誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)

サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス) の商品情報

サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)
サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)を Amazon.co.jp で見る
サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)
タチアナ・ド ロネ (著者)

Tatiana de Rosnay (原著) 高見 浩 (翻訳)

レーベル : 新潮社
ASIN : 4105900838

11 users

過去最高ランク:

152 位 (2010/11/09)

最近:

2010/11/09 152
2010/11/10 164
2012/01/29 163

ピーク時:

2010/11/09 152
2010/11/10 164
2012/01/29 163

この商品を取り上げているウェブリブログ

YES夫が聞いてきた。
今朝 夫に聞かれました。「まだ お腹 変な感じするの?」今の状態は左右の傷の中あたりがチクチクしたり つれたり します。寝るときに 横向きになると お腹の中が つれます。よって 横向きで寝るのが好きな ... (続きを読む)
Sarah's KeyGriffin 2012-01-01 Tatiana de Rosnay Amazonアソシエイト by Elle S'Appelait Sarah (Le Livre de P ... (続きを読む)

みみぞう日記センス
尼崎事件のインテリアがひどくて、金を持っても成金にすらなれない人という印象。特にソドムの市を連想させるテーブルが怖い、あの部屋に違和感を感じない人はいないだろう。リトマス試験紙か。もし自分が監禁された ... (続きを読む)
rambling roseサラの鍵
夫と娘と共にパリに暮らすジャーナリストのジュリアは、自分達のアパートがかつて迫害されたユダヤ人家族のものだった事を知る・・。久々の満席。水曜レディス・デーだったにしても、ちょっと予想外でした。早めに行 ... (続きを読む)

ブタの貯金箱『サラの鍵』
原題:Elle s'appelait Sarah2010年/フランス/111分1942年7月、ドイツ占領下のフランスで、パリ警察が大規模なユダヤ人狩りを行なった。収容された場所―冬季競輪場―にちなんで ... (続きを読む)
原作を読んでいたので、物語そのものの感想は、ここで詳しくは述べませんが。『真実』を知ることの重みを感じさせる物語です。次世代に何かを繋いでゆくのは、生命そのものを繋ぐことでもあり、誰かが生きたことを、 ... (続きを読む)

年内の在宅仕事もひと段落した。気分転換に小説でも読もうと一昨日図書館にでかけてきた。評判の『『サラの鍵』(タチアナ・ド・ロネ著/高見浩訳 新潮社)を借りた。昨日から読み始めたら、止められなくなり、朝9 ... (続きを読む)
引き込まれるストーリー展開で、一気に読みながらもリセットという単語が頭をちらついた。いっそのことフランスどころか世界全体をリセットしてしまいたいほどの悲劇。でもリセットなんてことは現実には不可能で、恐 ... (続きを読む)

「キョンキョンの書評にハズレは無いわよ!」と、“読書会仲間のそのまた友人”から回ってきた本です。ユダヤ人迫害の真実が重ーーーくのしかかってきて何度読むのを止めようと思ったことか・・・でも、人生1度くら ... (続きを読む)
先週は映画満載の幸せな時間を過ごす。10/31まで六本木ヒルズで開催されていた第23回東京国際映画祭だ。数多くの映画が上映されるなか、昨年と同じ5本観ることにしよう!と、とりあえずの目標を決め、公開映 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック