誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫) の商品情報

永遠の0 (講談社文庫)
永遠の0 (講談社文庫)を Amazon.co.jp で見る
永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹 (著者)


レーベル : 講談社
ASIN : 406276413X

157 users

過去最高ランク:

2 位 (2014/01/08)

最近:

2015/04/17 99
2015/04/18 111
2015/04/19 124
2015/04/20 142
2015/04/21 155
2015/04/22 174
2015/04/23 181

ピーク時:

2013/12/25 2
2013/12/26 2
2013/12/27 2
2013/12/28 3
2013/12/29 3
2013/12/30 3
2013/12/31 3

この商品を取り上げているウェブリブログ

ソース:産経新聞自爆テロ犯を「カミカゼ」と呼ぶ「誤用」はなぜ欧州に広がったのか? マスコミだけでなく、検事も会見で連発http://www.sankei.com/world/news/160802/w ... (続きを読む)
Corcovado永遠の0と呼ばれた男
通勤が短くなったので、最近は読書の時間がなくなったのだが、なんとか時間を作って読まなくては。ちょっと前に続けて読んだ作品。「永遠の0」 「海賊と呼ばれた男」。百田さんは最近なんだか叩かれているけれど、 ... (続きを読む)

「メディアウオッチ100」●582号【かるちゃーひろば】 2015年3月2日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体 ... (続きを読む)
かっちゃんのちいさな旅菜の花を追って
4月12日(日)小川の土手にいつの間にか菜の花が自生していました。私のアドレスはnano87-batake、菜の花の優しい色が大好きです。川沿いに菜の花を追ってみました。この川沿いは知る人ぞ知るお散歩 ... (続きを読む)

四季折々の記いつの間にか・・・桜
信州安曇野にも、ようやく桜の花便りが届きました。若干二日酔い気味の朝、カーテンを開けて窓の外を見ると、ご覧のように、桜の花が、ぽつぽつと咲き始めていました。このあたりでは、例年4月10日前後ですから、 ... (続きを読む)
ishikawasanのブログ永遠の0
ゼロ戦乗りだった祖父の足跡をたどる姉と弟。祖父の知人に会い、話を聞く設定で物語が進められる。戦争の悲惨さや特攻隊の思いが記され、心痛むシーンもあるが、戦争について考えさせられる小説です。映画より先に読 ... (続きを読む)

テレビ東京のドラマスペシャル「永遠の0」(主演 向井理、ヒロイン 多部未華子)が3夜に分けて放送され、2話目のダイジェスト版と3夜目を観ました。私にしては珍しく、映像作品を先に観てから小説を読むという ... (続きを読む)
永遠の0 (講談社文庫)講談社 百田 尚樹 Amazonアソシエイト by ”永遠の0”百田尚樹著 講談社文庫(2009/07発売)(2006/08発売 太田出版の文庫版。解説:児玉清)・・・特攻隊員 ... (続きを読む)

きまぐれな言葉たち永遠の0(Blu-ray)
約半年ぶりにTSUTAYAでBlu-rayをレンタルした。借りたのは「永遠の0(ゼロ)」。原作は読んでいるけど、映画を見るのは今回が初めて。ということで、原作と映画の違いを中心に感想を述べておく。ネタ ... (続きを読む)
気功療法・真和氣功 ≪真和氣功で得る事学ぶ事≫メッセージよりhttp://homepage2.nifty.com/syn-wa/cgi/msgsun/■ お薦めの映画 ... (続きを読む)

最初にこの「永遠の0」が話題になった時には、これまで戦争文学は散々読んできたこともあって(※)、もういいかなと思って、特に読もうとは思わなかった。それが百田さんの都知事選挙の時の暴言やNHKの経営委 ... (続きを読む)
訪問ありがとうございます感謝ヽ(´▽`)/お元気さまです短気は損気って言いますねこの間、相手のあまりひどい暴言に腹を立てまして、つい大きな声で怒鳴ってしまいました前からひどかったのですがもう我慢できな ... (続きを読む)

安倍晋三首相のブレーンというところが素直に手が出ない理由になっている。本人と作品は違うものなのだというのはわかっているのだが。永遠の0 (講談社文庫)講談社 百田 尚樹 Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)
5月1日(木)羽田空港発10:45・・・・・・・・12:30鹿児島空港着九州の100名山5座に登るために鹿児島にやってきましたが、その前に知覧特攻平和会館を訪れました。館内は撮影禁止です。太平洋戦争末 ... (続きを読む)

Winner_blog本 「永遠の0」
百田尚樹著。映画が大ヒット。百田尚樹もいろいろ脚光。流行りモノをちょっと時期、ずらして読む。600ページの近くの文庫本の重量感は、紙の重さより、中味のほうが重い。戦争だもの。重くて、悲しくて、辛い。ど ... (続きを読む)
四季折々の記しばしのお別れ?
人事異動の季節。支店への転勤を命ぜられ、単身赴任と相成りました。少しさびしいのは、いつも枕元で"ごろごろ" (まるで「猫」) していた愛犬たちともしばしのお別れです。上の写真は、娘です。引っ越しの日は ... (続きを読む)

スイート、志望高校に合格しました。皆さんに、たくさんのご声援をいただき本当にありがとうございました!スィートちゃんは中1の時から、その高校に行きたくて、行きたくて!3年間少しもブレずにまっすぐ、その高 ... (続きを読む)
2014年2月21日金曜日のご報告です^^7冊の本が登場中でもインパクト大のこの本に話題集中・・・!?笑「おネエことば」論青土社 クレア・マリィ Amazonアソシエイト by 私は途中で時間がなくて ... (続きを読む)

sayuriの予想邦画「永遠の0」
ウェブのどこかの記事で、戦争や特攻を美化しているとか、何かいやな右傾化に流れてるひとつだ、みたいなことを目にし、見に行く気になった映画。やっと、見に行けました。サザンオールスターズが主題歌に使われてい ... (続きを読む)
今になってようやく‘永遠の0’を読み終わりました。もうご存知の方も多いでしょうが、‘永遠の0’は第二次大戦中、特攻で亡くなったある零戦のパイロットの物語です。‘永遠の0’はストーリーの巧みさもさること ... (続きを読む)

やっと見にいくことができました。数カ月前に読んだ原作を読んでいましたが、違和感なく、かつ新鮮に映画を見ることができました。映画の内容については、あえて書かないことにしますが、キャストについて少しだけ。 ... (続きを読む)
2月3日の新宿駅西口に、『永遠のゼロ』の著者、百田尚樹氏が田母神としお氏の応援演説に現れた。その様子が、Youtube にアップされたので紹介しよう。是非、今すぐに、東京の親族、友人、知人へ拡散してほ ... (続きを読む)

永遠の0 (講談社文庫)講談社百田 尚樹ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)
昨日は到着・継越搬送の緑ゼッケンの方でした。供給とローラーのお手伝いになりました。近畿の方と全国のローラーを行ったり来たりになったので、最後までローラーにいました。それで帰るときに「今日はローラー」と ... (続きを読む)

映画が公開されて話題になった「永遠の0」の原作小説を読んでみました。私はあまりこういった小説は読まないのですが、雑誌の記事で興味を引かれて、ちょうど買う機会もあったので、買って読んでみました。なるほど ... (続きを読む)
永遠の0 の本は読んでないし、映画も見てないです。どうもひねくれた性格なのか、感動する映画が苦手です。映画館で泣いてしまったらどうしよう。が先にきて感動作はなかなか見に行けません。あなたはどうですか? ... (続きを読む)

「永遠の0」の百田NHK経営委「田母神氏に投票」で物議 日刊ゲンダイ2014年1月22日 掲載http://gendai.net/articles/view/geino/147421 多い日には10 ... (続きを読む)
NOBUの独り言幸福な生活@百田尚樹
百田尚樹氏(ひゃくたなおき)は人気番組「探偵!スクープナイト」のメイン構成作家として活躍。2006年「永遠の0」で作家デビュー話題の作家なので早速”幸福な生活”を読みました。こんな見事なショート作品は ... (続きを読む)

やばいのブーメランゼロ
【東京都知事選】「永遠の0」原作者の百田尚樹氏、元航空幕僚長の田母神俊雄氏支持を表明1 :ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★:2014/01/21(火) 17:47:25.60 ID:? ... (続きを読む)
永遠の0 (講談社文庫)講談社百田 尚樹ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 映画「永遠の0」感動の結末!!映画「永遠の0」を見に行った。この映画は、第二次世界大戦中の帝国海軍のゼロ戦パイロ ... (続きを読む)

Wingsイカル
散歩中に大群を見つけカメラを取りに帰って現場に戻りましたが5・6羽しか残っていませんでした。永遠の0 (講談社文庫)講談社 百田 尚樹 Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)
 映画「永遠の0」を観に行ってきました。原作は未読です。ですので、先入観無く観る事が出来ました。 内容には深く触れません。TV放映を待つのではなく、ぜひ映画館に足を運んで、実際に観てほしい映画です。個 ... (続きを読む)

こんぺいと実験室二つの「ゼロ」
ゼロ・グラビティ☆☆☆☆お正月に観た映画です。新年だし、景気よくスケールの大きな作品を見よう!と思い、テレビコマーシャルのイメージでこの映画を選びました。二人の宇宙飛行士がトラブルに巻き込まれ宇宙空間 ... (続きを読む)
昨日は24番シュートの担当でした。区分機が読めなかった荷物が落ちてきます。それをもう一度供給するので、また24番に落ちてきます。「こういうふうに載せてはいけません」という感じになって落ちてきます。仕分 ... (続きを読む)

昨日はフライトコンテナの担当でした。最近、この担務も多くなっています。昨日は、到着したコンテナが少なくて助かりました。途中から空パレットの整理を手伝いました。8号エレベータで3階の体育館まで銀パレを上 ... (続きを読む)
邦画大好き永遠の0(2013)
まだ公開中の映画なので書きづらいのだが、思ったよりも良い作品であった。原作者の百田尚樹氏の最近の言動とも相まって戦争を過度に美化した映画だと思っている人もいるかもしれないが、それは決して当たっていない ... (続きを読む)

picapicaな一日を楽しむblog読了 永遠の0
再読。映画を見てから、改めて読んでみた。いくつか読み落としていたところを改めて読み直し。あ〜、やっぱりもう一回見ときたいなあ、映画。永遠の0 (講談社文庫)講談社 百田 尚樹 Amazonアソシエイト ... (続きを読む)
今週は3連勤が2回です。今日からまた頑張っていきます。昨日は、また少しギターを弾くことができました。先輩に貸していただき、感謝しています。弦が切れて、買いに行くというハプニングもありましたが、楽しい時 ... (続きを読む)

昨日は空パレット搬送の担当でした。黄色のパレットをたくさんたたんできました。土曜日は、空パレットの整理が大変になるようです。通路を塞ぐので、早く片付けないといけません。荷物が少なくて、人数も少ない日で ... (続きを読む)
『永遠のゼロ』が空前のヒットを続けています。2008年に発売された講談社文庫版は、昨年(2013)年末に300万部を超えるミリオンセラーとなり、文庫としての販売記録を更新中です。私が買ったのは第47刷 ... (続きを読む)

あきらのザッカな世界永遠の0
永遠の0 (講談社文庫)講談社 百田 尚樹 Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)
かっちゃんのちいさな旅金の生る木
金の生る木が見ごろを迎えました。この木は5年ほど前、たくさんの蕾を付けて友人宅から嫁入りしましたが、我が家に来てからは何が気にいらないのか咲かなくなりました。実家(友人宅)に2年間里帰りして、去年の暮 ... (続きを読む)

今日は連休の最終日です。ようやくギターに少し触りました。雑用が結構多くて、なかなか触れませんでした。でも、久しぶりに触ると良いですね。貸してくださっている先輩に感謝です。午前中に買い物に行き、疲れが出 ... (続きを読む)
「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像 ... (続きを読む)

3連休の2日目です。銀行に行き、お金を振り込んできました。スーパーで買い物をし、一息ついています。昨夜は、またお鍋を食べました。お昼は出先のスーパーのフードコートでお弁当を食べてきました。昨夜「トラ・ ... (続きを読む)
智美Diary年末年始いろいろと
すっかり明けましたおめでとうございます。今年もどうぞよろしゅう。さて、主だった出来事としてまず、12月31日、手巻き寿司の宴。友達の家で、しかもその友達の子供の誕生日でもあるので、それも兼ねた毎年恒例 ... (続きを読む)

映画「永遠の0」観て来ました。本当は上映直後に観に行きたかったのですが、年明けになってしまった。(>_永遠の0 コミック 1-5巻セット (アクションコミックス)双葉社 百田 尚樹 Amazon ... (続きを読む)
北海道犬 久蔵お互いに
昨日の話の続きです。キュウゾウは不貞腐れていたんだけど、「キュウゾウ寝るよ!」と言うとすぐに一緒にベッドに来て、いつも通りオヤジに背を向けてゴロン。。。オヤジ・・・キュウゾウの背中に話しかけました。「 ... (続きを読む)

昨日もフライトコンテナの担当でした。昨日は途中からローラーのお手伝いになりました。コンテナが途切れたので、パレットを入れようとしていたらサブリーダーに呼び止められ「積み合せして」ということで、手区分の ... (続きを読む)
永遠の0 (講談社文庫)講談社百田 尚樹ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 埼玉県所沢市のらーめん店「麺S 久弥」に行ってみました。西武新宿線・池袋線の所沢駅の改札を出たら、西口へ向かいま ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック