誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))

長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1)) の商品情報

長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))
長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))を Amazon.co.jp で見る
長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))
レイモンド・チャンドラー (著者)

清水 俊二 (翻訳)

レーベル : 早川書房
ASIN : 4150704511

14 users

過去最高ランク:

36 位 (2017/02/28)

最近:

2017/03/25 80
2017/03/26 93
2017/03/27 99
2017/03/28 111
2017/03/29 62
2017/03/30 70
2017/03/31 76

ピーク時:

2017/02/28 36
2017/03/01 42
2017/03/02 40
2017/03/03 48
2017/03/04 57
2017/03/05 65
2017/03/06 81

この商品を取り上げているウェブリブログ

FAREWELL, MY LOVELY (1975)さらば微妙な映画化よ ハードボイルドは小説に限る原作はレイモンド・チャンドラーの名作ハードボイルド。こちらの原作レビューをどうぞ。http://pu ... (続きを読む)
ミステリ『長いお別れ』THE LONG GOODBYE 1954年 アメリカ レイモンド・チャンドラー著 清水俊二訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 1976年4月30日発行 2009年11月15日73刷20 ... (続きを読む)

FAREWELL, MY LOVELY (1940) Raymond Chandlerさらば愛しき女よ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-2))早川書房 レイモンド・チャンドラー Amazonアソ ... (続きを読む)
みみぞう日記ドラマ
ボーダーが面白くなってきた。よくみたら、SPのスタッフだった。野間口徹と浜田何とかのとっくりブラザーズが強烈、ダンディ課長も入れてスピンオフしてほしいなあ。MOZU木曜日はドラマの日なのか、別の日にし ... (続きを読む)

THE LONG GOODBYE(1954)Raymond Chandler長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))早川書房 レイモンド・チャンドラー Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)
読書感想文の192回目のエントリーです。レイモンド・チャンドラー<Raymond Chandler>(2007)『ロング・グッドバイ』早川書房579pp訳者の「これまでの人生で巡り合った最も重要な本の ... (続きを読む)

数日前にレイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」を読んだ。北方謙三を通じてのハードボイルドとの出会いは 閉塞・膠着・どん詰まりの涸れ井戸の底の住人にとって終の棲家を見つけたような光明であり癒しであり  ... (続きを読む)
kuro y mariのブログシェークスピアとか
チャンドラーの「長いお別れ」がもうすぐ読み終わります。ハムレットが出てきました。オフィリアの言葉を引用して、地方検事と新聞社の編集長が、応酬をしてました。日本人の大部分が、忠臣蔵やフーテンの寅さんを知 ... (続きを読む)

今日から再読を始めたけど、電車の中だけだったのでまだチャプター10です。でもおもしろいね?。各チャプターが短いのもいいのかも。とりあえず、不明な部分を少しずつ解決しながら、書評というか読書感想文につな ... (続きを読む)
薔薇の園菜の花畑に入日薄れ♪
  朧月夜      高野 辰之菜の花畑に 入日薄れ見わたす山の端 霞ふかし春風そよ吹く 空を見れば夕日かかりて 匂い淡し里わの火影も 森の色も田中の小径をたどる人も蛙の鳴くねも 鐘の音もさながら霞め ... (続きを読む)

ふり〜と〜く’09冬の映画鑑賞その1
先ほど、今日の公開初日の状況を書いたら凄まじい状況で若干長くなってしまったので、観賞感想をこちらで改めて。はい、さてでは「仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010」の感想を。D ... (続きを読む)
日々の中のささいなことオススメの本
私が出会った本の中で一番好きなのはTHE GREAT GATSBY(グレイトギャツビー)です。 作家はスコットフィッツジェラルドです。この時代の有名な作家としてはアーネストヘミングウェイがいます。一応 ... (続きを読む)

本日はいよいと治療!と思いましたが、その前に大切なことを忘れていました。それは、何故起きるか?です。一言で言うならば、中脳黒質でのDopamin産生の減少ということになります。これは、通常加齢とともに ... (続きを読む)
最近、東野圭吾さんにはまったついでに、外国の推理小説の古典を読みふけっています。このレイモンド・チャンドラーさんという方の作品、初めて読みました。アメリカで「ハードボイルド」タッチの作品をたくさん生み ... (続きを読む)


この商品に興味がある人は、こんな商品にも興味があります。

湖中の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 湖中の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫) さらば愛しき女よ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-2)) さらば愛しき女よ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-2))

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック