誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実

日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実 の商品情報

日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実
日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実を Amazon.co.jp で見る
日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実
崔 基鎬 (著者)


レーベル : 祥伝社
ASIN : 4396612273

12 users

過去最高ランク:

41 位 (2010/07/14)

最近:

2010/07/14 41
2010/07/15 51
2010/07/16 64
2010/07/17 93
2010/07/18 119
2010/07/19 141
2010/07/20 175

ピーク時:

2010/07/14 41
2010/07/15 51
2010/07/16 64
2010/07/17 93
2010/07/18 119
2010/07/19 141
2010/07/20 175

この商品を取り上げているウェブリブログ

NHKが「著作権」を盾に『国会審議動画を削除した』ことで日頃ネットに親しまれていない方々の間でも話題になっているようです。 これこそ、公共放送による『国民の知る権利の侵害』ですから。削除された事を受け ... (続きを読む)
海外メディアが相次いで韓国バッシング「背後には日本政府」=韓国ロビー活動が盛んなのは、韓国だと思いますが…。そもそも韓国の主張が滅茶苦茶なのは、日韓併合に関してのシンポジウムを筆頭に、色々、海外では認 ... (続きを読む)

韓日学者の併合無効共同声明から1年、ソウルで会議まだ、いいますか?この人達。2001年に、ハーバード大学アジアセンター主催で、日韓併合について、合法か非合法かについての論議がなされましたが、「自分で生 ... (続きを読む)
韓国併合100周年・抗議行動(8月29日ソウル・日本大使館前)(注) 8月29日、日本による韓国併合100年記念の行事が行われた。この日を「国恥の日」と呼ぶ集会が韓国の各地で開かれ、「植民地支配への率 ... (続きを読む)

「理想は共通の歴史教科書」 岡田外相が韓国紙に(産経新聞 2010/07/14)引用おわり> 将来のことだが、日韓共通の歴史教科書をつくることが理想的だ> 日韓両国は政治、経済、文化だけでなく、安全保 ... (続きを読む)
憩いの広場アボジ
新聞に ”アボジの故郷どこ 北朝鮮で余生 94才帰国” という記事が載った。 韓国併合の負の遺産だ。 ただこのアボジは職を求めて日本にやってきたので、所謂徴用とは意味が違う。余生を北朝鮮でというのも複 ... (続きを読む)

風林火山恩を仇で返した朝鮮人
以前、当ブログ記事、「日韓併合の真実 Part 1」、「驚愕! 韓国 反日の実態」で、紹介したとおり、韓国は歴史を捏造し、反日教育を行っている。したがって、韓国国民の大多数(約86%)は、日本が嫌いで ... (続きを読む)
風林火山朝鮮総連が政界工作を指示
衆院選前から、ネット上では、民主党の支持団体が問題視されていた。民主党の支持母体とは、自治労、韓国民団、朝鮮総連(北朝鮮の工作団体)、そして日教組であり、韓国と北朝鮮との繋がりが懸念されていたのだ。韓 ... (続きを読む)

一昨年以降、竹島の領土問題で、韓国は一方的な武力による領土の実行支配を続けているが、現在は対馬の土地を買いあさり、対馬も韓国領土であると主張している。そして昨年、韓国は米国・ニューヨーク・タイムズ紙に ... (続きを読む)
風林火山驚愕! 韓国 反日の実態
世界最大の広告代理店の電通(最高顧問の成田氏は媚韓)による韓流ブーム創出の結果、日本の巷では韓国の良い印象(捏造)を持ち、チヤホヤする国民が増えた。最近は、NHKをはじめ、どの民放テレビ局でも、韓国の ... (続きを読む)

風林火山必見! 日韓併合の真実 Part 2
前回、Part 1 [Link: 日韓併合の真実 Part 1] では、韓国人の歴史家による日韓併合の事実証言を紹介したが、今回は、当時の欧米のメディア、歴史家、評論家などの意見を見てみよう。この他に ... (続きを読む)
28日の朝日新聞のネット記事 『竹島問題「根気強く話し合おう」 首相、元韓国外相に2008年8月28日18時52分』は、次のように述べている。  福田首相は28日、日韓の各界有識者が参加する日韓フォー ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック