誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. レインツリーの国 (新潮文庫)

レインツリーの国 (新潮文庫) の商品情報

レインツリーの国 (新潮文庫)
レインツリーの国 (新潮文庫)を Amazon.co.jp で見る
レインツリーの国 (新潮文庫)
有川 浩 (著者)


レーベル : 新潮社
ASIN : 4101276315

13 users

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

「レインツリーの国」が先日(11月21日)公開された。映像の世界では、玉森裕太主演になっていた。女の子の役は西内まりや。先日の鶴瓶の家族に乾杯に出ていてすてきな方でした。原作を読んだのは2009年12 ... (続きを読む)
Stanza ignotaレインツリーの国/有川浩
レインツリーの国 (新潮文庫)新潮社 有川 浩 Amazonアソシエイト by きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う。心が揺れる。でも、会うことはできません。ごめんな ... (続きを読む)

レインツリーの国 (新潮文庫)新潮社 有川 浩 Amazonアソシエイト by きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。共通の趣味を持つ二人が接近するのに、それほど時間はかからなか ... (続きを読む)
先週の半ばに息子が結膜炎で学校を一週間休ませろと言われまして、赤ちゃんの時以来、久々に息子とべったり状態が続きました。久しぶりだけど、何かなあ・・・。赤ちゃんは小さいから一緒にいても苦痛にならないんだ ... (続きを読む)

Junの物欲備忘録買った小説(2011/7/10)
図書館内乱で登場した小説を著者みずから小説化したもの。レインツリーの国 (新潮文庫 あ 62-1)新潮社 有川 浩 Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)
 十年前に読んだ小説の結末をふと思い出した向坂伸行。その作品の感想サイトを巡っていたところ、「レインツリーの国」というブログサイトに出会う。管理人「ひとみ」の考え方や言葉の使い方に、感銘と共感をもった ... (続きを読む)

有川浩さんの「レインツリーの国」読みました。感想です。【内容紹介】あなたを想う気持ちに嘘はない。でも、会うことはできません。ごめんなさい。きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。俺 ... (続きを読む)
著者:有川浩出版年:2006年9月出版社:新潮社「図書館シリーズ」第2弾の『図書館内乱』の中で、『レインツリーの国』という書籍が登場するが、本書はその実物、という仕組みになっていますきっかけは「忘れら ... (続きを読む)

図書館でずっとまってた本の順番が来た。いわゆるライトノベルとかいわれる作品のひとつ。これが、とても面白かった。本屋に行くと、その作家の文庫を見つけたので購入。「レインツリーの国」有川浩読み始めてすぐ「 ... (続きを読む)
内容は聴覚が不自由な女性と健常者の男性の恋愛もの。基本的には苦手な分野だが、シンプルに丁寧に描かれていてなかなか良かった。ただはまったのは導入部。二人の出会いのきっかけになる本「フェアリーゲーム」。こ ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択





» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック