誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 漂砂のうたう

漂砂のうたう の商品情報

漂砂のうたう
漂砂のうたうを Amazon.co.jp で見る
漂砂のうたう
木内 昇 (著者)


レーベル : 集英社
ASIN : 4087713733

9 users

過去最高ランク:

5 位 (2011/01/18)

最近:

2011/01/28 28
2011/01/29 40
2011/01/30 60
2011/01/31 80
2011/02/01 104
2011/02/02 142
2011/02/03 178

ピーク時:

2011/01/18 5
2011/01/19 7
2011/01/20 8
2011/01/21 12
2011/01/22 18
2011/01/23 26
2011/01/24 29

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

   木内 昇 = 漂砂のうたう      明治10年。根津遊廓に生きた人々を描く長編   ご一新から十年。御家人の次男坊だった定九郎は、出自を隠し根津遊郭で働いている。    花魁、遣手、男衆たち… ... (続きを読む)
第144回直木賞受賞作。芥川賞とは相性が悪いんですが、直木賞との相性はなかなかヨロシイ私。そんな訳で、早速読んでみました。初読み作家さんです。というか、直木賞受賞で初めてお名前を知った作家さんでした。 ... (続きを読む)

少し落ち着きましたね、アカデミー賞よりもすごい(?)二つの賞のふたりずつの作品の紹介。お祭り気分で本の売り上げを伸ばそうと言う出版界のこんたんが見え隠れ。審査員に受けても、広く一般に親しまれる作品とは ... (続きを読む)
情報の2011年1月18日(火)朝刊、毎日新聞社会面の記事によると第144回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が2011年1月17日、東京・築地の新喜楽でひらかれ、芥川賞は朝吹真理子さんの ... (続きを読む)

漂砂のうたう評価☆☆☆☆ 木内昇 集英社昨日決まった直木賞受賞作「漂砂のうたう」。タイトルが難しい作品で、「のうたう」がなんとも。内容はかなり通好みでして、舞台は明治9年〜10年の東京・根津の遊郭。西 ... (続きを読む)
残すところと数ページというところで直木賞受賞を知りました。 面白かったです。 あらすじもジャンルも知らずに読み始め、これは廓の話?いや、廓に勤める男衆(おとこし)の話?と転々と思ったのですが、これは怪 ... (続きを読む)

みさっちゃんのおぼえがき直木賞
木内昇さん(43)の『漂砂のうたう』道尾秀介さんの『月と蟹』の2作品が直木賞だって。漂砂のうたう集英社 木内 昇 Amazonアソシエイト by 月と蟹文藝春秋 道尾 秀介 Amazonアソシエイト ... (続きを読む)
直木賞が決まりましたね。またダブル受賞と言うことで…。木内昇さんの「漂砂のうたう」(集英社)道尾秀介さんの「月と蟹」(文藝春秋)の2冊です。じつは「漂砂のうたう」は手元にあるんですが、どうも読みにくく ... (続きを読む)

平成23年もまた思うんですが、年に一度の発表が普通の文学賞だと思うんですが、直木賞と芥川賞はなぜ半年ごとなんでしょう?毎回5冊ずつ突然、選ばれて、という運び方もなんかモノ的すぎて…。いい作品を選びたい ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択



» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック