誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫) の商品情報

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)
新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)を Amazon.co.jp で見る
新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)
司馬 遼太郎 (著者)


レーベル : 文藝春秋
ASIN : 4167105675

40 users

過去最高ランク:

26 位 (2010/04/07)

最近:

2010/04/10 59
2010/04/11 84
2010/04/12 113
2010/04/13 147
2010/04/14 187
2010/04/17 118
2010/04/18 171

ピーク時:

2010/04/06 68
2010/04/07 26
2010/04/08 30
2010/04/09 38
2010/04/10 59
2010/04/11 84
2010/04/12 113

この商品を取り上げているウェブリブログ

ishikawasanのブログ竜馬がゆく(一)
八重の桜を見ていて、幕末の歴史小説を読み直してみたくなり、久しぶりに手に取りました。第1巻は竜馬が土佐の郷士として生まれ、利発な子ではないものの江戸で剣術を磨き、大器の片鱗を見せていく姿が、幕末の不穏 ... (続きを読む)
なぜ野菜のPRに坂本竜馬?それにしても期間が短いなー[カナロコ 2月6日(水)23時0分配信より]横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫に6日、高知県を“脱藩”してきた坂本竜馬像がお目見えした。高知県産野菜のP ... (続きを読む)

 高知県出身の文学者は多い。高知城近くにある高知県立文学館、その立派さだけを見ても、高知県人の文学への力の入れ方が良くわかる。 寺田寅彦も科学者というより文学者だ。芸術家として油絵を描き、チェロやバイ ... (続きを読む)
竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 久々に手にとった、私のバイブルのひとつ「竜馬がゆく」。何度読んでもおもしろく、熱くなる!(何度といっても、読むのは ... (続きを読む)

2月19日のレポートの続きです。もう少し歩くと「池田屋騒動跡」がありました。現在の池田屋は居酒屋になっているそうです。「池田屋事件」というのは、長州と土佐の尊王攘夷の志士たちがクーデターを計画し、それ ... (続きを読む)
酔って候<新装版> (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル" title="酔って候<新装版 ... (続きを読む)

初めて読んだ、長編歴史小説『竜馬がゆく』。長々と1年間かけて読み切りました。時間がかかったのは、面白くなかったからではなく、読み終わってしまうのが寂しかったかも司馬遼太郎の、まるで見て来たかのような語 ... (続きを読む)
国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:無用のことながら私の ...壮絶すぎる人間ドラマ ...人生に残る永遠の傑作 ...Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)

菜の花の沖〈2〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:嘉兵衛、持船船頭に? ...出会い淡路を飛び出し ...雄大な物語の背景描写 ...Amazonアソシエイト by 全6巻中の第2 ... (続きを読む)
明日(4/17)、アド街で「立会川」を特集するってことで、前から気になっていたお店を今さらながらチェックに行くことに龍馬ブームなので、多分それにちなんだスポットを中心に紹介するんだろうな。ま、歴史的な ... (続きを読む)

春休みも残りわずか。桜の見頃も今週あたり。いざ行かん!京都一度春の京都へ行ってみたかった。息子もまだ清水寺へは連れて行ってなかったからね。どうせ京都へ行くのだから、今が旬の“坂本龍馬”関係の場所も巡ろ ... (続きを読む)
龍馬〈1〉青雲篇 (集英社文庫)集英社 津本 陽 Amazonアソシエイト by この1年で司馬遼太郎の「竜馬がゆく」は2回読んだ。「竜馬がゆく」は、無人島に持っていきたい10冊のひとつである。(ただ ... (続きを読む)

脳科学も少し飽きたので、話題を変えましょう。世の中には天才と言うに相応しい人達がいる。司馬遼太郎さんの作品の中で、天才の筆頭に上げられるのは坂本竜馬だろう。彼の歴史上の功績に文句をつける人はあまりいな ... (続きを読む)
あなたもわたしも大好きな坂本竜馬の、一番基本のカタチ。この本読んだら、もっと好きになる!!!史実に最も忠実で、しかも竜馬の魅力の虜になれる。司馬さんが惚れこんだ男。竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)文藝春 ... (続きを読む)

明日も笑顔で竜馬がゆく  司馬遼太郎
司馬遼太郎さんの本は、我が家に沢山ありますが今まで読んだことはありませんでした。でも・・・・はまってしまいましたドラマの影響かもしれませんが、坂本竜馬・・・という人に興味が沸いたのです七巻まで読んで・ ... (続きを読む)
ミイの部屋 Myy's room龍馬かぶれの功罪
3連休には徳島に続き、高知まで足を延ばした。開放感のある広々とした街で好印象。折りしも大河ドラマが始まったばかりで、どこもかしこも坂本龍馬一色という風情だった。4年前の大河の主役だった山内一豊・千代夫 ... (続きを読む)

みみぞう日記龍馬伝
誰からも相手にされないアホボン然とした龍馬を、ただ一人注目し嫉妬する岩崎弥太郎。これが三菱財閥を作った人だと知り驚くと同時に納得。ルサンチマンが財閥を作るのか?香川照之の表情が強烈。なぜ福山雅治かと思 ... (続きを読む)
広島から色んなコト。龍馬伝。
か〜っ!!年が明けてしまいました!もう、飽きるほど 「あけおめ」を連発してきましたので、あえてここでは申しませんが、『明けまして、おめでとうございます!』ところで、今年の楽しみでありました龍馬伝が、い ... (続きを読む)

NHKの大河ドラマ「龍馬伝」がスタートし、今年は幕末、坂本龍馬ブームになりそうだ。もう、」龍馬に関するいろいろなイベントが企画されている。地元、高知県では「坂本龍馬ゆかりの地を巡るツアー」が大人気。鹿 ... (続きを読む)
HARU mam's enjoy blog 龍馬つながり
小学校高学年ぐらいの時に小学館や学研の学習まんがの偉人伝が大好きだったのでこずかいで一冊ずつ買っては読んでました。坂本龍馬―明治維新につくした志士 (学習漫画 日本の伝記)集英社 柳川 創造 Amaz ... (続きを読む)

Osaka Transport Network大河ドラマ「龍馬伝」
今回、大河ドラマ「龍馬伝」について、圧倒的に多かった感想は「岩崎弥太郎が正岡子規じゃん!」という指摘。これは、云いかえるとドラマ「坂の上の雲」で正岡子規を演じている香川照之さんが「龍馬伝」では、岩崎弥 ... (続きを読む)
昨年は大変な戦国ブームでした。歴女という、言葉も生まれ、これまであまり関心のなかった女性のみなさんが、戦国時代の武将に興味を示しゲームやグッズ、お城めぐり、映画、ドラマと戦国ものが人気になりました。N ... (続きを読む)

今年は噂の、すごく面白いと前評判のTVドラマが目白押し。TVを見る前に原作を読んでおくとまた1000倍楽しめる。寝る前の10分がお楽しみタイムに。ゲゲゲの女房実業之日本社 武良布枝 ユーザレビュー:奥 ... (続きを読む)
2009年12月15日15時8分Asahi.comより  伏見奉行所が京都所司代に出した寺田屋事件の報告書の写し。指先に「坂本龍馬」の文字がある=高知市、神山写す 幕末の志士・坂本龍馬が京都 ... (続きを読む)

ずっと軽く読める本を紹介してきたので、ここらで本好きな人へのご紹介。といっても難しい歴史書や専門書ではありません。NHKで「坂の上の雲」が始まりますが、私の大好きな作家司馬遼太郎さんをまだ知らない方が ... (続きを読む)
次のNHK大河ドラマが「龍馬伝」ということで原作ではないのですが、司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」を通勤中読んでいます。前から読んでいて何回読み返しているかわかりません。。幕末活躍した坂本龍馬の話です。 ... (続きを読む)

The 三日坊主坂本龍馬
昨今 歴女、歴士なる人たちが増えているそうでその人たちの足下にも及びませんがなにげに歴史は好きです。歴史に興味のない方に興味を少しでももって頂ければと思います坂本龍馬について今回は紹介です龍馬好き、フ ... (続きを読む)
最近、また「竜馬がゆく」を読みたくなったので読んでいます。これで何度目だったけな〜?7〜8回目くらいかな〜。。。初めて「竜馬がゆく」を、読んだのは高校2年生の冬だったと思います。自宅を6時に自転車で出 ... (続きを読む)

ここ数年、大河ドラマは戦国モノと幕末モノを交互に製作していますね。ということで、来年は幕末の”龍馬伝”長崎出身の福山雅治さんが、長崎に縁がある龍馬を演じるということで、観光客も増えそうだと、早くも旅行 ... (続きを読む)
だいぶ読書量も増えてきたので、ここいらでちょっくら整理を。今読んでいるのは、「竜馬がゆく」。それも、4巻目。「竜馬がゆく」は全8巻だから、もうすぐ半分になるわけだ。できれば中間テスト前に読み終えたいと ... (続きを読む)

散歩道竜馬がゆく
竜馬がゆくが好きです。最近始めて読みました。歴史モノは初めてだったのですが、あっというまに読んでしまいました。学生のとき、最初は歴史が好きだったのに、嫌いになってしまいました。なぜなら、覚えなければな ... (続きを読む)
日常と非日常。徳島の旅
瀬戸大橋を渡り、香川を縦断、徳島へ行きました。徳島は鳴門。うずしおの鳴門。近くで売っていた「鳴門金時アイス」は不思議な味でしたこの旅いちばんの目的は『大塚国立美術館』山ひとつがまるごとくり貫いて作られ ... (続きを読む)

いっぺーの世界一周ブログ読了
ついに竜馬がゆくを読了した。 1巻を読み始めたのは去年の夏ごろ。 約1年半の間少しずつ読み進めて、やっと最終巻を読み終わった。 なんとまあ壮大でかっこいい生き方なのか。 坂本竜馬が大好きになった。 読 ... (続きを読む)
坂本竜馬の命日 11月15日11月15日は竜馬の誕生日でもあります。誕生日に暗殺されました。33歳でした。竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)文藝春秋 司馬 遼太郎 ユーザレビュー:極上のストーリー名前 . ... (続きを読む)

2010年の大河ドラマ、坂本龍馬だと聞いてかなり期待しています。幕末モノ、だいすきなので。主役は、福山雅治さんに決まりましたね。龍馬・・・。ちょうどいま、「竜馬がゆく」を読んでいるのだけれど、当たり役 ... (続きを読む)
司馬遼太郎の名作 『竜馬がゆく』最初に読んだのは、高校生の時。2回目が、大学生の時。そして3回目が、自分で会社を立ち上げた時。司馬史観の中でも、肯定的な幕末の歴史感がたまらない。竜馬がゆく〈1〉 (文 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック