誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. マンキュー経済学 I ミクロ編(第3版)

マンキュー経済学 I ミクロ編(第3版) の商品情報

マンキュー経済学 I ミクロ編(第3版)
マンキュー経済学 I ミクロ編(第3版)を Amazon.co.jp で見る
マンキュー経済学 I ミクロ編(第3版)
N.グレゴリー マンキュー (著者)

N.Gregory Mankiw (原著) 足立 英之 (翻訳) 柳川 隆 (翻訳) 石川 城太 (翻訳) 小川 英治 (翻訳) 地主 敏樹 (翻訳) 中馬 宏之 (翻訳)

レーベル : 東洋経済新報社
ASIN : 4492314377

20 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

コンビニ業界に現われる収穫逓減次の関連ブログでは、セブンイレブン単独で、5万店舗までは行くだろう、と述べました。【資料1:関連ブログ】コンビニエンスストアは、なぜ、増加するのか2017年5月5日付の日 ... (続きを読む)
ETV特集/経営戦略の策定にミクロ経済学と管理会計は役に立つこの連休中に放映されたTV番組の中で、繰り返し視聴したのが、次のETV特集。【資料1】ETV特集(2017年4月29日放送)日本の文化財を守 ... (続きを読む)

東芝の連結財務諸表に現われる虚数解東芝で先日(2017年4月11日)、監査意見のないままに決算発表が行なわれました。この件に関しては、メディアなどで、膨大な情報が流れています。概要は、日本経済新聞で4 ... (続きを読む)
日本経済新聞『大機小機』から日本経済新聞で次の記事がありました。【資料1】日本経済新聞『大機小機』2017年3月25日米国の大学が使う経済学のあるテキストに、次のような記述がある。「政策問題に関し、エ ... (続きを読む)

米国経済学者が描く総費用曲線や限界費用曲線って、おかしくないか?今回は、従前ブログ『個人の選択:経済学の核 クルーグマンミクロ経済学』の続き。企業のコスト構造について、現代の会計学は、右上がりの直線形 ... (続きを読む)
個人の選択:経済学の核『クルーグマンミクロ経済学』今回は、従前ブログ『クルーグマンミクロ経済学 第2版』の続き。この書籍は、とにかく分厚い。読破しようというのは無謀に近い。必要な箇所を拾い読みしていま ... (続きを読む)

〜 税の損得分岐点 〜法人税と所得税はどちらの機会損失が小さいか管理会計や経営分析などの世界では、「法定実効税率」という概念があります。これは、法人税・住民税・事業税を組み合わせて、法人が負担する税率 ... (続きを読む)
〜 企業価値とファイナンスの革新を目指して<4> 〜ソフトバンクの経営戦略と企業価値そして機会損失の算定方法今回(「企業価値とファイナンスの革新を目指して」シリーズ第4回)は、ソフトバンクです。まず、 ... (続きを読む)

人工知能(AI)に管理会計や経営分析を委ねると人間の生活が脅かされる以前のブログ『あなたは、AI(人工知能)に打ち克つ自信があるか』で、次のNHK番組を取り上げました。【資料1】天使か悪魔か 羽生善治 ... (続きを読む)
限界費用がゼロの社会とは何か2016年1月3日付の日本経済新聞に、興味をそそられる書評が掲載されていました。限界費用ゼロ社会モノのインターネットと共有型経済の台頭NHK出版 ジェレミー・リフキンAma ... (続きを読む)

上場企業や大企業を訪ねると、そのほとんどで、工程別の生産管理や、工程別の原価計算に出くわします。これらの「工程別」のルーツって、どこにあるか知っていますか?工程別原価計算のルーツは、企業会計審議会『原 ... (続きを読む)
上記タイトルにある書籍について、都内の大型書店で平積みされ、山積みとなっているのを何度も見かけました。でも、手にとって読むことはしませんでした。なぜだろう。かつて、アルビン・トフラー『第三の波』や、エ ... (続きを読む)

先日、一般財団法人会計教育研修機構で、eラーニングのビデオ収録に臨みました。お題は「管理会計の実務」であり、講義時間は3時間。ビデオ収録ですから、その日の聴講者はゼロであり、カメラのレンズに向かって独 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック