誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫) の商品情報

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)
幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)を Amazon.co.jp で見る
幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)
クラーク (著者)

池田 真紀子 (翻訳)

レーベル : 光文社
ASIN : 433475144X

9 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

愛と光の星・・・地球幼年期の終わり
イギリスのSF作家、アーサー・C/クラークが書いた「幼年期の終わり」という作品を知っていますか? 原題はChildhood's End。 「地球幼年期の終わり」とも訳されました。全体としては、人類が進 ... (続きを読む)
ひねくれ物日記SF小説
SF小説が好きです。以前も野尻抱介のSF小説が大好きだという内容をアップしてます。他には、小川一水も好みです。翻訳物だと、「星を継ぐ者」シリーズや、「タウ・ゼロ」、「幼年期の終り」なども個人的にはお気 ... (続きを読む)

Show the ショウクラーク 幼年期の終わり
アーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」。ある未来、異星人がやってきて、優れた力で地球の「難問」を解決するが、一部の人たちには、閉塞感もあった。そんな中でも、地球の文化は最高に花開いていた。しかし、 ... (続きを読む)
交流戦もあと少しで5割まで立て直してはきたものの勝ち越す戦力はない状態か。今日は残念だったが、先発が試合を作れるようにはなってきていて、中継ぎのスタミナ温存ができれば後半もう一波乱おこせるかもしれない ... (続きを読む)

やはりクラークはいい。そしてクラークの代表作の一つである『都市と星』は、30年ぶりくらいの確か4回目くらいの再読であったが、相変わらず面白かった。かなり忘れてたんだけど、すでに3回くらい読んでいたので ... (続きを読む)
2007年11月20日初版第一刷発行となっている。早川SF文庫版は当然持っていて、2、3回読んでいるクラークの代表作の一つ。新訳と言うことで買い直したものの、一応話は知ってるし・・・ということで例のご ... (続きを読む)

J・G・バラードがしばらく前に亡くなった。いま振り返ってみると、バラードほど「追悼」という言葉がふさわしい人はいないかもしれない。というのも、彼は20世紀後半以降の内面を描いただけではなく、人の死と生 ... (続きを読む)
今回冒頭がクラークにより改訂されたという、SFの古典。しばしばSFではその世界観についていけなくて、おおまかにしか理解できないままになることもあるのですが、本書では「世代」という深みも警鐘も味わうこと ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック