誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫) の商品情報

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)
赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)を Amazon.co.jp で見る
赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)
桜庭 一樹 (著者)


レーベル : 東京創元社
ASIN : 4488472028

8 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

(2012年読了)桜庭一樹著。 語り手は赤朽葉家の瞳子。時折、未来を透視することができる千里眼奥様と呼ばれた万葉を祖母に持ち、山陰地方のレディース(暴走族…?)の長になったのち超人気漫画家になったのち ... (続きを読む)
土曜日は小田急線が事故で、目的地まで行くのに2時間近くかかってしまいました。揺れる電車の中、立ちながらでも持てる大きさと重さ、そして引き込まれる本を持ち込むようにしています。今回は、桜庭一樹 「青年の ... (続きを読む)

蟲毒の歌声赤朽葉家の伝説
昨日は仕事の後、ずっと雀荘にいました。かなり勝ちました。「赤朽葉家の伝説」 日本推理作家協会賞受賞作ですが、推理小説ではないと思います。一族もの、というのでしょうか。自分は「死」を扱った物語が苦手です ... (続きを読む)
祖母の「千里眼」の万葉、母の漫画家の毛毬、そして語り手の孫・瞳子。その生き様が、それぞれの世代の世相を絡めて語られる。千里眼であるがための万葉の苦しみや悲しみ、豊寿との交流はほのぼの路線かと思ったら、 ... (続きを読む)

 鳥取県山間部の名門旧家・赤朽葉家。現代を生きる「私」が語り部として、祖母、母、そして自分の赤朽葉家三代の歴史を語っていきます。 第1章(1953年〜1975年)は、戦後まもなく、祖母・万葉が子供の頃 ... (続きを読む)
2日間ブログサボってました水曜日は1日留守にしていました。先月末からまた体調が悪かったのですが、なかなか病院に行く余裕がなく、水曜日にやっと佐世保の婦人科へ。最近は半年に1回通院している感じです。筋腫 ... (続きを読む)

O赤朽葉家の伝説O桜庭一樹O創元推理文庫O464ページO前から読みたかった本で、文庫化された日に即買いして、昨日の夜中読み終えた・・・ジャンルが不明の女系旧家3代記。SFじみてる所が気になりちょっぴり ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック