誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫) の商品情報

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)を Amazon.co.jp で見る
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー (著者)

亀山 郁夫 (翻訳)

レーベル : 光文社
ASIN : 4334751067

12 users

過去最高ランク:

199 位 (2013/04/09)

最近:

2013/04/09 199

ピーク時:

2013/04/09 199

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

 今年の豊富として、減りつつある書評の充実をあげていたはずなのに、どうにも惨憺たる結果に終わりそうだ。残された日々を使って少しでもアップしていくか。なんだか夏休みの宿題を慌てて泣きながらやる小学生みた ... (続きを読む)
カラマーゾフの兄弟―まんがで読破イースト・プレス ドストエフスキー Amazonアソシエイト by ”カラマーゾフの兄弟―まんがで読破”ドストエフスキー原作 バラエティアートワークス画 イースト・プレ ... (続きを読む)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)光文社 ドストエフスキー Amazonアソシエイト by ”カラマーゾフの兄弟(1〜5巻)”ドストエフスキー著 光文社古典新訳文庫(注意:2006/09〜2 ... (続きを読む)
『不条理の拒絶』とは、「アルベール・カミュ」が自殺を否定した言葉です。『シーシュポスの神話』では、「自殺に価値はない。もし本当に人生がばかげていても、抗うことがばかげていても。むしろ生きる意味が与えら ... (続きを読む)

カラマーゾフの兄弟1: 1 (光文社古典新訳文庫) [Kindle版]ドストエフスキー (著), 亀山 郁夫 (翻訳)  新潮社の『ドスエフスキー全集』を持っているので、原卓也訳で読んでいたのだが、寝 ... (続きを読む)
 ドフトエフスキーの 「カラマーゾフの兄弟」を読み終えました。読書ガイドやエピローグを含め2556ページの文庫本ですが、5巻からなる超長編小説でした。「最近、みー子はよく寝るなあ」 と感心している父 ... (続きを読む)

読書感想文の180回目のエントリーです。ドストエフスキー<フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー>(2006)『カラマーゾフの兄弟1』光文社(光文社古典新訳文庫)443ppカラマーゾフの兄弟シリ ... (続きを読む)
夜は終わらない初夢と今年の目標
初夢は鏡に映った自分の横から見た姿、でした。私は髪が肘くらいまで長いのだけど、夢の中の私は腰の下までありました。鏡に映った自分の髪の長さを見て満足そうにフレームアウトする。そういう何でもない感じの夢だ ... (続きを読む)

光文社の古典新訳文庫から出ている新訳版。エピローグ巻の解説まで読んだ感想は、一言でいうと「訳者の思い込みが激しすぎて、読みづらい」。かなり前に岩波の米川正夫訳を読んだのだが、残念ながらそのときと同じ感 ... (続きを読む)
カラマーゾフの兄弟 4 (光文社古典新訳文庫)光文社 ドストエフスキー ユーザレビュー:圧倒的な・・・どのよ ...圧倒的な筆力だが、後 ...敢えて言う、失敗作。 ...Amazonアソシエイト b ... (続きを読む)

私は初読なので比較ができないのですが、新訳シリーズのなかでも人気が高い訳のようです。いきなり劇画タッチのテンションの高い世界に連れていかれるという感じ?ヒョードルが道化めかして高名な僧をからかうさまな ... (続きを読む)
とるにたらない事柄カラマーゾフの兄弟
いま、読んでいる本。ドストエフスキーの最後の長編小説。本屋さんでなんとなく買ってしまいました。かなり長いお話ですが、年内に読破します!たぶん。。。今まで読んできた中で、いちばん長い話なんじゃないかな。 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック