誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 八日目の蝉

八日目の蝉 の商品情報

八日目の蝉
八日目の蝉を Amazon.co.jp で見る
八日目の蝉
角田 光代 (著者)


レーベル : 中央公論新社
ASIN : 4120038165

21 users

過去最高ランク:

15 位 (2008/09/14)

最近:

2008/09/18 61
2008/09/19 98
2008/09/20 145
2008/09/21 192
2009/07/30 159
2009/07/31 178
2011/05/08 161

ピーク時:

2008/09/13 145
2008/09/14 15
2008/09/15 17
2008/09/16 29
2008/09/17 39
2008/09/18 61
2008/09/19 98

この商品を取り上げているウェブリブログ

【栞メモ】『きみはいい子』中脇初枝/ポプラ社きみはいい子 (一般書)ポプラ社 中脇 初枝 Amazonアソシエイト by 児童虐待を扱った連作短編集。全て同じ町での出来事で、新人教師、母親、子どもなど ... (続きを読む)
去年、おひとり様で観に行った映画です、、絶対泣くもんか!喜和子に同情なんてするもんか!家族をバラバラにしたんだから、、原作読んでます、、と、朝1番の回で観に行って、、もう泣いて泣いてボロボロになってし ... (続きを読む)

今年ゎまだかまだかと待たれていた蝉の声がようやく聞こえました♪夕方・・・かすかにですけどツクツクボウシの鳴き声が聞こえてきたんです。今月初め、江ノ島に行ったときゎもうたくさん鳴いていましたが・・・ku ... (続きを読む)
☆☆☆★− (10段階評価で 7)5月6日(金) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:00の回を鑑賞。解説: 誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベスト ... (続きを読む)

2011年4月29日 (金)公開映画『八日目の蝉』劇場無料鑑賞券+ポップコーン券、ペアチケットプレゼント!ご希望の方は、@作品名 『八日目の蝉』A住所 B氏名 C電話番号以上を明記の上、【heart ... (続きを読む)
うたたね日記
がらんどう。読んでいて、一番印象深い言葉だった。「心に残る」なんていう、耳障りの良いものなんかではなく。ざらりとした、それでいて深い創のような。希和子が?薫が?恵理奈が?千草が?…否。自分が、「がらん ... (続きを読む)

「八日目の蝉」は以前,NHKでドラマ化され,今回映画化されたということで興味があったので買って読みました.簡単にいうと,不倫したOLが不倫相手の赤ん坊を連れ出して,4年ほど連れまわすのが1章(第一部) ... (続きを読む)
これはいい小説なのかそうでないのか、いい小説とはどういうものなのか悩む。小さいコドモがいる身なので、どうしても楽しくは読めない。最後まで一気に読んだけど、これはいい小説なのか。楽しくはなかった。八日目 ... (続きを読む)

ローマにはたくさんの中華料理屋さんがあります。ピザや同様安くて、子連れや大人数でわいわい食べに行ってもお財布に優しいのでイタリア人には大人気です。というわけで、イタリア人によく「うちの近くの中華はおい ... (続きを読む)
八日目の蝉中央公論新社 角田 光代 Amazonアソシエイト by 「悪人」との対称性と、その意味するもの, 2008/8/19 ... (続きを読む)

私はかなりの本読みのほうだと思うのだが、この本にはなにやら敗北感を感じた。「王様のブランチ」のブックガイド200 (小学館101新書)小学館 松田 哲夫 ユーザレビュー:若い女性向けだけどあ ...待 ... (続きを読む)
まるんぽママののんびり生活八日目の蝉
【★★★★★】6か月から4歳まで赤ちゃんを誘拐した・された被害者加害者、とりまく人の話。八日目の蝉中央公論新社 角田 光代 ユーザレビュー:八日目の蝉を読み終え ...母性の強さと優しさに ...角田 ... (続きを読む)

風の歌を聴け「森に眠る魚」
角田光代「森に眠る魚」この本を図書館に予約したのは数ヶ月前でした。今日現在でもまだ54人の予約者が待っています。因みに今のダントツは「1Q84 BOOK 1」で606人です。「悼む人」が209人です。 ... (続きを読む)
角田光代さんの小説は人間の深層心理が非常に巧みに表現されていると思う。この『八日目の蝉』でも、幼少時代に誘拐された犯人を家族と自分を不幸にした張本人と憎悪を向ける一方で、記憶をたどっていくうちに自分を ... (続きを読む)

風花日記八日目の蝉
角野光代著の長編サスペンスです。この作品は第1章と第2章に分かれているのですが、物語は主人公の希和子が不倫相手の留守宅に忍び込み、衝動的に赤ん坊を連れ去ってしまうところから始まります。正直この身勝手な ... (続きを読む)
第1章を読むのに1カ月以上かかった。読み始めるととたんに胸が苦しくなってきて、1日に数頁読むのがやっとだった。こんなに苦しい思いをして読み進まなければならなかったのは僕だけなのだろうか。読むのつれ、自 ... (続きを読む)

読みました。ハル先輩、ありがとう《八日目の蝉/角田光代》【あらすじ】逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった―――角田光代が全力で ... (続きを読む)
さらさらっと書かれていてさらさらっと読めるのですが、私には結構ヘビーでした。 アイデンティティーの探求、というか、自己の存在を肯定するための人生を送る人々が胸に痛かった。 人間誰しも通る道なのかも知れ ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック