名性を隠れ蓑にしたインターネット上の誹謗中傷の問題が指摘される。本記事で ... (続きを読む)
東急グループの創業者・五島慶太の孫で、二代目総帥・五島昇の息子の五島浩は創価学会員と報道された。「創価学会の信者でもあり、時おり現地の集会にも顔を出す」(増田晶文「東急総帥「五島慶太」没後50年 光芒 ... (続きを読む)

郵政解散総選挙では小泉純一郎首相(当時)の台詞「民間にできることは民間に」が支持された。意欲と才能のある民間事業者が役所の規制や官民癒着の談合体質によって潰されることは不合理である。小泉改革の支持者達 ... (続きを読む)
第45回衆議院議員選挙(2009年8月30日投票)で民主党は308議席を獲得して政権交代を果たした。鳩山由紀夫政権には郵政民営化に伴う「かんぽの宿」疑惑の徹底解明を期待する。「かんぽの宿」疑惑は国民の ... (続きを読む)

東急不動産だまし売り裁判がMyNewsJapanで報道された(佐藤裕一「東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口」MyNewsJapan 2009年9月3日)。同じ記事は「回答する ... (続きを読む)
依頼人の住所・氏名をインターネット上に公開して批判を集めた中島賢悟弁護士(セキュアトラスト法律事務所)が2009年8月31日に改めて仮処分の決定書をアップロードし、「2ちゃんねる」に書き込みの削除を依 ... (続きを読む)

 東急不動産消費者契約法違反訴訟の舞台となったアルス東陽町は東京都江東区にある。二子玉川東地区(二子玉川ライズ)再開発は東京都世田谷区である。東急沿線では東急の秘密主義と住民への不誠実な対応が住民反対 ... (続きを読む)
週刊新潮に東急グループの創業者・五島慶太の没後50年を記念し、五島慶太、五島昇、五島哲の三代を描く特別読物が掲載された(増田晶文「東急総帥「五島慶太」没後50年 光芒「五島家三代」前編」週刊新潮200 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック