誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫) の商品情報

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)を Amazon.co.jp で見る
アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
伊坂 幸太郎 (著者)


レーベル : 東京創元社
ASIN : 4488464017

34 users

過去最高ランク:

60 位 (2010/05/21)

最近:

2010/03/14 163
2010/05/21 60
2010/05/22 85
2010/05/23 119
2010/05/24 168
2011/08/30 155
2011/08/31 189

ピーク時:

2010/03/13 113
2010/03/14 163
2010/05/21 60
2010/05/22 85
2010/05/23 119
2010/05/24 168
2011/08/30 155

この商品を取り上げているウェブリブログ

大日本帝国鴨葱丼
高尾山口の橋屋の小どんぶり、鴨葱丼。個人的には、もっと鴨くささがほしいとこでした。鴨の水かき 2巻 (ビームコミックス)KADOKAWA/エンターブレイン 空木 哲生 Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)
本屋を襲うくらいの覚悟がなければ、隣人に挨拶に行くべきではない。これは、伊坂幸太郎氏の小説‘アヒルと鴨のコインロッカー ’からの引用です。主人公の椎名は、大学入学を機に一人暮らしをはじめました。彼は、 ... (続きを読む)

伊坂幸太郎著。大学入学のためにアパートでひとり暮らし。はじめてのひとり暮らしのドキドキワクワク…は、隣人“河崎”に誘われた、本屋強盗。広辞苑強盗。現在の話、椎名を中心にした話。ペットショップ店員の琴美 ... (続きを読む)
アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)東京創元社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by 引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年初対面だというのに、彼はいきなり「 ... (続きを読む)

1位〜5位までです。1位 遠い旋律 草原の光/倉阪 鬼一郎     サナトリウム文学的恋愛音楽ミステリ      感動で皮膚があわ立つのよ。んで泣いたわ。遠い旋律、草原の光 (ハヤカワ・ミステリワール ... (続きを読む)
「一緒に本屋を襲わないか?」と言う誘いになぜか乗ってしまった事から始まる物語。狙いはたった一冊の広辞苑。そこから、今と過去が入り混じりながら、話が進んでいく。展開がスピーディーなのは、この人の特色なん ... (続きを読む)

一時期立て続けに映画化となった伊坂幸太郎の小説、その映画化の火種となった作品です。原作は、この映画がロードショウ公開されている頃に読みました。小説の印象は・・・ちょっと軽めの文体だけれども、意外と書込 ... (続きを読む)
善と悪の境界線は曖昧で、脆くて壊れやすい。簡単にひっくり返ったり、後から書き換えられたりもする。その答えは風に吹かれて誰にもつかめないThe answer is blowin' in the wind ... (続きを読む)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)東京創元社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by 引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり ... (続きを読む)
 仙台の大学へ通うために引っ越してきた「椎名」はその当日に、隣に住む「河崎」と名乗る怪しい男から「強盗をしないか」と誘われる。強盗は強盗でも、襲うのは本屋、盗むのは「広辞苑」。荒唐無稽としか思えないこ ... (続きを読む)

第25回吉川英治文学新人賞受賞作、井坂幸太郎の5本目の長編「アヒルと鴨のコインロッカー」。一見ありそうなストーリーに思えるのに、予想もしなかった展開でまんまと騙されました。結構タイトルから不思議ですよ ... (続きを読む)
現在の物語と過去の物語が交互に錯綜しながら語られていき、最後に一つの物語として収束していきます。小説の技法としては割とありがちだと思うのですが、かなり引き込まれてしまいました。そういえば、本作は映画化 ... (続きを読む)

こんばんは!今日は私の好きな伊坂幸太郎の本を紹介します。この人の本は結構、映画化されています!人気作家ですね!BOOK OFF行ってもなかなかおいてないんだよね?!!!一番最初に読んだのは「陽気なギャ ... (続きを読む)
最近、どうも○○賞といわれる本がピンと来ない。そう思ってるあなたにおすすめ。直木賞より、芥川賞より、本屋さんが選ぶ読者に人気の作品がこれです。難しいこと考えないで、気軽に楽しめる時代小説。ゲームを作っ ... (続きを読む)

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は――たった1冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る ... (続きを読む)
「終末のフール」(伊坂幸太郎)を読み終えて読み終えて、まず始めに感じたことは「音楽がない」事だ。そして、伊坂幸太郎を読んでいると言うよりは「星新一」のショートショートを読んでいるような感じがしたのは私 ... (続きを読む)

先ごろ読んだ「ラッシュライフ」の解説に、映像化できないような作品を書きたいと伊坂氏が言ってたと書いてあったんだけども、まさにそのとおりです。相変わらず、ミステリを読んでも何の推理もしないで、両手ブラリ ... (続きを読む)
「アヒルと鴨のコインロッカー」(伊坂幸太郎)を読み終えて読後の感想ですが、最後の方を読むまですっかり騙されていました。昔読んだ横溝正史の「犬神家の一族」や「悪魔の手毬歌」、綾辻行人の「水車館の殺人」、 ... (続きを読む)

こすもぶろぐいさかこうたろうの本
2月10日は暇というよりはいろいろしていたみたいです。仙台と郡山の間。伊坂幸太郎の本読んできた。『SOSの猿』??とかなんとか。悪魔払いの壮絶さを期待していたのだけれど、西遊記になってた。UNISON ... (続きを読む)
面白いんだか面白くないんだか。【内容紹介(Amazon)】出版社/著者からの内容紹介【第25回吉川英治文学新人賞受賞】「一緒に本屋を襲わないか」大学入学のため引越してきた途端、悪魔めいた長身の美青年か ... (続きを読む)

推理小説って意外とお休み前に読むのにいいですよね。実用本やノンフィクション、絵本もいいけどやっぱり眠たくなる本のNO1。え?そんな退屈な本いやだって?いえいえ、日常生活とどっか同じようで同じでない、解 ... (続きを読む)
伊坂幸太郎を手に取るのはこれで4冊目。『死神の精度』、『オーデュポンの祈り』、『終末のフール』に続く。最初の2冊で、熱は冷めたのですが、先月同僚から「イマイチでしたが読みませんか?」と『終末のフール』 ... (続きを読む)

なんとなく観た。前半の意味不明な構成は割と良かったが後半の過去の回想に入ったところから急激に冗長になってしまいました。この手の映画はもっと話の展開が視聴者に不親切であっていいと思います。冗長になると前 ... (続きを読む)
『重力ピエロ』 を見たので、こちらも見ねばと借りてきました(*^_^*)大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)は、奇妙な隣人の河崎(瑛太)に出会う。初対面だというのに河崎は、同じアパートに住 ... (続きを読む)

重力ピエロ気になる。そしたら、たまたま ちょーーど 深夜にテレビで映画の放送があった。『鴨とアヒルのコインロッカー』これは巡りあわせか?!っていったら、大げさか(笑)宣伝の戦略ですね。>まんまとはまっ ... (続きを読む)
伊坂幸太郎氏の第25回吉川英治文学新人賞受賞作品デス。やっと読みました。アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)東京創元社 伊坂 幸太郎 ユーザレビュー:キレがあって、ストー ...おもしろかった ... (続きを読む)

だまされたと思って読んでみてください、何かしらの衝撃はあるはずです。ラッシュライフ (新潮文庫)新潮社 伊坂 幸太郎 ユーザレビュー:神の手連続バラバラ殺 ...Here Comes ...時間軸にい ... (続きを読む)
アヒルと鴨のコインロッカー伊坂幸太郎他の伊坂作品と比べて中途半端な印象の残る作品。叙述トリックも限定的で、最後の紐解きも痛快さは無し。ハッピーエンドとは言えない結末もあり、著者の作品の中では「重力ピエ ... (続きを読む)

表題の作品、特に意識してなかったのですがいつの間にか映画のHPがパソコンのブックマークに登録されていました。でもHPにはあまり情報が載っていなくてどんな話なのかさっぱり分からない。題名がユニークだから ... (続きを読む)
アヒルと鴨のコインロッカー[2006 日本 中村義洋]仙台の大学に入学するため引越してきた椎名(濱田岳)は、ボブ・ディランの『風に吹かれて』を口ずさみながら、部屋の片付けをしていた。すると、隣人の河崎 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック