誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 慟哭 (創元推理文庫)

慟哭 (創元推理文庫) の商品情報

慟哭 (創元推理文庫)
慟哭 (創元推理文庫)を Amazon.co.jp で見る
慟哭 (創元推理文庫)
貫井 徳郎 (著者)


レーベル : 東京創元社
ASIN : 4488425011

7 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

無実という罪を着せて懸命に仕立て上げたやつらは順番に殺されてゆくうちにだれもほんとうはまちがっていなかったただそれを追求するがゆえに誤った「乱反射」でもそうだったがある特殊な状況下で人は自分のやったこ ... (続きを読む)
久々に読書。読み出すと止まらないためシリーズ本を読むのは控えていたけど読み始めちゃったやっぱり本っていいなぁ誰かが「面白くない本なんてない」と言っていたけどきっとそうなんだろうな。貫井徳郎は『慟哭』が ... (続きを読む)

Husky's Cafe blog慟哭・・・貫井徳郎さん
久々に本の話題を。ブログで感想を書きたい本がたまる一方なんですが、さらさらっとは書けないので、ついつい後回しに。で、そのまま書かずになってしまいます。「ラストが意外な小説」で検索して見つけたのが貫井徳 ... (続きを読む)
推理小説って意外とお休み前に読むのにいいですよね。実用本やノンフィクション、絵本もいいけどやっぱり眠たくなる本のNO1。え?そんな退屈な本いやだって?いえいえ、日常生活とどっか同じようで同じでない、解 ... (続きを読む)

貫井徳郎の『慟哭』を読んだ慟哭 (創元推理文庫)東京創元社 貫井 徳郎 Amazonアソシエイト by ウェブリブログオチがすばらしい。唸る。未読の方はぜひ。物語は、捜査一課長と宗教にはまる男の2つの ... (続きを読む)
評判どおりの面白さでした。 二つの物語が同時進行していく構成から、その二つがいずれひとつに絡み合うだろうということには早くに気づきましたが、ラストのまとめ方のうまさに唸りました。 子供を奪われたことに ... (続きを読む)

慟哭貫井徳郎叙述トリックによるどんでん返し作品。幼児誘拐と新興宗教という重いテーマを持ち、さらに「慟哭」というタイトルから、手に取るのを何度か躊躇したのだが、いざ読み始めると意外にも雰囲気は軽め。残念 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック