誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 心にナイフをしのばせて (文春文庫)

心にナイフをしのばせて (文春文庫) の商品情報

心にナイフをしのばせて (文春文庫)
心にナイフをしのばせて (文春文庫)を Amazon.co.jp で見る
心にナイフをしのばせて (文春文庫)
奥野 修司 (著者)


レーベル : 文藝春秋
ASIN : 4167753677

8 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

最近、父親の体調も悪いらしい。昨日も夜中に公園に向かうも、仕事で使用するナイフを忘れたので家に取りに帰る。すると、父親が仏壇の灯りをつけて母親の亡骸と一緒に眠っていた。その時は何とも思わなかったが、取 ... (続きを読む)
昨日の朝、フリージャーナリストである「野村 旗守」氏からメールが来た。先月会っているに、何故「今月もメシでもしませんか?」と誘ってきたのだろう。去年の9月に再会して以来、11月末と先月5日に会っている ... (続きを読む)

本書の紹介文で、被害者の首を切り落とした未成年だった犯人が、現在は法律事務所を経営する弁護士だというのを知ったので、やりきれなくて読んでなかった。しかしアマゾンのレビューで結局バッシングに遭い、少年A ... (続きを読む)
インタビュー記事を中心にリライトしている本が佳境に入っている。企画立案からインタビューを経てここにくるまで2年くらいかかった。リライトをはじめて、ようやく著者が言いたいこと、行きたい方向が分かってきた ... (続きを読む)

こんにちは、Nobeeです。さて、昨晩も午前2時半くらいまでに、「軍旗はためく下に」を読み終えました。戦争末期に南方で苦労された兵士の証言です。軍の規則、規律もあのジャングルの中では役に立たない。水や ... (続きを読む)
あやこの素心にナイフをしのばせて
約40年前、男子高校生が同級生に殺害された。その方法は凄惨極まりないもので、神戸児童連続殺傷事件の際に家庭裁判所が参考にしたと言われているほどである。本書は、被害者の家族の事件直後から現在に至るまでの ... (続きを読む)

◆傷と罪に対峙するということ。◆ 1969年におきた、15歳の少年による、同級生殺害事件の被害者を追ったルポ。 文庫化にあたって読んだのですが、単行本の時もノンフィクションとしてはなかなか良い売れ行き ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック