誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) の商品情報

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を Amazon.co.jp で見る
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ・クリスティー (著者)

青木久惠 (翻訳)

レーベル : 早川書房
ASIN : 4151310800

11 users

過去最高ランク:

51 位 (2011/11/21)

最近:

2011/11/21 51
2011/11/22 63
2011/11/23 85
2011/11/24 104
2011/11/25 141
2011/11/26 162

ピーク時:

2011/11/21 51
2011/11/22 63
2011/11/23 85
2011/11/24 104
2011/11/25 141
2011/11/26 162

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

どうも、いくつかのテレビに過去出演したことがあるような人らしいが、私は知らない人だった。ただ、いくつかのBlogでその形跡を見つけた。どうも本人のWebサイトが更新されていた頃までは、テレビにいくつか ... (続きを読む)
みみぞう日記そして誰もいなくなった
あのイカに続くまさかの昆布、相棒の和泉監督らしい。いつも女優をきれいに撮るし、特に大地真央の美しさは目の保養。そこ割愛?と驚いたが、渡瀬恒彦への体力面への配慮があったのかな。脳内補完するしかないのか、 ... (続きを読む)

本国であるイギリスのみならず世界中で売れている女流推理作家と言えば「ミステリーの女王」ことアガサ・クリスティですが、これまでも彼女の産み出した名探偵エルキュール・ポアロが活躍する作品をはじめとして数多 ... (続きを読む)
作:アガサ・クリスティー訳:清水俊二ほかハヤカワ文庫結構ネタバレしてるので、未読の方は注意してください。背表紙が真っ赤なので、集めると本棚が赤くなる、クリスティー文庫。読んだ後に一番怖かったということ ... (続きを読む)

今年の1冊目(1/3)。アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」ハヤカワ文庫(2010年)★☆☆新訳で初めて読んだ。アマゾンのカスタマーレビューでの指摘もあるように、ライトノベル調の翻訳で読みやす ... (続きを読む)
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)早川書房 アガサ・クリスティー Amazonアソシエイト by その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の ... (続きを読む)

前にも何度か書いていますが、アガサ・クリスティーの「And then there were none」(そして誰もいなくなった)のオーディオブックを、最近また聞いています。And Then There ... (続きを読む)
職業、元本屋さん。ホラー×ミステリー
読書メーターで色々見ていたら、面白そうな本があったので読んで見ました。★作者不詳 ミステリ作家の読む本★三津田 信三作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上) (講談社文庫)講談社 2010-12-15 ... (続きを読む)

読書感想文の154回目のエントリーです。アガサ・クリスティー(2003)『そして誰もいなくなった』早川書房(クリスティー文庫80)367pp以前読んだ『麦の海に沈む果実』の中で主人公がクリスティーを読 ... (続きを読む)
久々に個人的に読んだ本のご紹介です^^つねに10冊くらい併読中の私ですが、さすがにミステリーは一気読みでした!スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)早川書房 アガサ クリスティー A ... (続きを読む)

著者:アガサ・クリスティー(青木久恵訳)出版:ハヤカワ文庫評価:☆☆☆ミステリの金字塔とも言われるほど有名な本作。あらすじは、互いに面識もなく、職業も様々な十人の男女が孤島に招き寄せられ、不気味な童謡 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック