誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. ツナグ (新潮文庫)

ツナグ (新潮文庫) の商品情報

ツナグ (新潮文庫)
ツナグ (新潮文庫)を Amazon.co.jp で見る
ツナグ (新潮文庫)
辻村 深月 (著者)


レーベル : 新潮社
発売日 : 2012-08-27
ASIN : 4101388814

11 users

過去最高ランク:

88 位 (2015/05/23)

最近:

2015/05/25 106
2015/05/26 123
2015/05/27 127
2015/05/28 130
2015/05/29 140
2015/05/30 153
2015/05/31 175

ピーク時:

2015/05/23 88
2015/05/24 100
2015/05/25 106
2015/05/26 123
2015/05/27 127
2015/05/28 130
2015/05/29 140

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

辻村深月は初めて手にした作家でした。明日の読書会の課題図書なので読んだのです。映画化にもなっていたので、DVDを借りてきた観てみました。原作と映画を比べてしまうと、やはり、本の方が深い感動と示唆に富む ... (続きを読む)
昨日、車屋へ行った時に隣でお供えの準備をしていました。何のお供え?ご先祖様へ?と聞くと、「地盤」と言われたので、どこか新しく始まる工事現場用のよう。そこの土地の神様へなのでしょうか。それにしてもこうい ... (続きを読む)

第十六章「解決編」の前にこんなシートがあります(笑)◎僕たちが忘れてしまった、あの日死んだ 僕のクラスメートの名前を教えてください。 角田春子◎どうしてそう考えたのかを教えてください。 ホストの精神世 ... (続きを読む)
遅ればせながら・・・映画 『ツナグ』をみました。御園と嵐の話。これには色々解釈が分かれるようで、気になってみなさんの感想など調べてみたのですが、どれもピンとこずそもそも御園が事故にあった時間や場所が明 ... (続きを読む)

邦画大好きツナグ(2012)
死者と一度だけ会わせることが出来る存在「ツナグ」。その能力を祖母(樹木希林)から引き継ごうとしている高校生(松坂桃李)は祖母の見習いで何組家の再会に立ち会い、その役割を引き継ごうと決心する。辻村深月の ... (続きを読む)
ブログ何回も引っ越ししてあーでもないこーでもないってやってここにたどり着いたわけだけどここ面白い色んな人のブログ読めるし元気玉時々もらえるし。。これめっちゃ励みになるよねそう普通の専業主婦。。何書こう ... (続きを読む)

D'RAGBAGLOG新刊の表紙できたよ
24日の新刊(BASARAで東西オカン本)の表紙ができました。当日はオールジャンル(CL名古屋・E40・テイルズスペース)の方にいますが、せっかく恐惶謹言尾張も同日同会場(パンフも共通なのでオールジャ ... (続きを読む)
TVで樹木希林?(字が違ったら失礼)がコメントした時は内容にほとんど触れなかったので、よくわからなかった内容ですが、観てきて納得、原作もあるのだと後で分かりました。内容とは関係ないのですが、私はこの主 ... (続きを読む)

FREE TIME映画「ツナグ」
映画「ツナグ」を鑑賞しました。この映画は、死んだ者と生きる者の再会を仲介する使者・ツナグの見習いを努める高校生が、さまざまな依頼者の姿を目の当たりにして成長する姿を追う作品。ストーリーは、生きている者 ... (続きを読む)
休肝日希望ツナグ
読む読む。金曜日は試写会。ありがとう、FBSさん。ツナグ (新潮文庫)新潮社辻村 深月ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)

ツナグ (新潮文庫)新潮社 2012-08-27 辻村 深月 Amazonアソシエイト by ”ツナグ”辻村深月著 新潮文庫(2012/08/27発売)(2010年10月発売 新潮社単行本の文庫版)一 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択



» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック