誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書) の商品情報

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)を Amazon.co.jp で見る
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
福岡 伸一 (著者)


レーベル : 講談社
ASIN : 4061498916

24 users

過去最高ランク:

92 位 (2008/11/13)

最近:

2008/11/13 92
2008/11/14 103
2008/11/15 149
2009/11/10 167

ピーク時:

2008/11/13 92
2008/11/14 103
2008/11/15 149
2009/11/10 167

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

『生物と無生物のあいだ』福岡伸一生物と無生物のあいだ講談社 福岡 伸一 Amazonアソシエイト by 著者自身が「象牙の塔」に属しながら、その内部をこれほどまでに徹底批判する書籍も珍しい。それは後述 ... (続きを読む)
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)講談社 福岡 伸一 Amazonアソシエイト by ”生物と無生物のあいだ”福岡伸一著 講談社現代新書(2007/05発売)・・・延々と生物とは何か!の話が続く ... (続きを読む)

7月25日は物理化学者、結晶学者ロザリンド・フランクリンの誕生日。今日のGoogleロゴはロザリンド・フランクリン生誕93周年:アメーバニュースhttp://news.ameba.jp/2013072 ... (続きを読む)
 サイエンスZEROで「地球外生命の大本命!衛生タイタン」をみた。1997年にNASAより打ち上げられた探査機「カッシーニ」が7年かかって土星の衛星のひとつ「タイタン」に至りその詳細な画像を撮り「ホ ... (続きを読む)

ブログ抗生物質とは?
 抗生物質(anti-bio)の使用が流行っています。ストレプトマイシン、クロロマイセチン、テトラサイクリン、トリコマイシンなどの抗生物質が、かなり効くらしいというのは、ウソらしく、他のばい菌を生かし ... (続きを読む)
オカヤドカリのクロスケ君も脱皮成功!!何故か貝殻を変えないので、少しも大きくなった感じがしない。砂中に3週間ほど潜っていたことになる。その間飲まず食わずなのだから、脱皮は命がけの事だろう。真新しくなっ ... (続きを読む)

 死んだ鳥症候群。                                                                                            ... (続きを読む)
かなり有名になった本で、読んでみたいと前から思っていたのですが…。なにせ私、完全な文系で理系的思考能力が皆無なので、読み始めても前に進むだろうかと思い、なかなか手をつけていなかったのです。そんな私でも ... (続きを読む)

IDEA BOX久しぶりに奈良。。。
今日、読んでる本生物と無生物のあいだ借りてる本文明崩壊 上生命保険数学地球46億年全史アルバニアインターナショナル大腸菌明治維新 たまたま 貧困を救うのは、社会保障改革か、ベーシック・インカムか ... (続きを読む)
遅くなったけど、日曜日に読み終わった。分子生物学って面白い。若いころ読んでたら人生違っていたかも。”動的平衡”って言葉、確か高校の化学の授業で出てきた記憶がある。入試には”動的平衡”なんて言葉を問う問 ... (続きを読む)

『生物と無生物のあいだ』 福岡 伸一『山椒魚戦争』→『アンドリューNDR』→『なぜロボットか?』→『生物と無生物のあいだ』という今見ると偶然にもベストな順番で読んできた気がします。科学や物理等に興味や ... (続きを読む)
著者:福岡 伸一タイトル:生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)読んだ期間:20091006〜1110およそ一年前に、本屋で平積みになっているのを見かけ、タイトルが気になって手に取った。タイトルを見 ... (続きを読む)

大学院生な日々生命とは何か?
日経サイエンスの12月号に「生命」をどう定義するか、長年苦心してきた科学者たちの定義が一部掲載されていました。面白かったので紹介します。物理学者のシュレディンガー(Erwin Schrodinger) ... (続きを読む)
惚れた♡福岡さん素敵過ぎ。読了した私の頬は上気して、恍惚としてる。科学の本なんだけど、美しい物語を読み終わったかのよう。ポワワ〜〜〜〜〜ン♡生物の定義とは?ウィルスは生物?いや ... (続きを読む)

面白い本を見つけて読みました。といってもベストセラー本ですけど。福岡伸一さんの「生物と無生物のあいだ」「世界はわけてもわからない」です。生物学系の内容ですが、別に理系の人向けの専門書ということではなく ... (続きを読む)
福岡伸一著、講談社現代新書、税別740円。この本は、新書大賞、サントリー学芸賞をダブル受賞しています。一般向け科学書としては、極めて珍しいベストセラーとなりました。著者は分子生物学の研究者です。海外の ... (続きを読む)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)講談社 福岡 伸一 ユーザレビュー:「ぜひ中学生に薦めて ...文系頭の私にしっくり ...すべての医療者に薦め ...Amazonアソシエイト by ウェブリ ... (続きを読む)
 今度から長い文章はメモ帳に書いてコピペすることにしよう。 もう寝よう。生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)講談社 福岡 伸一 ユーザレビュー:生命活動をヒューマン ...タイトルだけに惹かれ . ... (続きを読む)

 「<生命の基本仕様>それは女である」帯の文句が、発見された様々な事実からひとつひとつ語られてゆく。男性を決定づける遺伝子発見をめぐるエピソードは、まるで推理小説のよう。また、染色体の数に関する論文を ... (続きを読む)
<分子生物学・その他> ★★これも勉強に直接影響するかと問われると困るところです。ですが福岡さんは、誰かの書評にもありますが、文才のある人で、NYCの町並みが目に浮かぶような叙述をします。この本も歴史 ... (続きを読む)

「日本人4人の受賞」という最近になく明るい話題に沸いている日本列島だが、受賞者の一人益川さんの「ちっともうれしくない」という発言にアレレと思った人も少なくなかったはず。その心情を忖度した説得力あるコラ ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック