誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)

超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫) の商品情報

超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)
超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)を Amazon.co.jp で見る
超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)
東野 圭吾 (著者)


レーベル : 新潮社
ASIN : 4101395225

7 users

過去最高ランク:

193 位 (2009/12/19)

最近:

2009/12/19 193

ピーク時:

2009/12/19 193

この商品を取り上げているウェブリブログ

星の本棚超・殺人事件 / 東野圭吾
★★★新刊小説の書評に悩む書評家のもとに届けられた、奇妙な機械「ショヒョックス」。どんな小説に対してもたちどころに書評を作成するこの機械が、推理小説界を一変させる―。発表時、現実の出版界を震撼させた「 ... (続きを読む)
推理作家を主人公とした7編から成る短編集。タイトルで「殺人事件」と謳ってはいるが、必ずしも実際に殺人事件が起きる訳ではなく、ユーモアに重きを置いた作品が収録されている。面白い。笑える。凄い人だ、東野圭 ... (続きを読む)

 本作は、サブタイトルにもあるように、推理作家の苦悩を描いたコメディタッチの短編集です。 ネタがなくて無理やり捻り出したり、必死に税金対策したり、その場しのぎで連載していたら辻褄合わせが大変だったりと ... (続きを読む)
東野圭吾ブームで、書店では全作を面だししてますねえ。で、和泉さん的には、加賀刑事は東山君イメージだったので、ドラマは見てません。だって、原作描写で「年齢実績より若く、刑事らしくない」とのことでしたから ... (続きを読む)

さてさて、今回はなぜこの本をご紹介しようと思ったのか、いまいちわかりません。いつも、なんとなくその場のノリでご紹介する本を決めていましたが、今回はノリとかですらないようです。今回ご紹介するのは、東野圭 ... (続きを読む)
東野圭吾のいずれも頭に「超」がつく8本の短篇小説集。この人の幅の広さと言うのは、こう言う作品からもわかるんだよねさすがに、長編のように、張り巡らされた意図とか、伏線が一杯の作品と言うわけじゃないし、最 ... (続きを読む)

つれづれ帳超・殺人事件【本】
東野 圭吾(著)個人的にはちょっと苦手かも、という感想。本は楽しく読みたいのです。本を題材に”裏”を書いているのはおもしろいと頭ではわかっても入り込めない。「超」ブラックユーモアで書かれているのだから ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック