誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫)

僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫) の商品情報

僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫)
僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫)を Amazon.co.jp で見る
僕はいかにして指揮者になったのか (新潮文庫)
佐渡 裕 (著者)


レーベル : 新潮社
ASIN : 4101335915

6 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

日本でも知られているブザンソン国際若手指揮者コンクールで、決勝まで進出した齋藤友香里さんですが、優勝は逃したと報じられています指揮者登竜門:斎藤友香理さん優勝逃す…仏国際コンクール小澤征爾さんらを輩出 ... (続きを読む)
金沢屋旅館は加茂湖に面している。と言ってもぼくの部屋は2階なのだが同じ旅館の屋根が邪魔になってぼくの部屋からは見えない。この日は日曜日だったのだが、いつもの5時に目が覚めてしまい、なかなかその後は眠れ ... (続きを読む)

JO談   カツカレー
早速始まった。安倍新総裁、高級カツカレーにネット非難をご参照あれ。だれがどこで何を食べようがいいじゃないか。「華麗に勝つ」と験を担いで、カツカレーを食べました・・・という小さなコラム、エピソードの紹介 ... (続きを読む)
指揮者の国際コンクールといえば、「のだめカンタービレ」を頭に思い浮かべる人も多いかと思います小澤征爾が優勝したことで知られるブザンソン指揮者コンクールで、垣内悠希さん(33歳)が優勝したと報道されてい ... (続きを読む)

カラヤンは形式美の追求、バーンスタインは内容(世界観・人生観など)の追求かなあ。佐渡の話によると、彼が作曲した「ウェスト・サイド・ストーリー」にはクラシック音楽の要素が随所に入っているという。一例とし ... (続きを読む)
佐渡 裕さん。正直いってこの本を読むまであんまりどんな人か知らなかったが、面白うそうな関西のおっさんですな。そして京都人らしい、ちょっとした気どりがありますね。みなさん頑張ってますね。僕はいかにして指 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック