誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341)) の商品情報

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))
幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))を Amazon.co.jp で見る
幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))
アーサー・C・クラーク (著者)

福島 正実 (翻訳)

レーベル : 早川書房
ASIN : 4150103410

13 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

TOMKY's Note幼年期の終わり
アーサーCクラークの代表作(らしい)。人類が異星人とのファースト・コンタクトによって、政治的、産業的、さらに創作活動への意欲に大きな変化をもたらされる。そして、50年に渡る異星人(オーバーロード)によ ... (続きを読む)
Childhood's End(1953)Arthur C. Clarke幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))早川書房 アーサー・C・クラーク Amazonアソシエイト by 三島由紀夫も ... (続きを読む)

人生をかえる一冊を夜中に聴く。幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))早川書房 アーサー・C・クラーク Amazonアソシエイト by 地球幼年期の終わり (創元推理文庫)東京創元社 アーサー ... (続きを読む)
太陽で今世紀最大と言われる大フレアが発生し、3月8日に、そのフレアによる太陽嵐が、地球に到達した。太陽嵐は、地球周回軌道上の衛星などに影響し、GPSや通信に重大な障害がであるのではないかと言われていた ... (続きを読む)

銀の蔦 2株目『幼年期の終り』
「事態は決定的にわれわれに不利になっているだろう。われわれにも独立の時代があったことを記憶している者は、みな死んでしまう。人類は父祖から受け継いだものを忘れ去ってしまうのだ」<あらすじ>人類が宇宙に進 ... (続きを読む)
本屋でぶらついていたときに、帯に「いまこそ、読むべき 名作SF」と書いて置いてあって、「今なら読めるかも」と思って読んでみました。確か、最初にこの本を見たのは中学生のときの学校の図書館。その頃は、星新 ... (続きを読む)

異星人の宇宙船が地球の主要都市上空に停滞してから五十年。その間、異星人は人類にその姿を見せることなく、見事に地球管理を行なった。だが、多くの謎があった。宇宙人の真の目的は? 人類の未来は?――巨匠が異 ... (続きを読む)
映画『アバター』12月23日日劇などでロードショー公開。おーっ!?ついに!ついに公開か!!です。前評判はすごいね。あの『タイタニック』のジェームス・キャメロン監督だからね。どうなんだろ?全編CGで、3 ... (続きを読む)

2009年11月9日にこれを書いている20年前の今日は、東西ドイツを分岐していたベルリンの壁が崩壊した。人々が壁にシャベルを撃ちたて次々と西側に流れ込み官邸の高いバルコニーにコール首相が立ち、ハイドン ... (続きを読む)
2007年11月20日初版第一刷発行となっている。早川SF文庫版は当然持っていて、2、3回読んでいるクラークの代表作の一つ。新訳と言うことで買い直したものの、一応話は知ってるし・・・ということで例のご ... (続きを読む)

【『幼年期の終わり』 アーサー・C・クラーク 福島正美 訳】 ハヤカワ文庫 SFの巨匠、アーサー・C・クラークの名作。SF史上屈指の名作でもある。僕は基本SFはあまり読まない。けど、今ちょっと未来とか ... (続きを読む)
ばおばぶの夢幼年期の終り
作:アーサー・C・クラーク訳:福島 正実出版社:早川書店読んだ時期:2009年2月〜4月感想:一人で読んだ本。長かった・・・・アーサー・C・クラークそう、あの『2001年 宇宙の旅』の作者です。映画化 ... (続きを読む)

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))早川書房 アーサー・C・クラーク Amazonアソシエイト by ウェブリブログこれは、異星人(人類からオーバーロードと呼ばれる)に統治される近未来地球 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック