誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) の商品情報

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)を Amazon.co.jp で見る
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
司馬 遼太郎 (著者)


レーベル : 新潮社
ASIN : 4101152128

13 users

過去最高ランク:

14 位 (2017/08/30)

最近:

2017/10/19 159
2017/10/20 162
2017/10/21 167
2017/10/22 174
2017/10/23 183
2017/10/24 190
2017/10/25 197

ピーク時:

2017/08/30 14
2017/08/31 19
2017/09/01 23
2017/09/02 30
2017/09/03 34
2017/09/04 39
2017/09/05 19

この商品を取り上げているウェブリブログ

   お!?   今日は晴れるのかな??    今朝は☆少々   寝坊しちゃいましたよ〜〜    何故か?というと    こちらの 『 関ヶ原 』 を   深夜に観ちゃったからで・・・ (笑)    ... (続きを読む)
 夏の邦画のなかでは大作の部類に入るのが『関ヶ原』でしょう。司馬遼太郎原作小説を映画化したのでしょうが、そもそもこの作品は映画化に適しているのだろうか。 東軍西軍合わせると登場人物が異常に多く、詳しく ... (続きを読む)

☆☆☆☆− (10段階評価で 8)8月29日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:45の回を鑑賞。見どころ:小説家・司馬遼太郎の著書を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映 ... (続きを読む)
前のブログから実に約8ヶ月も間が空いたのは・・・色々ハードな事が立て続けにあってブログ更新をする気力がなくなっていた訳で・・・そして今日多分一番キツクなる日ではないかと思われるので・・・敢えてここで更 ... (続きを読む)

風吹く荒野をのんびりと【感想】関ヶ原
司馬遼太郎・著のベストセラー小説を読み終わりました。2017年8月26日に映画「関ヶ原」が公開されることになっていますがこの映画実は観に行こうと思っているんですよね。映画「関ヶ原」公式サイトhttp: ... (続きを読む)
覇王の家〈下〉 (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 下巻は、信長の死後、家康と秀吉が対峙する長久手の戦いがほとんど。むしろ、戦い後からいきなり最終章で家康の最期になってい ... (続きを読む)

人を呼ぶ法則 (幻冬舎新書)幻冬舎 堺屋 太一 Amazonアソシエイト by 土井英司のビジネスブックマラソンでオススメの本。堺屋太一といえば、小泉内閣の経済企画庁長官、というイメージしかなかった。 ... (続きを読む)
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 関ヶ原の戦いを描いた物語だが、実際の関ヶ原での戦いの場面はわずか。言い換えれば、関ヶ原の戦いとは、東軍の徳川家康と、西軍 ... (続きを読む)

 実はちょっと前から、ツィッターを始めまして・・・ つぶやくジャンルは、まあこのブログと同じようなものなのですが、リンクはさせておりません。 従って、ブログネームもツィッターのユーザーネームも分けてお ... (続きを読む)
今週も『江』のお時間です。あらすじ・・・・・江(上野樹里)は、2人の娘と平穏な日々を過ごしていたが、上方では家康(北大路欣也)と三成(萩原聖人)の間に不穏な空気が漂い始めていた。不安を募らせた江は、秀 ... (続きを読む)

running-art-shocking「関が原」上巻
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)新潮社 司馬 遼太郎 Amazonアソシエイト by 上巻を読みました。さこにゃん愛読書と読み始めましたが、やっぱり面白くないです。はじめは読みやすいし、おもしろかったですが ... (続きを読む)
日常雑記おおたににゃんぶ。
大人気のひこにゃんに便乗(?)して島さこにゃんというキャラがいます。戦国武将、島左近がモデルです。そして左近の主人、三成もみつにゃんというキャラになっています。更に更に最近知ったのですが三成の親友にし ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック