誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 異邦人 (新潮文庫)

異邦人 (新潮文庫) の商品情報

異邦人 (新潮文庫)
異邦人 (新潮文庫)を Amazon.co.jp で見る
異邦人 (新潮文庫)
カミュ (著者)

窪田 啓作 (翻訳)

レーベル : 新潮社
ASIN : 4102114017

15 users

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

メディアに忖度して貰える政党は、党首の怪しい国籍も「差別や排外」とかへともっていって、潔さの姿が全くない。そして「悪き前例」で逃げ切らなくてはならないとは、都合の悪い人が大勢いるを疑わせて・・・。自民 ... (続きを読む)
[第465回] 高山シリーズ第4回≪9≫東山遊歩道(11)  飛騨三十三観音霊場 第5番宝樹山 善応寺(ぜんのうじ) (曹洞宗)↑ 善応寺 本堂。手前にかなり古くなった木札が左右に貼られており、右後ろ ... (続きを読む)

自分が、「世の中」との違和感を感じ始めたのは多分、「高校生」に進学した以降だと思う。それまでは、ある意味で「世の中」は、確実に自分が中心に存在しているように感じていた。逆に、そんな「世界」に疲れて自分 ... (続きを読む)
久々に、天候が回復する。だけど、「気分」は変わらない。「父」に気分転換と嘘をついて、昼過ぎに自転車で買い物に出かける。「父」も、賛成して送り出してくれる。コンビニのバイトの女の子に話かけられるのさえ、 ... (続きを読む)

最近、2020年の「東京オリンピック」招致活動や、「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)」等で、『オール・ジャパン』という言葉が頻繁に使用されている気がする。一方で、2回目の『3.11』が近づ ... (続きを読む)
自然の摂理にせよ不可避の宿命にせよ、実現主義が示すように人間がいつか死ぬべき存在であることは『現状の倫理の前提』になっている部分はあります。それでも現代の平和で豊かな時代で生きる私たち人間は、『理不尽 ... (続きを読む)

Is a life bed of roses?カミュの『異邦人』
異邦人 (新潮文庫)新潮社 カミュ Amazonアソシエイト by 本棚のお掃除をしていたら、出てきました。いつ購入したのか、読んだのか思い出せず、自分がどんな感想を持ったのかも思い出せなかったため、 ... (続きを読む)
Orimuh武勇伝異邦人
またもフランス文学。 アルベール・カミュ「異邦人」 フランス植民地時代のアルジェリアで暮らす主人公ムルソーの母親が養老院でなくなったことから物語が始まる。 特に悲しみに暮れる様子もなく、次の日には女友 ... (続きを読む)

★カミュはKGBに暗殺された、イタリア人学者が論文【8月10日 AFP】1960年に自動車事故により46歳の若さで亡くなったフランスの小説家、アルベール・カミュ(Albert Camus)は、旧ソ連の ... (続きを読む)
日記 異邦人(アルベール・カミュ)
  今日は調子に乗って読書感想文と行きませうw風邪から回復した患者がいきなり躁病罹ってる感じかな(笑) 知ってるかな? 「今日、ママンが死んだ。。。」で始まる小説w おなじみのウキペディアの力を発揮し ... (続きを読む)

kuro y mariのブログ「異邦人」
ようやく追いつきました。現代日本の犯罪者の心理のひとつに近いのではないかと思いました。発表の時代にはセンセーショナルだったかもしれないけど、今読んだら意外と違和感もつ人が少ないのでは・・・って気がしま ... (続きを読む)
【ジャン・ポール・サルトル】1905?1980年。フランスの文学者・哲学者。第二次大戦中、対独抵抗運動に参加。戦後、実存主義を唱道、雑誌「現代」を主宰、のち一時期共産主義思想に近づき、毛沢東などにも同 ... (続きを読む)

 ムルソーは、通夜の為二日間の休暇を願い出たが、主人が不機嫌な様子だったので、「私のせいではないんです」と言い訳をした。「私のせいではない」というこの言葉は、この物語の重要な主題であり物語を進めていく ... (続きを読む)
 「異邦人」ということが、ひところ言われたが、この言葉はどこからきたか? その前に学生時代、私の知り合いにこの字を「イボクジン」と読んだアホがいたので一応読みを書いておいた。 さて、「異邦人」とは外 ... (続きを読む)

潮入の池のほとりに風が吹きヤブカンゾウの花が揺れていた。ここは都会のオアシス、浜離宮。都内の江戸庭園では唯一現存する海水の池がある。この大泉水がアメリカともつながっているかと思うと、不思議な気がする。 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック