誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 麒麟の翼

麒麟の翼 の商品情報

麒麟の翼
麒麟の翼を Amazon.co.jp で見る
麒麟の翼
東野 圭吾 (著者)


レーベル : 講談社
発売日 : 2011-03-03
ASIN : 4062168065

20 users

過去最高ランク:

92 位 (2012/02/04)

最近:

2011/10/30 149
2012/01/29 159
2012/02/04 92
2012/02/05 113
2012/02/06 147
2012/02/07 188
2012/02/19 199

ピーク時:

2011/08/20 126
2011/08/21 163
2011/10/30 149
2012/01/29 159
2012/02/04 92
2012/02/05 113
2012/02/06 147

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

久々の東野圭吾作品あまりにも売れっ子作家なので、なんとなく手に取るのを避けていました。ひねくれている?内容は以下の通り寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフ ... (続きを読む)
麒麟の翼東野圭吾加賀恭一郎の日本橋シリーズ最新刊。日本橋の橋の上で絶命した被害者と、その遺物を持って近くで車にはねられた加害者らしき男。単純な物盗りの犯行にも思えた事件は、その家族を巻き込む人間模様に ... (続きを読む)

読書に映画、独学で英語麒麟の翼
地元が舞台ということもあり、原作も読まずに映画『麒麟の翼』を見てきました。この作品は、東野圭吾さんの「日本橋で人が死んでいたらどう?」というふとした思いつきから構想が始まったそうです。その後、編集者と ... (続きを読む)
こんばんわ。先週、突然派遣会社からメールがあり担当者が会って話したいとのこと。会ってみたらやっぱりというか、直接雇用の話しだった。希望すれば4/1から3ヶ月更新のパート行員(笑)として雇ってくれるそ ... (続きを読む)

映画「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」を鑑賞しました。この映画は、東野圭吾のミステリー小説「加賀恭一郎シリーズ」の「新参者」を基に、阿部寛主演で放送されたテレビドラマの劇場版。東京・日本橋で起こった殺人 ... (続きを読む)
新参者の劇場版をやるって予告で観てから楽しみしていた映画。テレビシリーズも気に入って毎回みて、特番「赤い指」もみて、「麒麟の翼」期待通り面白かった。犯人は途中のあのシーンでピーンときたけど、背景に潜む ... (続きを読む)

気になる・・・「麒麟の翼」
東野圭吾さんの「麒麟の翼」を読みました。加賀恭一郎シリーズ、書下ろしです。日本橋、日本の道路の基点となるこの橋は、東京オリンピックの時に、高速道路を通すことになり、高架の下に存在する。その橋の「麒麟の ... (続きを読む)
使命と魂のリミット (角川文庫)角川書店(角川グループパブリッシング) 東野 圭吾 Amazonアソシエイト by 11月5日(土)放送、ついにNHKでドラマ化されました。同名の「使命と魂のリミット。 ... (続きを読む)

久し振りに、東野圭吾を買ってきた。ここ一年は鬼平ばかり読んでいた。流石に飽きもくる。真夏の方程式は、半分ほどよんだ。草薙と内海がうごきだしたところまで。今晩のお楽しみだ。真夏の方程式文藝春秋東野 圭吾 ... (続きを読む)
今日は2時間しかないと思っていた授業が急遽自習監督のために4時間に倍増だからといって読まずにはいられない真夏の方程式文藝春秋 2011-06-06 東野 圭吾 Amazonアソシエイト by 東野圭吾 ... (続きを読む)

 日本橋交番の脇を、足取りのおぼつかない男が通り過ぎた。 男はやがて、橋の中程にある麒麟の像の下にもたれかかっていた。 酔っ払いだと思った巡査が近寄って声をかけようとすると、 男の胸にはナイフが突き刺 ... (続きを読む)
書道楽ブログ『麒麟の翼』 東野圭吾
先に読んだ『神様のカルテ』は映画化され、この『麒麟の翼』も映画化されたようだ。(公開は来年?!)どちらも、楽しみ。麒麟の翼 (特別書き下ろし)講談社 2011-03-03 東野 圭吾 Amazonアソ ... (続きを読む)

 本作は、加賀恭一郎シリーズ第9弾。既に映画化が決まってるというのも、さすがは人気シリーズだけありますね。 東京・日本橋。 麒麟の像に祈りを捧げるような姿で死んでいた青柳武明。 一方、職質から逃走し、 ... (続きを読む)
帯にはシリーズ最高傑作となっております。が、傑作には違いないけど最高傑作とまでは、、、。なにはともあれ、東野さんの作品には、まずはずれがない。安心して読めます。麒麟の翼 (特別書き下ろし)講談社 20 ... (続きを読む)

特任助教な日々最近読んだ本
最近、時間にゆとりがあるせいか、読む本が増えました。大抵はミステリーですが。いくつか紹介します。偏ってます。『禁断のパンダ』拓未 司本屋の平置きを見て、衝動買い。衝動買いは結構な確率で失敗するけど、や ... (続きを読む)
Bookworm麒麟の翼(東野圭吾)
加賀シリーズ第9弾。面白かった。ちょっと泣けた。・・・んだけど、シリーズ最高傑作!と言われると、うーーん;;;と思っちゃいますねぇ。とはいえ、このシリーズを読破してる訳ではないんですけどね(笑)「赤い ... (続きを読む)

加賀恭一郎シリーズ最新作。地下街から日本橋の麒麟の像の下まで胸にナイフが刺さったまま歩いた上で、人が亡くなるという事件が発生。日本橋署の刑事である加賀とその従兄弟である本庁の松宮のコンビで事件を解決し ... (続きを読む)
 今回は、「ダイイング・アイ」に続いて同じく東野圭吾さんの「麒麟の翼(講談社)」を採りあげたい。 加賀恭一郎シリーズの最新作ということで、この前の「新参者」(詳しくは→こちら)に続き、日本橋署勤務とな ... (続きを読む)

加賀シリーズの最新作ということで読みました。あらすじ≪寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック