誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 重力ピエロ (新潮文庫)

重力ピエロ (新潮文庫) の商品情報

重力ピエロ (新潮文庫)
重力ピエロ (新潮文庫)を Amazon.co.jp で見る
重力ピエロ (新潮文庫)
伊坂 幸太郎 (著者)


レーベル : 新潮社
ASIN : 4101250235

40 users

過去最高ランク:

111 位 (2009/06/05)

最近:

2009/03/06 172
2009/06/05 111
2009/06/06 152
2009/08/02 125
2009/08/03 160
2009/09/20 135
2009/09/21 181

ピーク時:

2009/03/05 114
2009/03/06 172
2009/06/05 111
2009/06/06 152
2009/08/02 125
2009/08/03 160
2009/09/20 135

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

お久しぶりです。最近夜はめっきり涼しくなってきて寒いぐらいありますね。昨日は早々に羽毛布団を干しましたww本はたくさん読んでいるのですがここに書くのが追いついてません・・・。伊坂幸太郎さんを夫がたくさ ... (続きを読む)
のんびりまったり今読んでいる本
重力ピエロ (新潮文庫)新潮社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by 今さら感がありますがはまってます。他の作品も読んでみようかな。 ... (続きを読む)

●重力ピエロ●伊坂幸太郎●新潮文庫●485ページ●2003年●内容(「BOOK」データベースより)・・・兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった・・・その記憶を ... (続きを読む)
月ノ浦執務室○ 重力ピエロ
 もし映画鑑賞が好きなら、映画より先に原作を読むのは損、なのかもしれない。「重力ピエロ」、同名小説を原作とする邦画。兄・加瀬亮、弟・岡田将生の兄弟と、その両親、家族の絆の話。決して無条件に暖かい話では ... (続きを読む)

なんだか最近のCMの半分以上がACジャパンですよね〜( ̄Д ̄;;やっぱり地震で被災した人のことを考えて普通のCMは避けているのでしょうかね〜?私は別にACのCM嫌いじゃないんですけどねwww↑むしろ結 ... (続きを読む)
與磨の雑記帳『重力ピエロ』
今日読み終えました。とても素晴らしい作品です!!!重力ピエロ (新潮文庫)新潮社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by <簡単なあらすじ>主人公の泉水と弟の春。仲の良い家族、兄弟が抱える暗いあ ... (続きを読む)

たまちゃんやねん愛しています
私が愛するのはひとつだけ。なんてことは言いません。だって世の中素晴らしいものが多すぎます。愛するものが多すぎる。その中の1つが、日本語です。今日は友人と一緒にご飯を食べたんですが、「毎日ブログ書いてん ... (続きを読む)
天切りカズ 闇がたり「重力ピエロ」
新潮文庫 平成18年7月1日発行 平成21年4月5日29刷 ¥629<著者:伊坂幸太郎>1971年千葉県生まれ ’95年東北大学法学部卒 2000年「オーデュボンの祈り」(新潮ミステリー倶楽部賞)’0 ... (続きを読む)

My Favorite Books重力ピエロ
こんちは?  最近何かと忙しくてなかなか書くことが出来ませんが、頑張って続けたいと思いま?すこれもだいぶ前に読みました。伊坂幸太郎の本で2番目によんだかな? この人の本は登場人物が、他の小説に出て ... (続きを読む)
Takahide's Blog春が二階から落ちてきた
で、始まり終わる、伊坂幸太郎の『重力ピエロ』を出張の電車の中で読み終えました。重力ピエロ (新潮文庫)新潮社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by ベストミステリーに載っていた、『死神の精度』 ... (続きを読む)

こんばんわ。コンビニ弁当をキレイな状態で持って帰れないチャーリーです。なんか知らんけど、絶対傾いて中のおかずとご飯がぐちゃぐちゃになるんよなぁ〜11月に入り、珍しくもこのハイペースな更新まさに寒くなっ ... (続きを読む)
ぷちたびから帰って、お疲れモードだったので本を読むエネルギーが切れてしまった。と言いつつ・・・重力ピエロ (新潮文庫)新潮社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ温室デイズ ( ... (続きを読む)

Fancy a cup of tea?週末読んだ本
重力ピエロ (新潮文庫)新潮社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ実は初・伊坂幸太郎。「重力ピエロ」こんなに売れているのに、何故今まで読んでいなかったのか。映画にもなっている ... (続きを読む)
まっさんち映画 『重力ピエロ』
こちらも伊坂幸太郎原作の同名小説。初めて読んだ伊坂さんの作品がこれなので、ちょっと印象が強い。こちらは結構原作に近いんじゃないかな。何とも切なくてやりきれない感じが良かった。小日向さんの若い頃の姿が・ ... (続きを読む)

あさつゆ『重力ピエロ』脚本家のお話
雑誌を読んでいたら伊坂幸太郎氏の『重力ピエロ』の映画の企画・脚本を手がけた脚本家の話が出ていた。相沢友子さん。ミュージシャンから女優、脚本家に転身したそうだ。レコード会社とも、所属会社とも契約が切れて ... (続きを読む)
mcmaster blog伊坂幸太郎「重力ピエロ」
先日「重力ピエロ」の映画を見たので、久々に原作を読み直している。前回読んだのは単行本だったが、今回は文庫版である。兄の「泉水」、弟の「春」。グラフィティアートと連続放火事件をめぐる物語の中で明らかにな ... (続きを読む)

moyu's junk box映画「重力ピエロ」
伊坂幸太郎のベストセラー小説の映画化。伊坂作品は小説でゴールデン・スランバーを読んだことがあるだけだけれど、なんとなく二作共通して、すっきりとしない余韻が残った感じ。好きか嫌いか分かれる気もするけど、 ... (続きを読む)
徒然日記。重力ピエロ
毎度の事ながらイラストと全く関係ありませんが、『重力ピエロ』の映画を見に行くことになりました伊坂幸太郎さんが原作の映画なのですがレビューなどでも結構高評価なので楽しみですv伊坂さんの作品では『魔王』と ... (続きを読む)

伊坂幸太郎原作の映画、「重力ピエロ」を見てきました。いや〜なかなか良かったです♪原作のキレイな描写や、登場人物の雰囲気をどうやってあらわすんだろうと思ってたけど、すごいバッチリでした。小説、原作の雰囲 ... (続きを読む)
Blog重力ピエロ
監督森 淳一、主演加瀬 亮、岡田 将生、出演小日向 文世、鈴木 京香、吉高 由里子、岡田 義徳、渡部 篤郎の映画『重力ピエロ』を観てきました。・内容「春が、二階から落ちてきた。」のセリフで始まる、「家 ... (続きを読む)

(ゆるく,ネタバレあり)伊坂幸太郎原作のミステリー小説の映画化。「フィッシュストーリー」に続き伊坂氏原作。今回も原作は読んでいないので,あくまで映画版での感想である。重いな〜というのが観ている間の正直 ... (続きを読む)
重力ピエロ気になる。そしたら、たまたま ちょーーど 深夜にテレビで映画の放送があった。『鴨とアヒルのコインロッカー』これは巡りあわせか?!っていったら、大げさか(笑)宣伝の戦略ですね。>まんまとはまっ ... (続きを読む)

母役を演じた莉江子(鈴木京香)が幼き泉水を“やさいのうた”を歌いながらベビーカーを押したシーンは仙台市青葉区の八木山(松波町)にある。映画の中でも家族に関わる重要な一場面なのだが、私にとっても思い出深 ... (続きを読む)
なんくるシネマそろそろ・・・
ここ最近、映画を観ていない・・・。と、いうことに気づいた。観たい映画はたくさんあるのに、何となく気持ちがついていかず、先延ばし。しかし、これではいかん!やはり、“映画愛”を語るのであれば、映画を観ない ... (続きを読む)

GO!重力ピエロ
ちょうど「重力ピエロ」が先行上映されている地域に住んでいるので、せっかくなので見に行ってきました。内容はちょっと重いけど、何より家族の絆がすごく大切に描かれてて良かったです。同じ原作者の作品で「アヒル ... (続きを読む)
遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、仲の良い普通の兄弟だ。優しい父と三人で、平穏に、そして陽気に暮らしている。だが、この家族には春の出生に関わる哀しい“過去”があった ... (続きを読む)

本作品の原作は読んでいないし、伊坂幸太郎作品では『アヒルと鴨のコインロッカー』を読んだきりで、「ちょっと合わないタイプの作家かも」と思ったりゃんひさです。ですので、的外れかもしれませんが、レビューいた ... (続きを読む)
重力ピエロ (新潮文庫)新潮社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ伊坂ワールドにどっぷりの私が再読した作品が重力ピエロです。いよいよ仙台を舞台にした映画が公開するので、慌てて ... (続きを読む)

日々雑事 - タイトルなし -
気が滅入るようなことばかり。気分転換に本屋へ行ってきました。何を読もうかと迷った末に重力ピエロまだ読み始めでちょっと怖い感じだけど、話題になってたし、映画化されてるってこともあって読み始めています。折 ... (続きを読む)
伊坂幸太郎作品を初めて読んだのが「重力ピエロ」で、これがまたまた映画化。キャスティングは「いいんでないかい」と言う、稀に見る期待値のデカさだ。兄の泉水を加瀬 亮、弟の春を岡田将生って、ビジュアル的にも ... (続きを読む)

ここのところ、どの報道番組でも連呼される「未曾有の不景気」に打撃を大いに被っている販売って言う仕事をしていると、いわゆる所の「沈欝な気分」と言うやつに支配されそうになる。離職率の高い若者が「自分のした ... (続きを読む)
また、重力ピエロとはなんぞや?と思いながら読み始めたトコロ、つかみは、大オッケー。探偵、張り込み、ストーカーに犯人探し。コレは、ミステリーなんだろうか?サスペンスなんだろうか?家族愛がテーマ?それとも ... (続きを読む)

伊坂幸太郎のミステリー小説を初めて読んでみましたが、軽快で読みやすいウィットの効いた文章と個性的な登場人物の取り交わす哲学的な会話が印象に残る作品で、『性』と『生』の悲愴感溢れる相関を照射しながら進む ... (続きを読む)
だまされたと思って読んでみてください、何かしらの衝撃はあるはずです。ラッシュライフ (新潮文庫)新潮社 伊坂 幸太郎 ユーザレビュー:神の手連続バラバラ殺 ...Here Comes ...時間軸にい ... (続きを読む)

いろいろな感想をざっくり書いてみます。・昨日のめちゃイケ。岡村と松岡修造、そしてつくねに爆笑。まだ全部見てないので明日HDDで見たい。それにしても2週間(しかも突き指)であの動きって。それでいて芸人さ ... (続きを読む)
【「重力ピエロ」 伊坂幸太郎】 新潮文庫 石田衣良が直木賞の選考委員になったとき、「僕は伊坂幸太郎に直木賞を獲らせたかった」と言っていた。そのときの直木賞は誰が受賞したのかわからないけど、本書を読んで ... (続きを読む)

ほんのり重力ピエロ [伊坂幸太郎]
2008年本屋大賞受賞作家 伊坂幸太郎重力ピエロ伊坂 幸太郎「ゴールデンスランバー」で2008年本屋大賞を受賞した伊坂幸太郎の作品です。内容としては、ミステリーというよりも家族小説家族小説といっても、 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択



» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック