誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 終末のフール (集英社文庫)

終末のフール (集英社文庫) の商品情報

終末のフール (集英社文庫)
終末のフール (集英社文庫)を Amazon.co.jp で見る
終末のフール (集英社文庫)
伊坂 幸太郎 (著者)


レーベル : 集英社
ASIN : 4087464431

22 users

過去最高ランク:

51 位 (2009/07/14)

最近:

2009/07/14 51
2009/07/15 59
2009/07/16 72
2009/07/17 97
2009/07/18 132
2009/07/19 159
2009/09/05 175

ピーク時:

2009/07/13 130
2009/07/14 51
2009/07/15 59
2009/07/16 72
2009/07/17 97
2009/07/18 132
2009/07/19 159

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

 さて、株価が少し動き出しました。今年はダメだろうと見切りをつけ、1,2ヶ月前に売った株がほとんど例外なく上がっています。その一例が三井住友建設です。50円前後で仕込んだ株がほとんど上がらないので、売 ... (続きを読む)
 前回の続きです。今までは、株で大きく儲けるという投資家が多かったと思います。これからも、そのようなタイプの投資家が多いでしょう。しかし、株は堅実な方法が一番です。それは、経営のしっかりした企業に投資 ... (続きを読む)

終末のフール(伊坂幸太郎)を読み終えた。この小説は、8年後に小惑星が衝突し、人類が滅亡すると予告されてから5年が過ぎた仙台市が舞台となっている当初は略奪や暴行が横行し、皆はどこかへ逃げようとしていた。 ... (続きを読む)
道草びよりこの世の終わりを考える
ついこの間、「終末のフール」という本を読み終えて思ったこと。8年後に地球が滅亡すると知った人々の5年後の話...つまり地球滅亡3年前の話。なんだか数字がやたら並ぶと難しいこと書いてるみたいな気になるち ... (続きを読む)

 あと8年で地球が滅亡すると宣言され、5年が経過した世界。未来がなく、絶望しかない中で、残りの日々をどう過ごすか。本作は、そんな世界で生きる人々を描いた短編集です。 表題作「終末のフール」をはじめ、全 ... (続きを読む)
2010年1月26日発売予定のスキマスイッチ「さいごのひ」PVフル視聴。ピアノの音色からはじまる、壮大な(テーマを感じる)バラード。『つけっぱなしのテレビはまた 子供が犠牲になったという…♪』という歌 ... (続きを読む)

みみぞう日記終末のフール 伊坂幸太郎
この暴力的な暑さは何?洗濯物を干しただけで、皮膚に痛みすら感じるではないか。あんまり暑くてこの世の終わりを感じたので、この本を読んで涼しさを感じたくなった。伊坂幸太郎作品はどの季節を描いても、どこか涼 ... (続きを読む)
Project-D終末のフール。
伊坂幸太郎さんの「終末のフール」を読みました。8年後に小惑星がぶつかって、地球滅亡。そんなことが起こったら…というお話し。8つの短編集ですが、それぞれの人間模様は繋がっていて、ひとつの世界のお話しです ... (続きを読む)

宇宙科学の天体運動の予測により、8年後に地球に小惑星が衝突することが分かったという前提でSFチックな物語が展開する。地球滅亡のカウントダウンを告げるニュースがテレビ・新聞を占拠すると、多くの人々は日常 ... (続きを読む)
またもや、連作短編集のフリをした長編かもしれない。地球に小惑星が衝突して、人類が滅亡するんですって!その日を迎えるまでの、小市民の話なんだけども...なかなかに、どれも、エエ話です。出版社..集英社/ ... (続きを読む)

Ruin Net『終末のフール』
終末、その時。終末のフール (集英社文庫) (文庫) 伊坂 幸太郎 (著) 2XXX年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後。犯罪がはびこり、秩序は崩壊した混乱の中、仙台市北 ... (続きを読む)
本日(12/22)の夜に日本テレビ系列で、‘2012年人類滅亡か?’というどこかの古代文明の予言検証とも何かの映画の宣伝ともつかないような特番を放映されていました。この日テレの番組によれば、小惑星が地 ... (続きを読む)

机上の月些細な一言
最近、実用書とか堅い雑誌とか、資格試験向けの本をよく読んでいました。読んでいたというより、眺めていたに近いんですが。そんな日々の後、好きな作家の小説を読もうかと、ページをめくると、「Today is ... (続きを読む)
映画公園僕日記終末のフール
終末のフール (集英社文庫)集英社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ舞台は作者おなじみの仙台。地球最期の日が3年後に迫ったある日、同じマンションの住人たちを主人公にそれぞれ ... (続きを読む)

伊坂幸太郎の「終末のフール」を読んでいる間、漫画の「最終兵器彼女」と、現在も今年のBEST:1を譲らないコーマック・マッカーシーの「ザ・ロード」が浮かんでしょうがなかった。読み比べると言うのではなく、 ... (続きを読む)
話題作・お気に入りの本終末のフール
地球滅亡まであと3年。残された時の中で人々は誰を想い、何を願うのか?仙台の団地を舞台に、家族の絆や人間関係の本質を描いた、心にしみわたる8つの物語。終末のフール (集英社文庫)集英社 伊坂 幸太郎 ユ ... (続きを読む)

ANNAこと。KONNAコト。読書覚え書き
お気に入りの伊坂幸太郎の本を見つけたので早速購入。終末のフール (集英社文庫)集英社 伊坂幸太郎 ユーザレビュー:奇抜な設定とオーソド ...終末のフール三年後、 ...どうにも舞台設定が気 ...A ... (続きを読む)
徒然日記。製作中
最近小さい絵しか描いてなかったので完成したらギャラリーの方に載せますvでももうすぐテストなのでこれ仕上げたら更新はしばらくお休みします終末のフール (集英社文庫)集英社 伊坂幸太郎 ユーザレビュー:無 ... (続きを読む)

内容(「BOOK」データベースより)八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタ ... (続きを読む)
HappyFrogsCompanyパスポート申請!
昨日のお休みに、8月の末に、久しぶりに海外旅行に行くためにパスポートの申請にいってきました一週間くらいでできてくるそうです。相方と待ち合わせをしていたので、申請した後、待ち合わせまで時間があったので、 ... (続きを読む)

虫の読書日記今週読んだ本(6/21〜6/27)
あー、まいったまいった、今週ずーとPCの調子悪くてさ、一部のソフトが立ち上がらなかったり、変な動作したりしてたよ。特にひどいのがメール。今週は会社のPCで自分のメール見てたよ。そのうえ時間がなくて直し ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択



» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック