誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 中国経済 あやうい本質 (集英社新書)

中国経済 あやうい本質 (集英社新書) の商品情報

中国経済 あやうい本質 (集英社新書)
中国経済 あやうい本質 (集英社新書)を Amazon.co.jp で見る
中国経済 あやうい本質 (集英社新書)
浜 矩子 (著者)


レーベル : 集英社
発売日 : 2012-03-16
ASIN : 4087206351

14 users

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

中国経済を通じて、世界経済を理解する本。「足の長い通貨と懐の深い金融。この両者が整ってこそ、カネは天下を上手く回るのである」■浜矩子http://bs.doshisha.ac.jp/prof/hama ... (続きを読む)
前庭疾患により、頭が傾いてしまったチビ原発避難犬のチビは、16歳を超えている。福島で野良だった推定年齢3歳で拾われた。老犬によくあるという前庭疾患に2月前にかかり、頭の傾きも戻ってきたと思っていたとこ ... (続きを読む)

日本の対中投資半減=韓国に抜かれる―上半期そうですか。別に、さしたる感銘も受けませんね。日本企業の中国撤退が増えている以上、投資額が大きく減少するなんて自明の理じゃありませんか。そして、経済面で中国へ ... (続きを読む)
日本企業の中国撤退が加速、中国で生産は「時代遅れ」に・・「日本人は頭サビてるのか?」「日本企業だけじゃなく・・」―中国ネット危ないからだよ…。確かに巨大な中国市場は、ビジネスの視点で見れば魅力的です。 ... (続きを読む)

「世界の工場」から転落間近の中国製造業、80年代の米国に酷似―米誌ある意味、なるべくしてなったという所ですか。今の中国を正確に言うと、世界の下請け工場ですね。コストの安い労働力を求めて、外国から資本が ... (続きを読む)
浜矩子氏:アベノミクスは浦島太郎の経済学だVideoNewインタビューズ (2013年01月26日) アベノミクスは浦島太郎の経済学だインタビュー:浜 矩子氏(同志社大学大学院ビジネス研究科教授) 公 ... (続きを読む)

日本も中国も開戦の準備を進めている、緊張が極限に達した尖閣―中国メディア日本はしてません。備えはしてますが、他国との戦争に備えているわけではありません。国家として、固有の領土、領海、領空を守るための備 ... (続きを読む)
日本人は中国の未来をいかにみているか?―中国メディア自国のバブル崩壊リスクは、どう見てるのかね?読んでいると、天井知らずに中国経済が躍進する事を、前提にしていますけど、どこにそんな保証があるんですかね ... (続きを読む)

中国市場捨てれば、日本の老衰が早まる」 ユニクロ柳井社長、政治的発言始めるですが、中国から撤退しないと、いつまでも中国のご機嫌をうかがわないと、ビジネスができませんよ。そもそも、話し合いで解決できる問 ... (続きを読む)
日本企業、中国から撤退する可能性高まる―中国メディアそりゃ、撤退するでしょうな。反日デモを起こすだけでなく、暴徒化するような国の市場に、何の魅力があるのでしょうか?撤退すべきですよ。定期的に、暴動が起 ... (続きを読む)

<尖閣問題>日本経済はたちまち困窮、これが中国に盾突いた結果だ―中国国営メディア相変わらず、俺様なメディアですよね。中国の国営メディアは。確かに、中国におけるシェアは落ちましたけど、それ以前に、世界各 ... (続きを読む)
日中関係の冷え込み、本当に“痛い”のはどちらか―中国メディア強烈な痛手にはなりませんよ。今の日本の最優先事項は、デフレ不況からの脱却です。そちらが、解決に向かえば、自然と内需が復活していき、中国との関 ... (続きを読む)

中国は危険領域に入りつつある=バブル崩壊の可能性で日銀副総裁前からですけど…。既に、インフレ率は危険水準で、庶民の生活も苦しくなっており、格差も広がる一方。しかし、ここでインフレ対策をしたら、経済への ... (続きを読む)
四☆月読み中国経済あやうい本質
浜 矩子 著集英社新書635A 2012本屋さんで購入しました。この頃の中国製品の流入の多さにやはり、中国ってすごいと思うのですがこの本のタイトルは、ちょっぴり違うようなニュアンスがあったので気になり ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック