誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. やさしいバイオテクノロジー 血液型や遺伝子組換え食品の真実を知る (サイエンス・アイ新書)

やさしいバイオテクノロジー 血液型や遺伝子組換え食品の真実を知る (サイエンス・アイ新書) の商品情報

やさしいバイオテクノロジー 血液型や遺伝子組換え食品の真実を知る (サイエンス・アイ新書)
やさしいバイオテクノロジー 血液型や遺伝子組換え食品の真実を知る (サイエンス・アイ新書)を Amazon.co.jp で見る
やさしいバイオテクノロジー 血液型や遺伝子組換え食品の真実を知る (サイエンス・アイ新書)
芦田 嘉之 (著者)


レーベル : ソフトバンククリエイティブ
ASIN : 4797338903

22 users

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

先のエントリーで「遺伝子組換え」本である「食卓のメンデル」を紹介したのですが、今度は3冊の比較的新しい「遺伝子組み換え本」の登場です。誤解したまま誤解を垂れ流すのは、どの業界でもあるでしょう。先に紹介 ... (続きを読む)
柳田國男の名著「遠野物語」のレミックス版が出ています。妖怪小説でおなじみの京極夏彦氏による作品です。「遠野物語」という書名は知っているけど、通しで読んだことない、という人もいるでしょう。明治初期の生ま ... (続きを読む)

宮崎県における口蹄疫の被害は収束する気配がありません。朝日新聞などの報道を信じるかぎり、被害拡大の原因は、どうやら政府による人災のようです。担当大臣が一番大切な時に外遊し、臨時代理(消費者)が指揮した ... (続きを読む)
今日は講演でした。聞いていただいた方、質問していただいた方、主催者の皆様、どうもありがとうございました。シンポジウム『遺伝子組換え農作物の安全性と自然環境への影響について』?こぼれ落ちなたねの環境影響 ... (続きを読む)

試験範囲:教科書全般問1 遺伝子組換え技術にかんする次の問に答えよ(50点)問 次の文章は、現代用語の基礎知識編「理科のおさらい 生物 (おとなの楽習)」(自由国民社・2010年2月刊)からの引用であ ... (続きを読む)
サントリーのブルーローズ「アプローズ」が、まだ人気だそうです。2009年12月22日付けの朝日新聞の科学面に関連記事が載っています。『青色遺伝子バラ 人気満開』(「アスパルラブ」に入会すると、ネット経 ... (続きを読む)

「血液型」の語につられて「図解入門 よくわかる最新血液型の基本としくみ」という本を買いました。血液型だけの話題で1冊書いたのかと思い、期待したのですが、残念ながら、そういう本ではありませんでした。しか ... (続きを読む)
(前期中間試験問題ネタの最後はコラーゲンです)食べる・飲むコラーゲンを集めています。今回は番外編です。コラーゲンが入っているわけではありません。コラーゲン合成に必要なアミノ酸が入っていると宣伝している ... (続きを読む)

記述式の試験です。4-1. 平成21年度 定期試験問題 http://www2.biglobe.ne.jp/~ashida/kurekousen/4-1.htm試験範囲:やさしいバイオテクノロジー「序 ... (続きを読む)
教科書「序章 遺伝子組換え技術に関する意識調査」「序章 基本用語の解説」・自己紹介・年間授業概要・出席の取り方・定期試験のやりかた 成績の付け方 シラバス記載の通り・教科書「やさしいバイオテクノロジー ... (続きを読む)

分子生物学で「転写」「翻訳」という言葉を使います。これらは日常用語としても使われています。この日常用語の理解がじゃまをして、分子生物学のセントラルドグマにおける「転写・翻訳」が誤解されやすいことを最近 ... (続きを読む)
農水省は業界の味方か?その1週刊文春10月02日号 p34『農水省は「ウソつき」ばかり偉くなる』「BSEで辞任した次官は大使にまでなりました」「汚染米」が話題になっています。この話題をネタに、元農水省 ... (続きを読む)

Jamais Jamais著「B型自分の説明書」(文芸社)が発売されてから1年になります。その後発売された「A型」「AB型」「O型」本も含め、恐ろしく売れているそうです。いずれの本も、最初と最後あたり ... (続きを読む)
美味しんぼ 第101集 食の安全にかんする話題、第二弾。第一弾は「「美味しんぼ第101集 食の安全」を読む 有機農法」http://yoshibero.at.webry.info/200809/art ... (続きを読む)

遺伝子組換え技術が嫌われています。その理由の一つに遺伝子組み換えと交配などの従来の品種改良とは違う。どちらも遺伝子をいじっていることには違いないが、そのいじり方が全く異なる。なぜなら、遺伝子組換え技術 ... (続きを読む)
2008年09月10日付、朝日新聞朝刊の山梨県版p28を読みました。「遺伝子組み換え作物 長期摂取の影響 不安の声根強く」「しょうがない 作付け規制を」「非GM、高価格が壁」朝日新聞にはインターネット ... (続きを読む)

イントロ絶対的な安全性を求める人の論理「安心」を得るために「安全の理解」を得る無農薬野菜・有機野菜は安心・安全と納得?有機野菜や無農薬野菜はGMOより危険?植物の生体防御機構の概念キズストレスで何が起 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック