誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 金閣寺 (新潮文庫)

金閣寺 (新潮文庫) の商品情報

金閣寺 (新潮文庫) 金閣寺 (新潮文庫)を Amazon.co.jp で見る 金閣寺 (新潮文庫)
三島 由紀夫 (著者)


レーベル : 新潮社
ASIN : 4101050082

17 users

過去最高ランク:

185 位 (2011/01/22)

最近:

2011/01/22 185

ピーク時:

2011/01/22 185

この商品を取り上げているウェブリブログ

韓国の人気女流作家申京淑が三島由紀夫の小説「憂国」から盗作した、と指摘された問題で、ようやくその事実を認める発言をしたと報じられています【社説】申京淑の盗作問題…文学出版界、このままではいけない小説家 ... (続きを読む)
邦画大好き炎上(1958)
昭和十九年、父の遺書を携えて「駿閣寺」を訪れた青年(市川雷蔵)は、老師(中村雁治郎)の許可を得てそこに修行僧として住むことになった。かねてより、吃りにどうしようもない劣等感を感じていた彼は、変わること ... (続きを読む)

 先日仁和寺で桜の撮影をした時、スマホで写真の編集をする際にどこか暗めのところがないかな(陽の光がジャマで画面がよく見えない)と思ったところ、あそっか、トイレの個室があるじゃないか、とちょっと籠もった ... (続きを読む)
■ 「力強い訓練心強く感じた」  「文化財防火デー」の26日、山陰各地で国宝や重要文化財の建物を火災から守ろうと、放水訓練や消火設備の点検などが行われ、万一の事態に備えた。  国宝・本殿が平成の大遷宮 ... (続きを読む)

esora「金閣寺」読了
「金閣寺」 三島由紀夫 著。1950年、金閣寺放火事件をテーマにした作品。ひとつひとつの描写がくどくてねじれた感じで息がつまりそうになった。けれど、だんだんとそれが心地よくもあり、美しくも思えた。金閣 ... (続きを読む)
yasukoのブログ今朝は肌寒い
今朝は6月の空で曇っている。雨の予報であるが、今のところ降ってはいない。相変わらず私は寒い。冬のジャケットを羽織っている。11時ころには三島の日大に、ニューヨークからの学生さんをお迎えに行く。対面式が ... (続きを読む)

京都にある金閣寺はかつて全焼し復元されたものです。そのため、国宝や重要文化財でも無いそうです。三島由紀夫の‘金閣寺’は実際におきた金閣寺の放火事件をモチーフにして書かれた小説です。この小説は人間の情動 ... (続きを読む)
Show the ショウ金閣寺
三島由紀夫の「金閣寺」金閣寺放火事件をモチーフにして、放火した溝口養賢の一人称で語られる。金閣寺の美に囚われ、師匠の所業や友人の自殺の経緯を知るにつれ、美を象徴する金閣寺に恨みをいだき、放火へと進む・ ... (続きを読む)

今年も元気に「何でも読書会」を続けて行きますので、どうぞよろしくお願いいたします飛び入り参加も大歓迎☆お気軽にお立ち寄り下さい♪(直近では・・1月21(金)2月4(金)・・【隔週金曜日】で開催中。 ... (続きを読む)
ほんださんのご紹介本「ユリイカ」の猫特集2010年11月号を見ましてぃ〜コチラの本は即っ読むべき処方箋だぁ〜ん☆彡とっビビッと来ましたん\(^・^)先ほど初めて「アマゾン」で書籍をブログ・サイト内から ... (続きを読む)

 1970年の今日、11月25日は作家の三島由紀夫が自衛隊の市ヶ谷駐屯地(東京都新宿区)で演説で自衛隊の決起を呼びかけた後に割腹自殺をした日です。         市ヶ谷駐屯地での演説・三島由紀夫 本 ... (続きを読む)
一日一編「ラディゲの死」 三島由紀夫
金閣寺 (新潮文庫)新潮社三島 由紀夫ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)

【三島由紀夫が見た折口信夫の顔】写真はヒトの顔をいちおうの外観をわりと忠実に記録、するといえども、ある言葉の前には完全に無力である。…と、思わされたのが三島由紀夫の言葉である。Wikipedia で折 ... (続きを読む)
薔薇と歌とハムスター金閣寺
やっと読みました!この有名な 三島由紀夫 だね薔薇園のある鎌倉文学館に三島由紀夫の自筆原稿があるんだけどあまりの字の美しさにびっくりしたのよ文体も音楽を聴くような美しさ日本語ってこんなに綺麗な言葉なの ... (続きを読む)

1年間の活動を振り返って 〇〇高等学校 インターアクトクラブ顧問教師 昨年、平成20年6月8日に本校は、国際ロータリー第2710地区(山口県)第31回インターアクト次年度指導者研修会を引き受けました。 ... (続きを読む)
物語の最後で、タバコを一服するシーンがあり、それが本当に気持ちよさそうに吸うらしい。という話を聞いて読み始めたのがこの本。『金閣寺 / 三島由紀夫』内容のほうはコンプレックス。挫折。美。23歳の男は、 ... (続きを読む)

くっすんの旅ブログ金閣寺
皆様、新年あけましておめでとうございます。 年末年始、京都の実家に帰ってました。 で、京都・奈良と名跡めぐりをしてきました。 そのほとんどが、世界遺産に指定されてる名跡ばかりなので、 どうぞ、ご堪能く ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択
» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック