誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 流星ワゴン (講談社文庫)

流星ワゴン (講談社文庫) の商品情報

流星ワゴン (講談社文庫)
流星ワゴン (講談社文庫)を Amazon.co.jp で見る
流星ワゴン (講談社文庫)
重松 清 (著者)


レーベル : 講談社
ASIN : 406274998X

24 users

過去最高ランク:

5 位 (2015/01/24)

最近:

2015/02/05 180
2015/02/23 85
2015/02/24 95
2015/02/25 102
2015/02/26 122
2015/02/27 136
2015/02/28 154

ピーク時:

2015/01/22 33
2015/01/23 12
2015/01/24 5
2015/01/25 12
2015/01/26 14
2015/01/27 24
2015/01/28 41

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

重松清・原作の放送中のドラマ”流星ワゴン”見ましたか?重松ファンの僕としても、舞台としてたびたび出てくる「鞆の浦」が大好きな僕としては絶対に見逃せないドラマです。という訳で、広島出張の仕事が終わってか ... (続きを読む)
akmfkdのブログ流星ワゴン (講談社文庫)
流星ワゴン (講談社文庫)講談社 重松 清 Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)

流星ワゴン (講談社文庫)講談社 重松 清 Amazonアソシエイト by 以後、あっと言う間にオメガ方式に切り変わっていったのである。それどころか、ソニーは、海外でもその1インチを売りまくり、世界中 ... (続きを読む)
先日の京都東山ポタリングのときに、コトバヨネットで購入した「放浪記」旧仮名遣いと装丁が気になって、放浪ばかりしている自分にも合っているかと思って最後、古本で弍拾圓だったのが決め手となって買ったんですが ... (続きを読む)

机上の月TV番組 
普段TVを見ない私ですが、最近気になる番組がちらほら今夜から始まる『日曜劇場 流星ワゴン』(夜9時から)は、西島秀俊主演、香川照之やら吉岡秀隆も出演です以前、本で読んでいるだけに、見てみたいドラマです ... (続きを読む)
今日は☁・・あ☼・・・え☃?今日は公休です。偶然観て(;_;)てしまったテレビ番組、〈さんま・珠緒の夢かなえたりか〉です。パン好き♀SEIKO社で時計を作りたい5歳 ... (続きを読む)

直木賞作家・重松清の大ベストセラー小説「流星ワゴン」が、映像化決定。2015年 1月期(冬ドラマ)の日曜劇場(TBS)の枠。とうとう2015年の話題を・・・w永田一雄役に西島秀俊一雄の父・永田忠雄役に ... (続きを読む)
丹生川郷下村通信流星ワゴン
重松清原作の『とんび』のテレビ・ドラマ版に涙した通信員は、他の重松作品もいくつか入手した。入手時に読んだ作品もあるが、積読(つんどく:読まずに積み上げておくだけで満足している)状態の物も何冊かあった。 ... (続きを読む)

初めて、重松清さんの本を読みました。■重松清http://booklog.jp/author/重松清流星ワゴン (講談社文庫)講談社 重松 清 Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)
Winner_blog本 「流星ワゴン」
重松清著。重松さんと言ったら、「とんび」の作者でもありまする。「とんび」。めったに、めったに、民放のテレビドラマなんてみないんだけど、なんでだか今クールは観ているドラマ。“なんでだか”なんて、もったい ... (続きを読む)

ちょっと前に(と言っても、もう昨年の話ですが)、講談社文庫フェアがやっているとき、ムーミンのスタンプ欲しさに、いくつか興味のある小説を買ったうちの一つです。結局、ムーミン狙いでスナフキンスタンプを2つ ... (続きを読む)
<本の内容>家族小説の新境地。直木賞受賞後初の長篇。ひきこもり、暴力をふるう息子。浮気を重ねる妻。会社からはリストラ寸前…死を決意した37歳の僕は、死んだはずの父子が運転する不思議なワゴン車に乗り込ん ... (続きを読む)

色々レビュー重松清『流星ワゴン』
去年の12月に劇団キャラメルボックスが、同名の公演をした原作本。普通は原作読んでから公演なり映画を観るんだけど、たまに順番が逆になる。五年前に起きた間抜けな交通事故から話が始まる。父親の見舞いから帰っ ... (続きを読む)
重松清の『流星ワゴン』読みました。ミニ読書ブームです。これは重い。流星ワゴン (講談社文庫)講談社 重松 清 Amazonアソシエイト by すごい本だった。主人公と同じように、「やめてくれ」と叫び続 ... (続きを読む)

38歳、いつの間にか「昔」や「若い頃」といった言葉に抵抗感がなくなった。40歳、中学1年生の息子としっくりいかない。妻の入院中、どう過ごせばいいのやら。36歳、「離婚してもいいけど」、妻が最近そう呟い ... (続きを読む)
重松清さんの『流星ワゴン』読みました。崩壊寸前の自分の家庭に絶望し、死を望む主人公の前に現れた一台のオディッセイ(ワゴン車)リストラされた主人公、テレクラ遊びに夢中になり外泊を繰り返す妻、中学受験に失 ... (続きを読む)

そして積もる。そしてもう解けそう。もっとしっかり積もってくださいよ!ってことで、外気がマイナス2度。寒いけれど、雪が降ったので、許す。雪はやっぱり人の心をうきうきさせるんですかね?しかもクリスマス前だ ... (続きを読む)
このごろの車のCMは面白くない車の役割はもちろんトランスポーターが大きいのだけど、趣味の世界では多少の毒気がないとつまんない。今は、みんなおりこうさんになって、エコだとか、地球だとか減税のことばかり唱 ... (続きを読む)

主人公の設定が、自分にドンピシャである。30代中盤、息子がひとり。なんとも切ない物語であった。成仏できない霊の親子の視点で、やり直しの効かない人生の尊さを教えてくれた。今、この瞬間を大切に生きなければ ... (続きを読む)
体調が悪かったり、精神的に落ち込んでいたりしては読めない作品がある。最近のゲームなんかには「暴力的なシーンがあります」なんて表記があったりするけど、本には無い。ある程度の情報は帯や本の装丁の後ろに書い ... (続きを読む)

「死んじゃってもいいかなあ、もう……。」38歳・秋。その夜、僕は、不思議なワゴンに拾われた。裏表紙のあらすじで、通勤中に読もうとなんとなく購入したのですが…帰りの地下鉄〜今までで、結局読み切ってしまい ... (続きを読む)
今日の立ち話「流星ワゴン」 / 重松清
いやいやいや、泣いたわ(笑)読みながら「メトロに・・・」に似た感じのストーリーだな〜。でもだ。あれもちょっと感動しちゃったけどさ。「流星・・・」は最後の方には涙ボロボロで。茶の間で読んでる私を三男が笑 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック