誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 発達障害の子どもたち (講談社現代新書)

発達障害の子どもたち (講談社現代新書) の商品情報

発達障害の子どもたち (講談社現代新書)
発達障害の子どもたち (講談社現代新書)を Amazon.co.jp で見る
発達障害の子どもたち (講談社現代新書)
杉山 登志郎 (著者)


レーベル : 講談社
ASIN : 4062800403

25 users

過去最高ランク:

13 位 (2008/08/25)

最近:

2008/09/01 97
2008/09/02 135
2008/09/03 169
2008/11/08 114
2008/11/09 154
2008/11/10 193
2008/11/23 182

ピーク時:

2008/08/25 13
2008/08/26 16
2008/08/27 20
2008/08/28 21
2008/08/29 32
2008/08/30 45
2008/08/31 61

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

日々、さまざまな事件が起きます。事件の経過を自分なりに追っているつもりですが、すべてをフォローするのは困難であり、取りこぼしが生じてしまうのはやむを得ないところですさて、東京都台東区で男子高校生が女子 ... (続きを読む)
福岡の予備校に通う女子生徒が、同じ予備校の男子生徒に刺殺される事件が今年の2月にありました。犯人は逮捕後、鑑定留置が行われていましたが、近く起訴される見込みだと報じられています恋愛感情を抱き、被害者に ... (続きを読む)

産経新聞には時折、過去の事件を振り返る特集記事が掲載されます今回は2005年に東京町田市で起きた、同じ高校に通う女子高生を殺害した事件を振り返る特集が目につきましたので取り上げます雑誌も読者モデルもし ... (続きを読む)
佐世保市の女子高生殺害事件の少年審判結果についてはすでに触れたところですが、社会を震撼させた事件であるだけにもう少し詳しく書きたいと思い、再度取り上げますまずは審判結果の概要を紹介する記事から紹介しま ... (続きを読む)

和歌山県紀の川市で小学5年生の森田都史君が刺殺された事件で、容疑者とし近所に住む中村桜洲(おうしゅう)が逮捕されましたが、依然として事件への関与を否認していますこれまでの報道で中村容疑者の数々の奇行が ... (続きを読む)
岩手県で開催されたAKB48の握手会でのこぎりを振り回し、殺人未遂容疑で逮捕された梅田悟容疑者(24歳)について、さまざまメディアが取材をし人となりを伝えています報道を総合すると梅田容疑者は発達障害が ... (続きを読む)

緑茶のブログ障害者は雇われるのか
障害者を雇うかどうかは、経済的な利益を出せる障害者かどうかです。あとは、その会社や支店があるいは、人事担当の上司が持っている気風の問題です。普通に働いてルールやモラルを守れる人かどうかです。発達障害の ... (続きを読む)
hiroの図書館発達障害の子どもたち
 久しぶりに発達障害関係の本です。 杉山登志郎先生の著書で、個人的には子どもの虐待やその親について、そして、トラウマの治療について多くのページがさかれている感じです。杉山先生が実際にかかわられた事例が ... (続きを読む)

渋谷のライブハウスにガソリンを撒いて放火しようとした島野悟志容疑者(23歳)は、2005年に東大阪市で4歳の男児の頭をハンマーで殴打し、重傷を負わせる事件を起こした人物です逮捕後、大阪地検が簡易精神鑑 ... (続きを読む)
 「発達障害も発達する」この本の中で一番印象に残った言葉です。思わず声に出して、うなずいてしまいました。「ホントにその通り!」「こどもは発達をしてゆく存在であり、発達障害の子どもたちも当然、日々発達し ... (続きを読む)

奈良県桜井市の鉄道駅で男子高校生を刺殺した事件ですが、判決は11月に言い渡され、懲役5年以上10年以下の不定期刑にするとの決定でしたしかしその判決とは別に、新聞社が少年の横顔を含むイラストを掲載したの ... (続きを読む)
続けてのアップです。ネットだけだと心許ないのでこれはという本があれば、まずは地元の図書館で検索をかけてあれば、借りて読み、予約しなければリクエストカードを書いて購入して貰いました。(^^;その中で、私 ... (続きを読む)

違いを力に -発達障害をめぐる現場から 歴史に名を残す偉人と落ちこぼれ扱いされる人たち−。世間の評価は対極だが、そのどちらにも深くかかわるのが発達障害者だ。周りの環境によって発揮する力は大きく左右され ... (続きを読む)
僕の住んでいる福岡市には、色んな障害者が集まる事がないそうです。どうしたら、よいでしょう。僕は一つ考えました。このブログをそういう場にしてみたいと。散歩途中の花の写真です。障害受容再考?「障害受容」か ... (続きを読む)

連想実験『発達障害の子どもたち』。
杉山登志郎著、『発達障害の子どもたち』を読んだ。発達障害の子どもたち (講談社現代新書)講談社 杉山 登志郎 Amazonアソシエイト by 発達障害に関して断片的な知識は持っていたものの、概観的な本 ... (続きを読む)
筑豊雑記帳大人の発達障害・・・。
 この頃、さまざまな場面で、発達障害のかたと接する機会が増えてきています。「発達障害・・・なんとなく理解しているような気がしていますが、実際にはどのようなことなのか???」について、非常に身近な具体例 ... (続きを読む)

 ブログをはじめて、色んな方のブログを拝見し、個々夫々の気持ち考えだけでなく状況など覗かせていただき、本当に勉強になる。本を読んだり、講義を受けたり、研修を受けたり・・テレビ新聞などで情報を得たり・・ ... (続きを読む)
換羽の季節明日は通院日
明日はメンタルクリニックに行くのですが、今は週一度行くことになってます。それは、私が希死念慮があるから。希死念慮とは、「死にたい」と思うことです。なんでだか、死にたいんですよね・・・。私は、親から、「 ... (続きを読む)

学校の先生に、マイノリティ(少数派/この場合自閉症児者)とマジョリティ(多数派/この場合一般の人達)の違いについてのミニミニ講義をするとは思わんなんだ・・・・のkisaragiであります。さて、前のブ ... (続きを読む)
朝日新聞1月17日記事より。リンクはこちらです。http://www.asahi.com/edu/university/kougi/TKY200901160218.html下記引用です。追いつめてはだ ... (続きを読む)

発達障害の子どもたち (講談社現代新書 1922)講談社 杉山 登志郎 ユーザレビュー:発達障害を知りたけれ ...一人でも多くの人に読 ...子供に向けられた真摯 ...Amazonアソシエイト b ... (続きを読む)
以前、じっくり読んで赤線を引きまくった本にこう書いてあった。わが国の学校教育は行事が多すぎる。準備なしに行事に駆り立てることは、児童を混乱させるだけである。発達障害の子どもたち (講談社現代新書 19 ... (続きを読む)

昨日の毎日新聞に「占い師に障害の治療の方法を聞いた」という旨の記事が掲載されていた。秋田県男鹿市の特別支援担当の教諭が占い師に障害の治療について、個人情報を提示してみてもらったということがわかったと。 ... (続きを読む)
発達障害の子どもたち (講談社現代新書 1922)講談社 杉山 登志郎 ユーザレビュー:子どもの見方,これか ...「なぜ」そう行動する ...子どもの進む道を考え ...Amazonアソシエイト b ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック