誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 悼む人

悼む人 の商品情報

悼む人
悼む人を Amazon.co.jp で見る
悼む人
天童 荒太 (著者)


レーベル : 文藝春秋
ASIN : 4163276408

37 users

過去最高ランク:

2 位 (2009/01/20)

最近:

2009/04/08 114
2009/04/09 158
2009/04/10 199
2009/04/12 121
2009/04/13 172
2009/09/13 152
2009/09/14 186

ピーク時:

2009/01/17 5
2009/01/18 3
2009/01/19 2
2009/01/20 2
2009/01/21 3
2009/01/22 7
2009/01/23 9

この商品を取り上げているウェブリブログ

note pad2013年の1冊目
2013/1/31冊目は『悼む人』悼む人文藝春秋 天童 荒太 Amazonアソシエイト by 2012年に読んだ本は21冊印象に残った本は『窓際のトットちゃん』今年は何冊読めるかな窓ぎわのトットちゃん ... (続きを読む)
天童荒太さんの直木賞受賞作「悼む人」が今秋向井理さん主演で舞台化されるそうです以前原作を読みましたが素晴らしかったですそれを何と向井理さんで舞台化なんて これは是非に見に行きたいです全国の主要地を回る ... (続きを読む)

好きなものブログ直木賞 2008-2010
第143回(2010年上半期)小さいおうち文藝春秋 中島 京子 Amazonアソシエイト by 第142回(2009年下半期)廃墟に乞う文藝春秋 佐々木 譲 Amazonアソシエイト by ほかならぬ ... (続きを読む)
ほん読みました。「悼む人」天童 荒太
面白かった。永遠の仔みたいな展開だったらどうしようかと思ったけど安心して読めた。しかし、どうなればハッピーエンドなのか考えさせられる。悼む人文藝春秋 天童 荒太 Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)

3ちゃんウロウロ介護日記『悼む人』
2000年に膠原病を発症して、自分の終わりをありありと実感してしまってから小説が読めなくなってしまいました。病室に持ち込んだ大好きだった司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』さえピタッと、全く、読み進まない。 ... (続きを読む)
最近本はAmazonでばかり買っていたので、あまり本屋に行きませんでした。近所に大きな本屋がないのと、通勤途中で下車してまで本屋に行かなくてもいいや。と思ってたからです。今日、数ヶ月ぶりに比較的大き目 ... (続きを読む)

読書の小記録悼む人/天童 荒太
おススメ度:★★★★☆No.1◆ピックアップ◆「その人は誰に愛されていましたか?誰を愛していましたか?どんなことをして人に感謝されましたか?」 私も死に直面したら「悼まれたい」と思うだろうか?出来れば ... (続きを読む)
  満足度 ★★★☆☆  全国を放浪し、死者を悼む旅を続ける坂築静人。  彼を巡り、夫を殺した女、 人間不信の雑誌記者、  末期癌の母らのドラマが繰り広げられる【天童 荒太】作品、始めて読みました。直 ... (続きを読む)

2009年9月12日(土)。さあ、青森県三沢市に出発です。2008年11月1日に東京世田谷美術館で太田裕美さんにお会いしてから10ヶ月あまりです。哀愁の漂う後ろ姿?深紅の相棒に乗って、いざ出陣です。あ ... (続きを読む)
むらたけ「悼む人」 天童荒太
天童荒太氏は『永遠の仔』以来。その当時、面白いと思ったのだが、頑なさに違和感があった。今回も同じ。ちょっとクサイ。主題は同意できるし、筆力も高い。でもね、私と合わないのかな。語り口だけだが。80点あげ ... (続きを読む)

■空蝉草紙■『悼む人』 by 天童荒太
悼む人と呼ばれる男がいる。彼は訪れ得る限りの日本全国の地を旅して廻り、全国不特定多数の「亡くなった場所」を訪れ、個人の縁者に「彼(彼女)が誰を愛し、誰に愛され、どう感謝されたか」をたずねて周るという。 ... (続きを読む)
同じ回に直木賞を受賞した『利休にたずねよ』がとってもよかったし、世評もよかったのでかなり期待して読んだのですが… あんまり面白くなかったです。 メインキャラの静人、薪野のエゴ全開の振る舞いだけでもかな ... (続きを読む)

天童荒太の「包帯クラブ」を昨日読み終わりました。天童荒太の作品は、「悼む人」から始まり、「永遠の仔」「家族狩り」を読んで、その重厚さに引き込まれました。読んだ作品を通じて感じるのは、テーマが「家族」と ... (続きを読む)
おっちゃんの備忘録悼む人
前に「永遠の仔」で精神的にやられたので、「嫌いじゃないけど〜嫌いじゃないけど〜キライじゃないけど、、」という感じで読んでませんでしたが、あ、「溢れる愛」とかなんとか言うのは読んだな、、とにかく久しぶり ... (続きを読む)

能面のような妻の顔を思い出しました。昨年6月頃、妻が「うつ病」を発症したころです。私自身、5月から「うつ病」を発症し、毎日部屋にこもり、布団をかぶって寝てばかりいた頃のことです。6月13日のことです。 ... (続きを読む)
ぐったりさんのつれづれ日記売り
みなさん、どうもぐったりですわたくしの趣味は色々ありますが一番お金がかかったのは、もちろんクラリネットなのですがここのところ、ガンガンお金が飛んでいってるのは読書ですどの位読むか・・・だいたい平均して ... (続きを読む)

Bookworm悼む人(天童荒太)
第140回直木賞受賞作。直木賞かぁ・・・。直木賞なんだよねぇ。う・・・むむむ。なんというかですね、決してツマラナイってことはないんですが、なんだか物足りないというかですね。”受賞作”ということで、「ど ... (続きを読む)
読書家の憂鬱悼む人
悼む人文藝春秋 天童 荒太 ユーザレビュー:循環する時間の中での ...静人への違和感より、 ...つまんねぇ〜 おいお ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ内容(「BOOK」データベ ... (続きを読む)

つぶやき。悼む人
悼む人 天童荒太読みました。あっという間に読み終わってしまいました。何がどう、話が進んでいくわけでもないのにとつとつと流れていって、それが「悼む人」によって変化していく。まるで静かな水面に一滴のしずく ... (続きを読む)
本屋さんが一番売りたい本に、湊かなえさんの「告白」が選ばれた。この本は、第29回小説推理新人賞を獲得した。また、「週刊文春」のミステリーベストテンの1位にランクされている。作者の湊かなえさんは1973 ... (続きを読む)

SATSUKIYA's weblog09/04/04
久々に酷い二日酔い。結局、昨日は、暖かくて、うどんという気分になれずに、昼食はカレー屋に行った。今週の顛末を話して聞かせた同僚が代わりに行き、「肉うどん、ありましたよ。美味かったです」とのこと。私のリ ... (続きを読む)
本ミシュラン悼む人 【天童荒太】
かなり期待して読んだが、期待を裏切らない内容。人間が生きて、死ぬという事を煮詰めると、こういう話になるような気がする。主人公は一人、粗末な格好で日本中を歩き回り、その土地土地でなくなった人を悼み、祈り ... (続きを読む)

ひかるは昭和40年の入社時、都会の人にだけは負けたくない、と言う一心で、自分なりの知恵を絞っていました。当時のテレビカメラはバカでかく、支える三脚は鉄の塊、ケーブルは、78芯で銅の束。それをカメラ台数 ... (続きを読む)
今日の立ち話「悼む人」 / 天童荒太
今、読み終えた。書くなら早いほうがいいだろう・・・と、PCを立ち上げた。何故なら、この余韻の中からあれこれ考え始めて、私はとんでも無いほうへ行ってしまうかもしれないし(笑)結果的には、私には良い本だっ ... (続きを読む)

腹いっぱいというか・・・2,3日前から宮部みゆきの「贈る物語 Terror みんな怖い話が大好き」を読み始めていた。宮部みゆきが選んだ物語。一度は聞いた事があるような・・そんな話もある。「猿の手」 一 ... (続きを読む)
Elinor's Forest本:「悼む人」
先日直木賞を受賞なさった天童荒太さんの「悼む人」、密度の濃い小説で読み応えがあり、文章の一つ一つをじっくりと読み終えました。あらすじをざっくり聞いたとき、これは私が最も読みたい本に違いないと直感して購 ... (続きを読む)

最近の○○賞って、なんか話題を集めるような作品ばっかりで、本気でじっくり読める、心を打つ作品が少なくなってきたな、、などと思ってましたが、この方の作品はどなたにも納得できる、本当に賞を受けるにふさわし ... (続きを読む)
MANAに感謝!市川拓司・恋愛写真
[小説] ブログ村キーワード第140回芥川賞・直木賞が15日(木)に発表されましたね。芥川賞は、津村記久子氏の『ポトスライムの舟』読んでみたいんですがこれは近日発売予定、まだ読めないか・・・直木賞に天 ... (続きを読む)

第140回、芥川賞、に津村記久子さん(30)の 「ポトスライムの舟」がが受賞した。受賞した津村さんは、大阪の出身、大谷大学卒。会社勤務をしながら小説を書き、05年に「君は永遠にそいつらより若い」で太宰 ... (続きを読む)
????Time天童荒太氏が直木賞受賞
昨日、芥川賞と直木賞の受賞作が発表されました。直木賞を受賞された天童荒太さんの作品は少し読んだことがあり、衝撃の作品だったのでよく記憶に残っています。今回の受賞作は「悼む人」という天童氏の最新作ですが ... (続きを読む)

ネットニュースを見たら、この作品が直木賞を取ってはりましたね。さもあらん、というところです。この本をこのタイミングで読んだのはたまたまですが(笑)タイムリーでしたね(笑)天童さんは、この物語を書くのに ... (続きを読む)
 1/5、第140回直木賞候補が発表になりました。ちなみに、第140回芥川賞についてはこちらを、前回(第139回)直木賞についてはこちらをどうぞ。 今回の直木賞候補作品は、以下のとおりです。・恩田 陸 ... (続きを読む)

今日の午前中は太陽も出て、温かくて気持いいですね〜♪明日からはもう師走だというのに、街中はまだまだ紅葉で、でもイルミネーションや店頭の飾りつけはクリスマス。 年々、季節感が麻痺していきますさてさて・・ ... (続きを読む)
キジ猫とらお  仙川日記猫の道
うちにある「猫の道」これは、実利的には和室と寝室を結んでいる猫が通り抜けできる道。でも偶然に出来たものなの。以前ここには、縦置きスキャナーの箱が置いてあったのだけど、事情があってしばらく別の場所で使っ ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック