誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 最新〈業界の常識〉よくわかる保険業界 (最新 業界の常識)

最新〈業界の常識〉よくわかる保険業界 (最新 業界の常識) の商品情報

最新〈業界の常識〉よくわかる保険業界 (最新 業界の常識)
最新〈業界の常識〉よくわかる保険業界 (最新 業界の常識)を Amazon.co.jp で見る
最新〈業界の常識〉よくわかる保険業界 (最新 業界の常識)
満野 龍太郎 (著者)


レーベル : 日本実業出版社
ASIN : 4534047282

42 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

 前身に安田火災海上保険など複数の保険会社があり、昨年合併発足した損害保険ジャパン日本興亜損害保険の売上高にあたる正味収入保険料(2014年度)は、単体では国内最大となりました。 今までは損害保険の販 ... (続きを読む)
[フランクフルト 30日 ロイター] - 独保険大手アリアンツ(ALVG.DE)は独ルフトハンザ航空(LHAG.DE)の格安航空部門ジャーマンウィングス機墜落事故について、乗客家族への賠償など保険会社 ... (続きを読む)

 第一生命保険の2014年9月中間連結決算の保険料等収入(売上高に相当)において、最大手の日本生命保険を上回りトップに立つ見通しとなったことが配信されました。 第一生命の関係者によると第一生命が首位に ... (続きを読む)
 マイナビと言えばグループ会社にはマイナビ転職等がありますが、マイナビニュースの連載記事に就職活動、転職活動、ときにはアルバイト…無縁でいられないのが「面接」なのですが、面接で投げかけられて驚いた変わ ... (続きを読む)

東京海上日動火災保険が2002年4月〜03年6月の自動車保険の一部を契約者に支払っていなかった問題で、同社の永野毅社長が7日、都内で会見し、「顧客や関係者に心配をかけて申し訳ない」と陳謝した。顧客から ... (続きを読む)
 9月にNKSJホールディングスが損保ジャパンと日本興亜損保を2014年度上期に合併する予定のため、経営効率化を急ぐためには合併を待たずに人員の合理化を進め、コスト削減で収益力を高めるために傘下の損害 ... (続きを読む)

 25日付のSankeiBizに生命保険協会が発表した7月末時点の国内生保系43社の国内株式の保有残高が12兆8551億円で、前年同期比7.2%減となり、株の保有残高減少は2010年4月以降、28カ月 ... (続きを読む)
 平成26年度上半期に損保ジャパンと合併予定にある損害保険大手NKSJホールディングスの会長も兼務しているNKSJ傘下の日本興亜損害保険二宮雅也社長が産経新聞の取材に応じ、来年4月に日本興亜損保と損保 ... (続きを読む)

 6月22日付のフジサンケイ ビジネスアイに大手損害保険グループ傘下の生命保険子会社が新規契約を伸ばしていることにより大手生保の牙城を崩し始めており、よりシンプルな仕組みで保険料を抑えた商品や損保の代 ... (続きを読む)
 各報道機関より金融庁が保険金の「不払い問題」で2008年7月に日本生命保険など生保10社に出した業務改善命令を解除すると発表したとの配信がありました。 今回のこの業務改善命令の解除により金融庁への改 ... (続きを読む)

 就職氷河期を乗り越えて新年度を迎え、社会人として新たな舞台に立つことができた新入社員達がいる一方、2012年度の就職戦線が動き始めているのですが、今回の 東日本大震災の被災地では、企業が被災したため ... (続きを読む)
 第一生命保険の渡辺光一郎社長が2月下旬のSankeiBizにて「直球緩球」というコーナーで、「欧米でのM&Aも視野」について株式会社化からもうすぐ1年が経過する中で、目指すところやどの程度の利益を海 ... (続きを読む)

 AIG傘下会社であるAIU保険とアメリカンホーム保険会社の格付けについて、3月3日付のマイコミジャーナルより、スタンダード&プアーズ・レーティングズ・サービシズ(S&P)が、米チャーティス・グループ ... (続きを読む)
 大手生命保険3グループが2月に発表した2010年4〜12月期の連結決算では、第一生命保険とT&Dホールディングスがいずれも銀行の窓口を通じた保険販売が振るわず、減収減益となったのですが、富国生命保険 ... (続きを読む)

 SankeiBizが配信している「直球緩球」というコーナーで、今回は第一生命保険渡辺光一郎社長が「欧米でのM&Aも視野」について株式会社化からもうすぐ1年が経過する中で、目指すところやどの程度の利益 ... (続きを読む)
 生命保険協会が昨年12月に発表した10月の収入保険料(47社合計)では、前年同月比4.6%減の2兆3026億円となり、減収は3カ月ぶりだったことについてBlogにて紹介を致しました。この時配信された ... (続きを読む)

 今月の初めに新社長となった筒井社長が会見において「新たな契約を拡大したい」と述べ、業績の向上を目指す考えを強調するとともに、少子化が進んで国内市場は縮小していることについて筒井氏は「医療や年金など伸 ... (続きを読む)
 昨年11月に東京海上ホールディングス(HD)が少子高齢化で需要が縮む国内の個人向け保険市場で強気の拡大戦略を打ち出しており、従来の保険分野の壁を越えた独自商品を拡販する戦略的な販売代理店を2010年 ... (続きを読む)

 1月29日に日本生命新社長に筒井氏の就任が決定し、今回の経営陣の若返りを決めた背景にある少子高齢化による国内市場の縮小懸念がある中での営業力の強化と再び積極攻勢に打って出る姿勢を示す狙いでの攻めの経 ... (続きを読む)
 昨年11月に朝日生命保険が発表した4〜9月期の業績では、本業のもうけを示す基礎利益が前年同期比13%増の139億円となり、物件費を中心としたコスト削減や実際の運用利回りが契約者に約束した利回りを下回 ... (続きを読む)

 昨年12月に生命保険協会が発表した10月の収入保険料(47社合計)が前年同月比4.6%減の2兆3026億円となり、減収は3カ月ぶりだったのですが、これは医療保険など個人保険分野は堅調だったのですが、 ... (続きを読む)
 現在の経済不況により各大学や高校の就職課には企業からの求人募集情報が少なく、卒業を控え未だに就職先が決まらない学生たちは日々ハローワークでの就職活動や就職をした卒業生OB訪問による就職活動、就職留年 ... (続きを読む)

 昨年、12月中旬に損保協会が加盟27社の2010年9月中間期決算概況を発表したのですが、それによると正味収入保険料は自動車保険等の増収などにより増収し、正味支払保険金は新種保険の支払い減により減少し ... (続きを読む)
 現在、保険業界では生命保険会社の子会社による損害保険商品の販売や損害保険会社の子会社による生命保険商品の販売が常識化されています。 1月8日付の朝日新聞に「損保と生保、相互参入戦略の違いくっきり 解 ... (続きを読む)

 昨年、損害保険大手の損保ジャパンと日本興亜損害保険が統合して発足したNKSJホールディングスの佐藤正敏社長が、朝日新聞のインタビューに応じ「経営統合のメリットはコスト削減に加え、販売力が拡大できる点 ... (続きを読む)
 年の瀬が近くなり、各保険業界トップのインタビュー記事が各報道機関紙より配信がされていました。今回は、朝日新聞に掲載されていたNKSJホールディングス佐藤社長氏の海外展開に意欲を見せている記事をご紹介 ... (続きを読む)

 金融危機以来保険業界の状況は一変し、米政府から巨額支援を受けたAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)をはじめとし、外資各社の親会社の経営が急激に悪化したことにより、各社は相次ぎ国内から撤 ... (続きを読む)
 10月初旬に明治安田生命グループでは、アセットマネジメント事業の強化につき検討を続けてき結果、グループ内の資産運用会社であるMDAMアセットマネジメントと安田投信投資顧問が10月1日をメドに合併する ... (続きを読む)

 10月初旬に明治安田生命グループでは、アセットマネジメント事業の強化につき検討を続けてき結果、グループ内の資産運用会社であるMDAMアセットマネジメントと安田投信投資顧問が10月1日をメドに合併する ... (続きを読む)
 7月にNKSJホールディングスが傘下の損害保険ジャパンと日本興亜損害保険の資産運用子会社2社をグループの資産運用体制を強化する目的で合併すると発表し、合併後はNKSJの直接子会社とすることをすでにB ... (続きを読む)

生保業界では米保険大手プルデンシャル・ファイナンシャルによる、経営再建中の米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)のAIGスター生命保険(旧千代田生命保険)とAIGエジソン生命保険 ... (続きを読む)
損保ジャパンひまわりについては、今年の3月にがんを切らずに治療する「粒子線治療」など先進医療の治療費を保障する先進医療特約の拡販に当たり、損保ジャパンひまわり生命が提供するツールが大きな成果を挙げてお ... (続きを読む)

先月の初めに東京海上日動あんしん生命保険株式会社が「長生き支援終身」(正式名称:5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身介護保険)を11月2日(火)から発売することを発表したのですが、新商品を発売するのを ... (続きを読む)
富士生命保険株式会社では、今年3月に「引受基準緩和型終身医療保険(10)」を発売したのですが、この商品は持病(既往症)を持っている人でも簡単な3つの告知事項をクリアすれば申込みができ、一生涯の医療保障 ... (続きを読む)

今年の8月に第一生命保険が発表した2010年4〜6月期の連結決算は、純利益が前年同期比65%減の103億円であり、円高による利息収入の減少などが響いたことと、株安が進行し変額年金保険で最低保証にかかわ ... (続きを読む)
今年の5月に太陽生命保険などを傘下に持つT&Dホールディングスが2010年3月期連結決算にて、最終損益が前期の890億円の赤字から242億円の黒字に転換したことをBlogにて紹介をしました。この時配信 ... (続きを読む)

7月に大手損害保険6社が発表した4?6月の保険料収入(速報値)は前年同期比1.4%増の1兆6284億円で、ニッセイ同和損害保険を除く5社で前年同期を上回ったことが配信されました。配信された記事によると ... (続きを読む)
今年の2月にマニュライフ生命保険株式会社の2009年度第3四半期(2009年4?12月)業績が発表され、2009年4?12月期においてマニュライフ生命は個人保険販売が堅調に推移した他、株式市場が徐々に ... (続きを読む)

今年の6月に開かれた三井生命保険が相互会社から株式会社に転換し7回目となる定時株主総会を開いた時には株主からは2年連続で無配となった株主配当に対して早期の復配を求める声があがり、総会では山本幸央社長が ... (続きを読む)
今月初めに、大手損害保険6社が5日発表した7月の保険料収入(速報値)が合計で5470億円と前年同月と比べて1.3%増えたことにより増収は9カ月連続となり、6社中4社が増収だったとのですが、これはエコカ ... (続きを読む)

4月に相互会社から株式会社に転換した第一生命保険が28日に千葉市の国際展示場「幕張メッセ」で初の株主総会を開いたのですが、同社の株主数は国内最多の約137万人で、1万人超の出席を想定していたのですが、 ... (続きを読む)
国内生命保険業界2位の第一生命保険が相互会社から株式会社に転換し、東証1部に上場したのですが、初値は16万円を付け、売り出し価格の14万円を上回り、上場初日は大量の売買注文によるトラブル警戒のために午 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック