誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 街場のメディア論 (光文社新書)

街場のメディア論 (光文社新書) の商品情報

街場のメディア論 (光文社新書)
街場のメディア論 (光文社新書)を Amazon.co.jp で見る
街場のメディア論 (光文社新書)
内田 樹 (著者)


レーベル : 光文社
発売日 : 2010-08-17
ASIN : 4334035779

7 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

ヘリコプターからの映像を見ながら、ふと思うのは日本のリーダーの乗る車を射程に捉える映像に、もしがあれば、日本でのテロも簡単・・・。発狂メディアは現政権の次々と出てくる「御注進問題」にてんてこ舞いをさせ ... (続きを読む)
日本語の「配慮」には、他人を思い「汲んでやる」という謙譲の精神が溢れたものの意味が含まれているが、その「思い」も通じない人にとっては単に「譲歩」したという「勝ち負け」の判定として認識されてしまう・・・ ... (続きを読む)

<フジテレビ>「家族のうた」など視聴率不振の番組にてこ入れ示唆で、具体的にどうするんですか?そもそも、今のテレビ番組は、ジャンルを問わず、つまらなさすぎます。ニュース番組は、偏向報道の上に、グルメ番組 ... (続きを読む)
いちろうの第三の人生若者のキャリア
私は、大久保幸夫さんの「『筏下り』から『山登り』へ」というキャリアデザイン論が、好きです。以下は「キャリアデザイン入門」からの引用です。筏下りとは、初級キャリアのイメージを表すものである。筏下りは、下 ... (続きを読む)

リグアの日記街場のメディア論
 本書を「理想書店」で購入してiPad上で読もうか悩んでいた時昨日、本屋に立ち寄ったらちょうどこの本が目に入ってしまったので 思わず勢いで買ってしまった。ちなみに「理想書店」では本書を450円で販売し ... (続きを読む)
『街場のメディア論』内田樹(光文社新書)  本書で言われてることは、「しごくもっともな」ことである。さすが、人気の書き手、「メディアの寵児」である。しかし、これは、「大学の先生」の論理である。というこ ... (続きを読む)

HERMIT COMPLEX読書 「街場のメディア論」
私自身のモノの考え方の一つに、「物事は極端に(条件を振って)考えた方が分かりやすい」というのがあって、今回、内田樹の「街場のメディア論」を読みながら、同じようなモノの考え方をする人はいるもんだなぁ、と ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック