誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 高田直芳の実践会計講座「経営分析」入門

高田直芳の実践会計講座「経営分析」入門 の商品情報

高田直芳の実践会計講座「経営分析」入門
高田直芳の実践会計講座「経営分析」入門を Amazon.co.jp で見る
高田直芳の実践会計講座「経営分析」入門
高田 直芳 (著者)


レーベル : 日本実業出版社
ASIN : 4534051808

71 users

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

加重平均資本コストだけで企業価値を論ずるのは不可能なのか次のブログでは、加重平均資本コスト率を導関数とし、これに積分を実行することによって、原始関数を求める解法を説明しました。【資料1:関連ブログ】加 ... (続きを読む)
NHK杯将棋トーナメント今日(2017年9月3日)は、朝から、そわそわ。待ちに待った対局。しかも、生放送!永世名人の称号を持つ九段と、新四段のぶつかり合い。【資料1】日本経済新聞「春秋」2016年10 ... (続きを読む)

ROEとROAとトレードオフ曲線次の関連ブログでは、上場企業の経営指標が、2017年の夏以降、ROEからROAへ変更されつつあることを紹介しました。【資料1:関連ブログ】政府の成長戦略は、経産省のRO ... (続きを読む)
政府の成長戦略は、ROEに駄目出ししてROAへと舵を切る2017年8月3日付の日本経済新聞では、次の記事が掲載されていました。【資料1】日本経済新聞「真相深層」2017年8月3日政府が6月に公表した成 ... (続きを読む)

ビットコインとFX投資vs.タカダ式操業度分析タカダ式確率微分方程式2017年5月30日付の日本経済新聞『真相深層』では、「ビットコイン、危うい急騰、日本の個人マネー流入、投資尺度なく価格乱高下」とい ... (続きを読む)
東芝の連結財務諸表に現われる虚数解東芝で先日(2017年4月11日)、監査意見のないままに決算発表が行なわれました。この件に関しては、メディアなどで、膨大な情報が流れています。概要は、日本経済新聞で4 ... (続きを読む)

D/Eレシオの一般的な目安をタカダ式D/Eレシオの最適解が打ち砕く次の【資料1:関連ブログ】は、そのタイトルにもある通り、「D/Eレシオに一般的な目安があるのか」を問うものでした。【資料1:関連ブログ ... (続きを読む)
〜 税の損得分岐点 〜法人税と所得税はどちらの機会損失が小さいか管理会計や経営分析などの世界では、「法定実効税率」という概念があります。これは、法人税・住民税・事業税を組み合わせて、法人が負担する税率 ... (続きを読む)

東芝の債務超過が非でベンチャー企業が是である理由今回は、変則的な話。今から十年が経過したとき(2027年や2028年)、そのときから遡って十年前(2017年や2018年)の東芝がどういう業績であったか ... (続きを読む)
第34回日本公認会計士協会研究大会パワーポイント資料の公開本ブログでは、次の2本の学術論文を無償公開してきました。【資料1】新日本法規財団奨励賞 受賞論文『会計学と原価計算の革新を目指して』第34回日 ... (続きを読む)

〜 企業価値とファイナンスの革新を目指して<第5回> 〜体系なき会計学 実証なき経済学従前ブログ『企業価値とファイナンスの革新を目指して<第1回>実務に役立たない理論を学ぶ恐怖』では、次の【資料1】の ... (続きを読む)
〜 企業価値とファイナンスの革新を目指して<4> 〜ソフトバンクの経営戦略と企業価値そして機会損失の算定方法今回(「企業価値とファイナンスの革新を目指して」シリーズ第4回)は、ソフトバンクです。まず、 ... (続きを読む)

〜 企業価値とファイナンスの革新を目指して<3> 〜続・D/Eレシオに「一般的な目安」はあるのか今回は、『企業価値とファイナンスの革新を目指して』の第3回です。従前ブログ『D/Eレシオに「一般的な目安 ... (続きを読む)
〜 企業価値とファイナンスの革新を目指して<2> 〜「絵に描いただけ」の現代ファイナンス論今回は、『企業価値とファイナンスの革新を目指して』の第2回です。前回(第1回)のブログ『企業価値とファイナンス ... (続きを読む)

〜 企業価値とファイナンスの革新を目指して<1> 〜実務に役立たない理論を学ぶ恐怖以下の【資料1】にあるPDFファイルは、【資料2】の拙著『高田直芳の実践会計講座「経営分析」入門』の、第12章を抜粋し ... (続きを読む)
経営分析や経営診断の学びかた[決定版]新・ほんとうにわかる経営分析 補足説明 インターネットのアマゾンが、どういう趣旨で「経営診断」というカテゴリーを設けているのか、その趣旨は知りようがありません。2 ... (続きを読む)

企業価値と理論株価の求めかた『高田直芳の実践会計講座「経営分析」入門』補足説明今回は、関連ブログ『一般公式や実務解を示さずに「企業価値」を得意気に語る人々がいる』の応用編であり、上場企業の理論株価(理 ... (続きを読む)
管理会計や経営分析の世界で、絶対的通説として君臨するCVP分析(損益分岐点分析&限界利益分析)が、理論面でも実務面でも破綻していることについては、次の受賞論文で論証しました。新日本法規財団 第4回 奨 ... (続きを読む)

2015年7月19日付の毎日新聞は、東芝の不適切会計問題について、次の記事を掲載していました。同社幹部は「今回の問題が『意図的』と認定されるのは仕方がない。『粉飾』と批判されるのではないか」と不正会計 ... (続きを読む)
2015年7月4日付の日本経済新聞で、次の記事が掲載されていました。ネットDEレシオは連結有利子負債から手元資金を引いた純有利子負債が自己資本の何倍あるかを示し、一般的に1倍が健全性の目安となる。日本 ... (続きを読む)

2015年7月3日(金)に、名古屋にて無料セミナーを開催しました。お申し込みいただきました企業の方々全員にご出席いただき、感激の至りです。次は大阪です。日程調整が遅れて申し訳ございません。次のブログに ... (続きを読む)
高田直芳の実践会計講座 経営分析入門高田直芳の実践会計講座「経営分析」入門日本実業出版社 高田 直芳 Amazonアソシエイト by 高田直芳の実践会計講座 原価計算高田直芳の実践会計講座 原価計算日 ... (続きを読む)

2015年6月3日付の日本経済新聞「会社番付2015(6)」では、自己資本利益率ROEのランキング表が掲載されていました。前日の「会社番付2015(5)」は、自己資本比率のランキング表でした。この、自 ... (続きを読む)
2015年6月2日付の日本経済新聞で、自己資本比率のランキング表が掲載されていました。自己資本比率はその記事にもあるとおり、「財務の安定性」を示すものであり、これ自体は優れた経営指標です。ただし、自己 ... (続きを読む)

今回の話は、ダイヤモンド・オンライン第143回「円安で泣く者、嗤う者。日立製作所とセブン-イレブンの為替変動パニック度を測る」に、若干の手を加えたものです。データが新しいか古いかが問題ではなく、「為替 ... (続きを読む)
2015年5月15日付の日本経済新聞では、シャープの高橋社長との一問一答が掲載されていました。一部を引用すると、次の【資料1】の通り。【資料1】シャープの高橋興三社長は14日、都内で記者会見をし、経営 ... (続きを読む)

以下は、2015年5月14日付のブログ記事「不適切な会計処理」の続編です。さて、2015年4月に、東芝の「不適切な会計処理」問題が登場してから、「不適切な会計処理」が今年の流行語大賞になるのではないか ... (続きを読む)
2015年5月9日付の日本経済新聞で「シャープが減資、資本金1億円に」という記事を見たとき、別に驚きはしませんでした。シャープについては、このブログですでに言及していた話です。【関連ブログ】シャープ「 ... (続きを読む)

下記〔資料1〕の受賞論文に基づいて、下記〔資料2〕に比較表をまとめました。2015年夏までに、東京、名古屋、大阪で開催するセミナー用の資料ではありません。【関連ブログ】セミナー の開催〔4月18日更新 ... (続きを読む)
今回の話は『大不況に克つためのサバイバル経営戦略 第129回 日産・コマツ・ソフトバンク・イオン、上場14社で実証する「企業価値の実務解」』を、現時点の法令や制度に合わせて加筆修正したものです。これほ ... (続きを読む)

公認会計士や弁護士で、野に下った実務家が学術論文を投稿する道というのは、ほとんどありません。どこぞの学会や大学院に在籍していないと、不可能なのです。私がインターネットで調べた結果です。その例外が「新日 ... (続きを読む)
私が執筆した学術論文が、「新日本法規財団 奨励賞」を受賞したことは、このブログでも紹介しているところです。その論文の「要旨」が、新日本法規財団のウェブサイトで公開されています。新日本法規財団 奨励賞 ... (続きを読む)

「タカダ式操業度分析の学びかたを教えてほしい」という問合せを、しばしば受けます。「タカダ式操業度分析って何?」と疑問に思われる人がいるかもしれません。タカダ式操業度分析は、次の論文で受賞の栄誉を得たも ... (続きを読む)
先日、一般財団法人会計教育研修機構で、eラーニングのビデオ収録に臨みました。お題は「管理会計の実務」であり、講義時間は3時間。ビデオ収録ですから、その日の聴講者はゼロであり、カメラのレンズに向かって独 ... (続きを読む)

「極意」なんてものがあるのかどうか。もし、そのようなものがあるのなら、みんな「株長者」になっています。デイトレーダーのような短期投資に、かつては挑んだことがあります。本業のほうが忙しくて、1日に何十回 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択



» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック