誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 点と線 (新潮文庫)

点と線 (新潮文庫) の商品情報

点と線 (新潮文庫)
点と線 (新潮文庫)を Amazon.co.jp で見る
点と線 (新潮文庫)
松本 清張 (著者)


レーベル : 新潮社
ASIN : 4101109184

8 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

 珍しく夜間開館していたので寄ってみた(9/16)。いつぶりだ? あれ?五年前?? そんなご無沙汰だったか。迷うわけだw。 「六大絵師の競演」たって、行ってみたらほとんど広重の《東海道五拾三次》じゃん ... (続きを読む)
cameraboyのブログ(Biglobe版)松本清張 点と線
エッセイとノウハウ本ばかり読んでいて、小説を読むとやはり面白い。今なら、携帯電話ですぐに連絡がつく時代。この本が書かれた時代は、電報で問合せる時代。新幹線もなく、航空機の利用もそれほどには普及していな ... (続きを読む)

最近高級オーディオの雑誌を見て値段のばかばかしさに悲鳴を上げるとともに興味を抑えられない82式です。ケーブル1m10万とか、レコードのカートリッジだけで30万とか世界が違う・・・ようやく大雪も融けてき ... (続きを読む)
こんな本があったんですね。お二人の大・大ファンの私が、オススメの本。新聞に出ていたので早速買って読んでみました。清張さんの緻密さ、重厚さと邦子さんの情念あふれる人間描写がこの1冊で読めるなんて、なんて ... (続きを読む)

先日、新幹線の中で、「ゼロの焦点」を読んだら、最後まで読みきれなかったという話を記事にした。今日はその続編。上京する新幹線の中でこの本を読んだ。点と線 (新潮文庫)新潮社 松本 清張 ユーザレビュー: ... (続きを読む)
それは、植物なのか人間なのか…土からぬけだして徘徊 叫びを聞いたものは…   分厚い本を開くと、エッチングの挿絵。 何も無い荒野のようである。白黒の絵なのに何故か夜と知れる。月でも出てい ... (続きを読む)

伝説 伝承といった物には、不思議なものが多くある。  分厚い本を開くと、エッチングの挿絵。何も無い荒野のようである。白黒の絵なのに何故か夜と知れる。月でも出ていたのだろううか。地面に生えた植物が中央に ... (続きを読む)
松本清張点と線1958年に刊行されたベストセラー作品。いまでこそ当たり前となったトラベルミステリの先駆けだが、僅かな手がかりを繋ぎ合わせて鉄壁のアリバイを崩してゆく流れは十分に楽しめるもの。ジェットコ ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック