誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 赤い指 (講談社文庫)

赤い指 (講談社文庫) の商品情報

赤い指 (講談社文庫)
赤い指 (講談社文庫)を Amazon.co.jp で見る
赤い指 (講談社文庫)
東野 圭吾 (著者)


レーベル : 講談社
ASIN : 406276444X

34 users

過去最高ランク:

13 位 (2009/09/30)

最近:

2009/10/10 183
2009/10/12 145
2009/10/13 190
2011/01/11 80
2011/01/12 107
2011/01/13 140
2011/01/14 183

ピーク時:

2009/09/29 45
2009/09/30 13
2009/10/01 20
2009/10/02 29
2009/10/03 72
2009/10/04 108
2009/10/05 140

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

赤い指 (講談社文庫)講談社 東野 圭吾 Amazonアソシエイト by 加賀恭一郎シリーズの練馬署編。拙著『決定版 ほんとうにわかる経営分析』の全面改訂を進めているときの、骨休みとして読みました。関 ... (続きを読む)
ishikawasanのブログ赤い指
老人性痴呆症、少年犯罪、不出来な嫁など、救われない状況が多く、全体に暗い小説でした。★赤い指 (講談社文庫)講談社 東野 圭吾 Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)

ひどい有様だったよ、本当に今日は!昨日の新記録と打って変わって、今日の数字は酷い有様。それでもなんとか出せる数字は出して終わったけれど…。誇れるものじゃないのは自分が一番よくわかっている。そしてそこに ... (続きを読む)
『新参者』を読んで、加賀恭一郎という登場人物に興味を持ったので、次に手に取った本がこれ、『赤い指』。なんだか奇妙なタイトルだなぁ。と思いつつも、ドラマ化されたのだから面白いのだろう。と思って読んでみま ... (続きを読む)

 本作は、家族の絆を描いた物語です。年始にドラマが放映されていたそうで……東野圭吾氏の作品は映像化されまくりですね〜。あらすじとしましては…… 前原昭夫は、ごく普通の一家の主。  妻からの電話を受け、 ... (続きを読む)
小説(文庫)いっぱい買いました!卒業 (講談社文庫)講談社 東野 圭吾 Amazonアソシエイト by 眠りの森 (講談社文庫)講談社 東野 圭吾 Amazonアソシエイト by どちらかが彼女を殺し ... (続きを読む)

「スナフキンズストア」聖女の救済
ガリレオシリーズの最新作。東野圭吾と言えば、私なんかは加賀恭一郎シリーズの方がピンと来るが、今やこのガリレオシリーズはTVの影響も有ってすごい人気だ。「探偵ガリレオ」や「予知夢」が出たばかりの頃は、ま ... (続きを読む)
今、録画を観ながらCMの合間にうっている。まず、最初の感想。クズガキとクズ親、とくにクズ母である。なんだ、このガキの発言はっ!てめえなんざ、未成年だろうと死刑だ。母親も死ぬなら、その手でクズガキを始末 ... (続きを読む)

「スナフキンズストア」赤い指
直木賞受賞後第一作。構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説。身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署の名刑事、加賀恭一郎が立ち向かう。ひとつの事件を中心に描き出されるさま ... (続きを読む)
赤い指東野圭吾どこにでもありそうな家庭で起きた悲劇を描いた作品。介護の必要な高齢の母と、その義母と折り合いの悪い妻、わがままに育った息子を持つしがないサラリーマンが、ある日帰宅すると自宅に少女の死体が ... (続きを読む)

 またまた東野圭吾です。もう何冊も読んでは、ここで紹介していますから、「またまた」というには少なすぎますね。またまたまたまたまたまた…………、ってところでしょうか? さてこの『赤い指』。東野氏の作品で ... (続きを読む)
久々の東野作品。やっぱりあっという間に引き込まれ一気読み。姑と同居することになったことで愚痴が絶えない妻。そんな家に帰るのが憂鬱で仕事もないのに会社に残る昭夫。その昭夫に妻から電話がかかってくる。とに ... (続きを読む)

「『赤い指』 東野圭吾」再読!『新参者』に続き、東野圭吾の加賀恭一郎モノをもう少し読みたくて、この作品も再読しました。 この作品、東野作品の中でも、名作だと思います!読み手を選ぶ…ということもあると思 ... (続きを読む)
だん君のだん だん だん♪眠ぃ?
昨日の夜、東野圭吾著「放課後」を読み出したらど?にも止まらなくなってしまって、一晩かけて読破したところ当然のごとく睡眠時間が削られてお陰で今日メチャクチャ眠ぃぃ?「おいっ規則正しい生活はど?した」と自 ... (続きを読む)

rakuten_affiliateId="088a4b58.68a45f60.088a4b59.985d5cf6";rakuten_size="468x160";rakuten_title="on"; ... (続きを読む)
書道楽ブログ『赤い指』 東野圭吾
刑事・加賀恭一郎モノを読むのも、コレが3冊目だけれど、その中では最高の一冊です。一気に読んじゃいました!!。赤い指 (講談社文庫)講談社 東野 圭吾 ユーザレビュー:題名はストレートです ...絶妙な ... (続きを読む)

「赤い指」(東野圭吾)を読み終えて久しぶりに東野作品を読みました。「ガリレオの苦悩」を読んだ以来です。まず、読み終わって感じたことは、これは推理小説じゃなくて人情小説なんだと。「親思う心に勝る親心」な ... (続きを読む)
moyu's junk box「赤い指」東野圭吾
加賀恭一郎刑事シリーズ。とは言うものの、加賀刑事中心に話が動くのではなく、どの話にも主人公は別に一人いて、その人物のフィルターを通して加賀刑事の活躍を事件の真相に関連する要所要所で描くスタイル。主人公 ... (続きを読む)

新米おかみの開店日記赤い指
東野圭吾さんの作品です。何かと話題性の高い作品を創作し続ける東野さんですがこの作品は今の日本が抱える色々な事情を網羅した、深〜く考えさせられた内容でした。子供のいうことを何でも聞き入れるモンスターペア ... (続きを読む)
すっかり人生の休暇モードに入っている私。12月上旬中小企業大学校申し込み、1月末TOEIC(1年間も英語講師やってきたんだからカタチにしときたい)、2月下旬法政大学ビジネススクール入試、2月末日商簿記 ... (続きを読む)

さてさて。始まりました。私の好きなもの、好きなことをずらずら書く趣味のブログ。第一弾基本的に小説は読まないのですが、"東野圭吾"さんは自分に合っているのか、夢中で読めるのです。友人に薦められたのをきっ ... (続きを読む)
はじめて読みましたよ東野氏の小説。今回は「赤い指」。売れている理由がわかりますよ。スリリングで面白いですから。今の世相を反映したような内容で、よくある平凡な家族構成の、と、ある家庭が事件の舞台です。そ ... (続きを読む)

これ、読んでなかったんだ・・と、長男が買って来たのをみて気が付きました。一気に。一晩で。案外、面白かったですよ〜。頭使わないで読める本(笑)でも、母親って・・母親ってこんなんかな?ちょっと違うような・ ... (続きを読む)
似合わないクツを脱ぎ捨てて赤い指
読みました。本は読んでたんだけど、久々に読書感想書く気が…。ネタばれあります【赤い指/東野圭吾】『あらすじ』少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたの ... (続きを読む)

気ままな毎日もう10月
もう10月になってしまった。今年も残り3ヶ月か。歳をとると1日1日たつのが本当に早い(と、奥さんがいっていました)。ここ何年もいろいろと我慢しながら頑張ってきたが、この先も本当に苦しそうだ。昨日は、さ ... (続きを読む)
加賀恭一郎シリーズの一作。どうやら、直木賞受賞後第1作らしい。家族と言うものを強く問いかける作品。引き篭もりになった中学生の息子が犯した少女殺人。それを、ボケたと思われる母親がやった事にして隠そうとす ... (続きを読む)

赤い指 (講談社文庫)講談社 東野 圭吾 ユーザレビュー:東野圭吾らしい作品以 ...う〜んいわゆる謎解き ...親子の絆の尊さを感じ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 2百年前の ... (続きを読む)
赤い指 (講談社文庫)講談社 東野 圭吾 ユーザレビュー:親子の絆の尊さを感じ ...やはり面白い速攻購入 ...切ないですね主人公の ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログまた、黒島の ... (続きを読む)

『平凡な家庭など、この世にひとつもない。外からだと平穏な一家に見えても、みんないろいろと抱えているもんだ』東野圭吾著「赤い指」を読みました。あらすじ≪少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平 ... (続きを読む)
若者よ! 世の流れの潮目を見る要素を蓄えろ。その昔、道路や高速道路が出来、物流が飛躍的に伸びた。そして運送業などが台頭した。その後通信、電波が出現し、テレビやラジオなど・・土地や建物は所有しても限界が ... (続きを読む)

気ままな読書日記『赤い指』 東野圭吾
実は、加賀さんの物語でもあったのか。父の隆正は、たしか『卒業』で出てきた、というか、恭一郎がアドヴァイスをもらっていたような記憶が。そっか、恭一郎には叔母と従弟がいたわけね。さて、本編、松宮一家の方。 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック