誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 聖徳太子は蘇我入鹿である (晋遊舎新書 S03)

聖徳太子は蘇我入鹿である (晋遊舎新書 S03) の商品情報

聖徳太子は蘇我入鹿である (晋遊舎新書 S03)
聖徳太子は蘇我入鹿である (晋遊舎新書 S03)を Amazon.co.jp で見る
聖徳太子は蘇我入鹿である (晋遊舎新書 S03)
関 裕二 (著者)


レーベル : 晋遊舎
ASIN : 4863915322

8 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

 四か国連合側と長州藩の最終交渉が始まりました。事実上の首席交渉官は晋作、さらに後から文句の出ないように、藩の重臣も加えました。 馬関海峡の自由通行や石炭・食料の売買などは問題なく妥結、法大の債券や新 ... (続きを読む)
 四か国連合と交渉する晋作と春輔は、過激攘夷派から世子をたぶらかし、和議を進める売国奴呼ばわりされ、命を狙われました。晋作に交渉を任せた藩の重役も、これにビビり黙認する始末です。 辛くも脱出した二人、 ... (続きを読む)

  身分の上下に関係のない、言わば実力主義の奇兵隊には、続々と志願者が現われ、100人を超える勢いになりました。しかし、元々は公卿を盟主に仰ぎ、勝手な行動をとる連中です。晋作は、厳しく軍律を守らせまし ... (続きを読む)
  晋作と玄瑞は、土佐勤皇党の武市半平太に、今回の異人襲撃計画の大義を説き始めます。そしてこの関野は、ある大物が同席していました。坂本龍馬です。 龍馬は、玄瑞の説明を聞きましたが、子の襲撃計画は間違い ... (続きを読む)

  政之助は、国難を利用して幕府の復権を図ろうとする老中・安藤信正の企みを見抜いていました。それに加担することになる長井雅樂、何としても阻止すると宣言します。 晋作はこれを聞いて、目から鱗が落ちる思い ... (続きを読む)
  晋作は、松陰を頑固な攘夷論者だと批判した象山に公然と反論します。松陰は、象山の開国論に賛成していたが、時勢から攘夷を唱えなければ、結局異国の侵略を受けると判断していたことを伝えました。 これを聞い ... (続きを読む)

 江戸では久坂玄瑞が投獄された松蔭の斜面を願い出る書状を認め、萩に向かいました。松下村塾は、今や閉鎖の危機に直面しています。萩に残った門弟たちも改革派の要人・周布政之助に抗議をしたりしていますが、逆に ... (続きを読む)
 19歳の晋作は、たくましく、凛々しい青年へと成長しました。 そんな晋作に、11歳年長の中谷正亮から松下村塾への誘いを受けます。松下村塾は、言わずと知れた吉田松陰の私塾ですが、このころの松蔭は脱藩や外 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック