誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. いのちなりけり

いのちなりけり の商品情報

いのちなりけり
いのちなりけりを Amazon.co.jp で見る
いのちなりけり
葉室 麟 (著者)


レーベル : 文藝春秋
ASIN : 4163272801

6 users

過去最高ランク:

41 位 (2009/01/11)

最近:

2009/01/11 41
2009/01/12 63
2009/01/13 75
2009/01/14 89
2009/01/15 120
2009/01/16 160
2009/01/17 170

ピーク時:

2009/01/06 88
2009/01/07 133
2009/01/08 171
2009/01/11 41
2009/01/12 63
2009/01/13 75
2009/01/14 89

この商品を取り上げているウェブリブログ

此処にそして彼方に後楽園
昨日、絵仲間と小石川後楽園内を散策した。直前まで雨が降る、とても不安定な天気であったが、入園料を払い、中に入るや不思議と天候が安定しだした。中国の庭園に比較すると随分とこじんまりとした庭園だと思うが、 ... (続きを読む)
   満足度  ★★★★★ 「何度生まれ変わろうとも、咲弥殿をお守りいたす」 上意討ちの命で、 最愛の妻の父を狙わねばならなかった男の赤心。 水戸藩と幕府の暗闘のさなか、引き裂かれた夫婦が再びめぐり合 ... (続きを読む)

ちょっと前に読んだ「花や散るらん」の前作。主人公夫婦の物語なんですが、後日談を先に読むって言うのはやっぱイカンな?;;;と、改めて実感しちゃいました。この夫婦が、すれ違いやら困難を乗り越えて目出度く結 ... (続きを読む)
時代劇が舞台の恋愛ものはどうしても悲壮感が漂う。自由恋愛じゃないもんね。でも、またそれがよい。面白かった。登場人物多くて、しかも名前が読みにくいから覚えにくくて、読み返すこともしばしば。いのちなりけり ... (続きを読む)

歴史に明るくないと楽しめないかな、と思いました。 前半部分のほとんどが説明に費やされていて、小説として楽しめるのは残り半分でした。 高校時代だったかな、水戸黄門は本当はあんなキャラじゃない、と言って話 ... (続きを読む)
 1/5、第140回直木賞候補が発表になりました。ちなみに、第140回芥川賞についてはこちらを、前回(第139回)直木賞についてはこちらをどうぞ。 今回の直木賞候補作品は、以下のとおりです。・恩田 陸 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック