誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 の商品情報

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日を Amazon.co.jp で見る
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
門田 隆将 (著者)


レーベル : PHP研究所
ASIN : 4569808352

21 users

過去最高ランク:

7 位 (2014/09/14)

最近:

2014/09/23 86
2014/09/24 98
2014/09/25 114
2014/09/26 132
2014/09/27 155
2014/09/28 175
2014/10/01 197

ピーク時:

2014/09/12 8
2014/09/13 13
2014/09/14 7
2014/09/15 9
2014/09/16 12
2014/09/17 16
2014/09/18 19

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

先のブログでも述べたが、国の面子を優先した対策ではなく、福島(だけもなく、日本に住む国民のため、同じ地球に住む世界中の人々)の現在・そして未来のための活動を行うべきだ。[WEDGE Infinity ... (続きを読む)
FUKUコーチも戻り、いつものSST講習が再開しました。スポーツによい季節、みなさまご参加ください。今度こそ、本当に涼しくなってきました。朝晩、少し油断していると風邪を引きそうです。5連休があったらし ... (続きを読む)

もぎせかブログ館朝日新聞、落城
謝罪会見する朝日新聞の木村伊量(ただかず)社長と杉浦報道担当取締役(右)今回の謝罪対象は、福島原発事故報道の嘘+慰安婦報道の嘘です。********************2011年3月15日。東日本 ... (続きを読む)
門田隆将氏「朝日新聞が屈した9・11はメディア史の転換点」NEWSポストセブン2014.09.12 07:00http://www.news-postseven.com/archives/201409 ... (続きを読む)

「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」門田隆将著(PHP研究所 1,836円税込)その時、日本は“三分割”されるところだったーー。「原子炉が最大の危機を迎えたあの時、私は自分と一緒に“死 ... (続きを読む)
発売直後から、この本は読むべきという友人評があって、購入は比較的すぐにしていたのだけど、震災から3年になってやっとひも解けた一冊。福島第一原子力発電所で起きたメルトダウンへの対応に当たった当事者たちに ... (続きを読む)

楢葉町の寶鏡寺の住職の「生まれ育った町を追われて・・・・・・諦めきれない。納得しない」の重い言葉を抱きながら、北上を続ける。途中、交差点に面した駐車場で車の後部座席に新聞紙を敷いている人の姿を見る。多 ... (続きを読む)
「現場作業員が独占激白!福島原発4号機 「燃料棒取り出し」の凄絶実態!(3)」連作記事の3つめみたいだけど、こういう記事も定期的に上げてってもらわないと、人間ってすぐ忘れたり、見て見ぬ振りしたり、麻痺 ... (続きを読む)

夏物 ベージュのジャケット袖口が黄ばんでしまっています。袖口、写真ではうっすら黄ばんでるようにしか見えませんが実際は結構黄色くなってしまっています。部分漂白で見た目判らなくなったと思います。今回の染み ... (続きを読む)
acquaminerale「死の淵をみた男」
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日PHP研究所 門田 隆将 Amazonアソシエイト by 福島第一原発の所長だった吉田さんを中心に書かれた、震災直後の現場の戦いを描いたノンフィクション ... (続きを読む)

死刑が決定している死刑囚に最後の奉公として事故処理をさせるっててはないものか?貴方の命が、日本を救うのだ。。。[秒刊サンデー 2013年09月20日10時17分より]福島の原発作業員としてブラジル人を ... (続きを読む)
東日本大震災発生による東電福島原発事故のあらましを、先日食道癌で亡くなった吉田所長を中心にドキュメントとして描いた本。読んでいて、映画を観るように迫力があった。多くのエピソードは何らかの形で知っていた ... (続きを読む)

東電・吉田昌郎元所長が7月9日、食道がんのため亡くなられた。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130709/t10015922331000.htmlもし、この人がいな ... (続きを読む)
まろんある人の死に考えること
その日がいつ訪れてしまうのかと、そのことを思わざるをえなかったのですが、ついにその日が訪れてしまいました。その日とは、あの日に、あの東日本大震災が発生したあの日に、我々を恐怖のどん底に陥れた東京電力福 ... (続きを読む)

みなさん、知っていますか?2011年3月11日から時間の止まった町。「福島県双葉郡浪江町」東京電力福島第1原子力発電所(F1またはフクイチ)から20キロ前後にあるため、タイトルにある通り国の指定を受け ... (続きを読む)
マスコミの批判をすると「ネットウヨ」とかの造語で呼ばれるらしいが、さしずめこのブログもそんな範疇に入るのかしら・・・。まぁ、そんな「造語」を駆使しても「日本のマスコミの偏向・捏造・印象操作」はネットに ... (続きを読む)

筑豊雑記帳死の淵を見た男・・・。
今年読み終わった2冊目の書籍です。わずかな期間でしたが、ボランティアで訪問したという事もあり、相変わらず震災関係の書籍は意識して読んでいるのですが、本書は「3.11以降、福島第一原子力発電所の内部で、 ... (続きを読む)
原発の下が活断層であるのかそうでないのかの判断は現在の学問でどの程度分かるのだろうか?もしも私が学者であったなら、そして判断が5分5分でどちらかと判別できなかったら、活断層と断定した方が気が楽である。 ... (続きを読む)

著名なイラストレーター、和田誠氏の反原発ポスター。和田氏は「週刊文春」の表紙でも有名な方。選挙期間真っ只中、あちこちで候補者の声が聞こえてくる。候補者の選挙ポスターも目につく。しかし、和田氏のポスター ... (続きを読む)
旗本退屈男の購書録サイン本?
今日は久しぶりに新宿紀伊国屋の本店へ出動。狙いは書評誌で見た「戦国の貧乏天皇」だ。なんでも戦国時代の天皇は貧乏で何度もその地位から降りたいと希望を伝えるも、そうすると新天皇の即位にかかる費用捻出ができ ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック