誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. さよならドビュッシー (宝島社文庫)

さよならドビュッシー (宝島社文庫) の商品情報

さよならドビュッシー (宝島社文庫)
さよならドビュッシー (宝島社文庫)を Amazon.co.jp で見る
さよならドビュッシー (宝島社文庫)
中山 七里 (著者)


レーベル : 宝島社
ASIN : 4796679928

6 users

過去最高ランク:

154 位 (2013/02/05)

最近:

2013/01/30 191
2013/02/05 154
2013/02/06 182

ピーク時:

2013/01/30 191
2013/02/05 154
2013/02/06 182

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

映画「さよならドビュッシー」原作は第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。「のだめカンタービレ」の玉木宏や「神童」の松山ケンイチのピアノ演奏の吹き替えを担当したピアニスト清塚信也がピアノの先生岬 ... (続きを読む)
瑠璃文庫さよならドビュッシー
日曜日に観に行って、何故だか未だ浸ってます。思えば原作本も、読んだあと囚われたんだよな〜ラストが良い作品は、観たあとも読んだあとも 気持ち良いんだよね〜月の光を弾いてるシーン涙が。゚゚(´□`。)°゚ ... (続きを読む)

中山七里(なかやましちり)さんの「さよならドビュッシー」を読みました。感想。面白かったです。音楽やクラシックには詳しくありませんが、ピアノの演奏シーンなどは、迫力がありました。あとがきかどこだかで、ス ... (続きを読む)
「さよならドビュッシーの舞台は名古屋だがね」というタイトルにしようと思っておりましたが、気が変わりました。「〜は凄いを連発した一週間」というタイトルが続かないようにしたいとは思っております。さよならド ... (続きを読む)

さよならドビュッシー中山七里2010年のこのミス大賞作。16歳にして資産家の祖父と従兄弟のルシアと共に火事に合い、全身に火傷を負ってしまった主人公の遥。ピアノの実力を買われて特待生として進学した高校で ... (続きを読む)
ピケ先日読み終わった本
10/31読了 さよならドビュッシー 中山七里 宝島社文庫 2011/1 そんなにクラシックは聞かないのだけれど、なんとなくドビュッシーが好きだったので買ってみた。 しかし、これがなかなか面白かった。 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック