誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. ソロモンの偽証 第I部 事件

ソロモンの偽証 第I部 事件 の商品情報

ソロモンの偽証 第I部 事件
ソロモンの偽証 第I部 事件を Amazon.co.jp で見る
ソロモンの偽証 第I部 事件
宮部 みゆき (著者)


レーベル : 新潮社
ASIN : 4103750103

14 users

過去最高ランク:

62 位 (2013/03/07)

最近:

2013/03/11 163
2013/03/12 196
2014/01/26 127
2014/01/27 156
2014/01/28 190
2014/02/08 138
2014/02/09 181

ピーク時:

2013/03/07 62
2013/03/08 76
2013/03/09 107
2013/03/10 131
2013/03/11 163
2013/03/12 196
2014/01/26 127

この商品を取り上げているウェブリブログ

みみぞう日記ソロモンの偽証
やっと録画しておいた映画を観た。長い。ずいぶん端折っていて、原作未読の人はちんぷんかんぷんだったのでは。柏木の家庭環境などもなくて残念。柏木みたいな要素を持った人間は時々いるのだけど、どうしようもない ... (続きを読む)
節電→読書三昧(予定)ソロモンの偽証1
読書感想文の528回目のエントリーです。宮部みゆき(2012)『ソロモンの偽証 第T部 事件』(シリーズ<ソロモンの事件>1)新潮社741pp 単行本(ハードカバー)版の<ソロモンの偽証>シリーズ(全 ... (続きを読む)

さー坊の日記晴歩雪読
今日は一日雪のようですね。予定では秩父市で中学校のミニ同窓会だったのですが、大雪になる予報でしたので、昨日のうちに中止と決まりました。昨日は少し寒かったものの風が無く、良い天気ででした。いつものウォー ... (続きを読む)
   宮部 みゆき = ソロモンの偽証 (第I部 事件)   クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した14歳。   彼の死を悼む声は小さかった。けど、噂は強力で、気がつけばあたしたちみんな、それに加担して ... (続きを読む)

宮部みゆきの『ソロモンの偽証 第1部 事件』(2012年8月刊)を読みました。BOOKデータによると、<クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した14歳。彼の死を悼む声は小さかった。けど、噂は強力で、気がつ ... (続きを読む)
2002年から書き始められた長大作。1部だけで700ページ以上。これが3部まである。読み始めはもわっとしていてどうなる事かと思ったが、どんどんひきつけられる。舞台は中学校。登校拒否生徒が雪の朝死体で発 ... (続きを読む)

図書館の予約が多い本だったので読んでみたのですが…。第一印象。長い。1冊だけでもかなりのボリュームにも関わらず、それが3冊!ちょっと読んでみようという軽い気持ちや、電車の中でさらっと読んでみよう。とい ... (続きを読む)
全国の書店員さんなどが選ぶ、一番売りたい本を投票で決める「本屋大賞」の今年のノミネート作11冊が現在発表になっている。大賞結果発表は4月9日(火)。ノミネート作品11冊(五十音順)海賊とよばれた男 上 ... (続きを読む)

一つの落下「事故」から始まった悪意と犠牲の連鎖が、大きなうねりとなって中学校を飲み込んでいく。子どもたちは、親たちは、大人たちは、学校は、マスコミは事件をどう捉え、どう捌き、裁くのか……。 大作も大作 ... (続きを読む)
いや〜分厚かったですね〜!・・・って、イキナリの感想がそれかい!って感じですが(笑)だって本当にボリュームがあって、図書館で手にした時は慄きましたもん。それに、実は第T部と第U部を同時に受け取ったので ... (続きを読む)

宮部みゆきさんの 「ソロモンの偽証」 第1部 事件 を読みました。図書館で借りているのですが、正直、この本を見たときこの本の厚さにひきました。ものすごく厚いの。すごいですよ、本当に。でもでも、読み始め ... (続きを読む)
「ソロモンの偽証 第I部 事件」宮部みゆき著(新潮社 1890円)【書籍・書評】NEWSポストセブン2012年9月18日 掲載 <無力な大人たちには、もう任せておけない>「ソロモンの偽証(第1部) 事 ... (続きを読む)

今度(2012年8月)の宮部みゆき氏の新作の‘ソロモンの偽証’は全3冊からなる現代ミステリー巨編です。第1冊目の‘ソロモンの偽証 第T部 事件’の舞台は公立の中学校です。「事件」は、舞台となった中学校 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック