1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon

達人と作る アナログシンセサイザー自作入門 の商品情報

達人と作る アナログシンセサイザー自作入門

達人と作る アナログシンセサイザー自作入門を Amazon.co.jp で見る
達人と作る アナログシンセサイザー自作入門
岩上直樹 (著者)

レーベル : ラトルズ
ASIN : 4899772823




ウェブリブログ (46)  その他ブログ ()


 ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

この商品を取り上げているウェブリブログ

達人と作る アナログシンセサイザー自作入門
を取り上げているウェブリブログの一覧です。最新から最大50件まで表示しています。(1日1回更新)

書籍「達人とつくるアナログシンセサイザ自作入門」を見ながらシンセサイザAnalog2.0を製作しました。KORGのMS-20miniの関連品のステップシーケンサSQ-1を入手してAnalog2.0にも ... (続きを読む)
アナログシンセサイザを自動演奏するステップシーケンサーのSQ-1を購入し、書籍「達人とつくるアナログシンセサイザ自作入門」で製作するAnalog2.0を演奏してみたのですが、同じKORGのMS-20m ... (続きを読む)
書籍「達人とつくるアナログシンセサイザ自作入門」を見て、Analog2.0を製作し、キーボードを探しているうちにステップシーケンサーのSQ-1を見つけたのですが、これはもともとはKORG MS-20m ... (続きを読む)
書籍「達人とつくるアナログシンセサイザ自作入門」を見てアナログシンセサイザAnalog2.0を製作しました。モジュールごとの機能はわかるのですが、全体としてどこまで使えるのかが気になります。シンセサイ ... (続きを読む)
書籍「達人とつくるアナログシンセサイザ自作入門」を見ながらAnalog2.0シンセサイザを製作しました。これにはキーボードがなく、使う場合にはMIDIキーボードをつなげて使用するようです。せっかくCV ... (続きを読む)
書籍「達人とつくるアナログシンセサイザ自作入門」を見ながらアナログシンセサイザを製作しました。このシンセサイザにはキーボードがなく、MIDIキーボードなどを使用するようです。メーカー製のシンセサイザと ... (続きを読む)
書籍「達人とつくるアナログシンセサイザ自作入門」を見てアナログシンセサイザAnalog2.0を製作しました。このシンセサイザにはキーボードがなく、演奏するにはMIDIキーボードなどをつなげることになり ... (続きを読む)
書籍「達人とつくるアナログシンセサイザ自作入門」にでているAnalog2.0を製作しましたが、演奏するキーボードなどはなく、デバッグ用の基板MINIBOARD2のタクトスイッチを使用するか、1V/OC ... (続きを読む)
書籍「達人とつくるアナログシンセサイザ自作入門」で紹介されているAnalog2.0シンセサイザを製作していたのですが、完成しました。シンセサイザには音程を指定するCVやGATE信号を作る機能がなく、M ... (続きを読む)
書籍「達人とつくるアナログシンセサイザ自作入門」を見ながら、アナログシンセサイザを製作していましたが、いよいよ完成です。途中、VCFが動作せず諦めかけたのですが、最後まで出来てよかったと思います。各モ ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながら製作しています。最後のモジュールのVCFがうまく動作せず、もう一枚製作したのですが今度はうまく動作したようです。アナログシンセサイザでもっとも心 ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながら製作しています。最後のモジュールとなるVCFがうまく動作せず、どう直してよいか見当が付かないので、もう一枚基板を注文してくみたてなおしています。 ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながらシンセサイザを製作しています。製作も最後になり、最も重要(と私は思う)VCFモジュールの製作でつまずいてしまいました。今までは組み立てて調整すれ ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながらシンセサイザを製作しています。書籍では最後の閉めくくりとしてVCFモジュールの製作をします。ついにパネルの配線を済ませて調整に入りました。調整方 ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながらシンセサイザの制作をしています。モジュールごとに組み立てながら調整してきましたが、いよいよ最後のモジュールのVCFモジュールの製作になりました。 ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながらシンセサイザを製作しています。もう基本的な部分は完成していて、音に装飾をつけるLFOを組み立てていますが、LFOで出来る主なことは、VCOに変調 ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながらシンセサイザを製作しているのですが、音にトレモロやビブラートをつけるためのLFOのモジュールを製作しました。LFOは基本的にはVCOと変わらない ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながら、アナログシンセサイザを製作していますが、シンセサイザらしい音作りが出来るようになるEG(エンベロープジェネレータ)の配線と調整になりました。音 ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながらシンセサイザを製作しているのですが、いよいよ音色らしい調整が出来るEG(エンベロープジェネレータ)モジュールの製作に入りました。アナログシンセサ ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながら製作していますが、ついに音程を作るVCOの配線と調整に入りました。これによってシンセサイザらしい動作をするようになります。勘所はCV(制御電圧) ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながら製作していますが、いよいよ音階を出すことが出来るモジュールのVCOの製作になりました。これは制御電圧(CV)が1Vあがると1オクターブ上がるよう ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながらアナログシンセサイザを製作しているのですが、基本となるVCO+VCF+VCAのモジュールの製作に入っています。Analog2.0にはキーボードに ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザの自作入門」を見ながら製作しているのですが、シンセサイザの基本となるVCO+VCF+VCAのうちVCAの製作に入っています。これにより音の強さ(エンベロープ)を制御 ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながら製作していますが、プリント基板を組み立てるのもなかなか大変です。アナログシンセサイザは、VCO+VCF+VCAを基本にして音を作り出しますが、い ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザの自作入門」を見ながらアナログシンセサイザを製作しているのですが、プリント基板やパーツなどは頒布を受けて製作しています。しかし、基板モジュールを組み立てるのも結構大 ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザの自作入門」に基づき、アナログシンセサイザを製作しているのですが、書籍では、週末に先生の元へ行き、モジュールごとに午前中に製作して、ランチを食べ、午後に原理を理解す ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」では、アナログシンセサイザをモジュールごとに組み立て、毎週週末に先生の下に生徒が通って、モジュールの組み立てをした後、昼食をして、午後に原理を勉強するよう ... (続きを読む)
最小限のアナログシンセサイザーを作るべく、書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながら製作しているところですが、何もかもが行き届いていて、それを作ることに難しさを感じているところです。シン ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」にでているアナログシンセサイザ「Analog2.0」を製作するために、スギ材による筐体を製作しパネルも出来たのですが、いよいよモジュールを製作することにな ... (続きを読む)
アナログシンセサイザを組み立てるとき、回路のほうはプリント基板に半田付けしていくことで出来ますが、前面パネルや筐体は日曜大工的な工作が必要になります。DIYといえば東急ハンズということで、材料や工具な ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」にでているアナログシンセサイザAnalog2.0を製作する準備は整い、プリント基板やパーツなどの購入は終わっています。また、おもてづらであるパネルの穴あけ ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」には、実際に使えるようなアナログシンセサイザを製作する回路や組み立て方法が書かれていますが、すでに回路などを検討し、実用的な回路になっていることを確認しま ... (続きを読む)
アナログシンセサイザのMS-20miniを購入して、わからないまま少しずつ使えるようになっていく過程はそれ自体が新しいことへの勉強になると思うのですが、たまにはこうゆう経験もいいことだと思います。何と ... (続きを読む)
趣味のブログコルグ MS-20miniで音作り
03/06 17:44 ブログ : 趣味のブログ
アナログシンセサイザのコルグMS-20miniを購入したのですが、4万円以下という値段は驚きです。フルサイズのMS-20kitのほうは10万円ほどします。私はトップダウンを志向していますが、この場合、 ... (続きを読む)
趣味のブログコルグ、MONOTRON DUO
02/20 18:53 ブログ : 趣味のブログ
アナログシンセサイザは、既成の楽器を忠実に再現するものというより、電子楽器風の変わった音を出すことに使用されることが多いようです。VCO+VCF+VCAで構成されるアナログシンセサイザのうち、VCAと ... (続きを読む)
モーグシンセサイザでは、VCO、VCF、VCAなどを組み合わせて音を合成していくということを基本に、どのように組み合わせるかは自由になっています。その後に発売されたシンセサイザでは、まったく音がでない ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザの自作」を見ながらアナログシンセサイザの製作をしようとしているところですが、書籍の筆者略歴のところに学研のSX-150の開発にも参加したとあったので、SX-150を ... (続きを読む)
シンセサイザにおいて、正確な発振音では物足りなく感じるのを改善するために、ビブラートやトレモロなどをつけるなどのためのLFO(低周波数発振器)を追加しています。LFOの出力でVCOのCVを変化させると ... (続きを読む)
アナログシンセサイザは、倍音を多く含む方形波や三角波をVCOで発振し、音色を決めるためにフィルタで加工するVCFを通し、打撃音や余韻を作るエンベロープを作るVCAやEGなどで加工するばかりではなく、発 ... (続きを読む)
アナログシンセサイザのうち、音の発生(VCO)、音色の加工(VCF)、打撃音や余韻の生成(VCAとEG)はすでに確認しましたが、楽器というからにはキーボードなどが必要になると思いました。モーグシンセサ ... (続きを読む)
アナログシンセサイザは、オペアンプの使用において、単電源とせずに振幅範囲を広く取ることが出来るプラスマイナスの両電源としています。そのために電源回路はプラスとマイナスの電源供給が必要になりますが、An ... (続きを読む)
趣味のブログアナログシンセサイザのEG
01/02 19:30 ブログ : 趣味のブログ
アナログシンセサイザの音作りにおいて、音色を決めるのは、VCFなどによって倍音の含み方を変えるだけでなく、音の包絡線(Enverope)を変えるためにVCAを使用して音の立ち上がりや減衰などを制御する ... (続きを読む)
書籍「達人と作るアナログシンセサイザ自作入門」を見ながら、モーグシンセサイザのようなアナログシンセサイザを製作しようとしているところですが、基本構成ユニットのVCA(電圧制御増幅器)の基板を見ながら回 ... (続きを読む)
モーグシンセサイザを始めとするアナログシンセサイザは、VCO(電圧制御発振器)ののこぎり波や三角波やパルスはを元に、EG(エンベロープジェネレータ)により発生された音の立ち上がりをVCA(電圧制御増幅 ... (続きを読む)
数十年前に、富田勲やYMOが使用したモーグシンセサイザは、魅力的な音だったと思います。実際に演奏に使ったモーグシンセサイザは、VCOなどが複数あり、さまざまな音を作り出すことが出来ましたが、VCO、V ... (続きを読む)
シンセサイザというと、今ではデジタルシンセサイザないしはソフトシンセサイザを思い浮かべますが、1970年〜1990年ごろにはアナログのシンセサイザのことでした。もっとも有名なのは富田勲が使用したモーグ ... (続きを読む)

この商品を取り上げているその他のブログ

この商品を取り上げているブログ記事はありません。
(ブログ記事一覧は1日1回更新されます。)



» ブログ商品ポータル のトップに戻る