誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 新装版 竜馬がゆく (8) (文春文庫)

新装版 竜馬がゆく (8) (文春文庫) の商品情報

新装版 竜馬がゆく (8) (文春文庫)
新装版 竜馬がゆく (8) (文春文庫)を Amazon.co.jp で見る
新装版 竜馬がゆく (8) (文春文庫)
司馬 遼太郎 (著者)


レーベル : 文藝春秋
ASIN : 4167105748

6 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

ishikawasanのブログ竜馬がゆく(二)
土佐の武市半平太や長州の久坂玄瑞が登場します。武市が黒幕となり、土佐の吉田東洋の暗殺と竜馬が脱藩するまでが描かれています。二巻は歴史の流れとあまり関係のないエピソードが多かったように思います。竜馬がゆ ... (続きを読む)
竜馬がゆく〈8〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 筆者はこの小説を構想するにあたって、事をなす人間の条件というものを考えたかった。それを坂本竜馬という、田舎うまれの ... (続きを読む)

『古今東西、兵戦を用いず乱をおこさず、ただ国と民のためのみを思ってその政権を他に譲った例があったか。本朝にもなく、唐土にもなく、西洋にもない。 そのかつて無かった例を日本において開く名誉を徳川家はもた ... (続きを読む)
感慨深いなんて思っちゃいない。司馬さんのこの本を読んだ人ならば、竜馬を読む上で終わってしまう事の悲しさや暗殺がどうだったかってのをことこまかにぐじぐじ悲観めいて書くこと事態が本編から外れた事で、且つ竜 ... (続きを読む)

龍馬<5>流星篇 (集英社文庫)集英社 津本 陽 Amazonアソシエイト by 津本陽の「龍馬」全五巻を読み終わった。率直に、正直に言うと、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の方が断然おもしろい。時に ... (続きを読む)
読書の小記録◆2008年度 総まとめ◆
2008年3月からはじめた『読書の小記録』ブログ。何とか細々と続ける事が出来ました。一年の区切りとして、2008年度を振り返って、今も心に残る書籍を紹介します!◆◆心に残るビジネス書BEST3◆◆第1 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック