誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. ジェノサイド

ジェノサイド の商品情報

ジェノサイド
ジェノサイドを Amazon.co.jp で見る
ジェノサイド
高野 和明 (著者)


レーベル : 角川書店(角川グループパブリッシング)
ASIN : 4048741837

24 users

過去最高ランク:

33 位 (2011/11/30)

最近:

2011/12/10 150
2011/12/11 194
2011/12/12 51
2011/12/13 73
2011/12/14 99
2011/12/15 126
2011/12/16 174

ピーク時:

2011/11/30 33
2011/12/01 59
2011/12/02 106
2011/12/03 135
2011/12/04 179
2011/12/06 34
2011/12/07 59

この商品を取り上げているウェブリブログ

 2012年に読んだ本を振り返った。ほとんど小説ばかりで、ビジ本は「残念な人の思考法」とジョブス関連のみであった。これではいけないと反省。2013年は多角的に読むことを決意した。 2012に読んだ小説 ... (続きを読む)
本と父親とadministratorジェノサイド
タイトルに二の足を踏んでいたけれど、読み始めたらどんどん引き込まれてしまった。それは殺戮が主題ではなく、信じたい人類の生き方がメインだったから。それでも今も昔も殺戮は起きているし、それは人類の本質かも ... (続きを読む)

下津野峠で独り言圧倒的なスケール
毎日のジメジメ、本当にもう・・・(||´Д`)oもうそろそろ、スカっと晴れてくれないだろうかねぇ2012年版 このミス第1位作品高野和明:著 『ジェノサイド』 読了急死したはずの父親から送られてきた一 ... (続きを読む)
ちょっと気になるなぁ〜、どうしようかなぁ〜と、ウダウダ迷っているうちに、あれよあれよと話題に上りだし、気が付けば図書館の予約に思いっきり乗り遅れてしまってました;;;そんな訳でようやく読めたのは、本書 ... (続きを読む)

ジェノサイド高野和明2012年の「このミス」で一位を獲得した作品。難病の息子の治療費を稼ぐため、アフリカの戦地で活躍する米人傭兵と、大学院に通う日本人研究者。それぞれ思わぬ力によって事件に巻き込まれ、 ... (続きを読む)
ジェノサイド評価☆☆☆☆ 高野和明 角川書店2012年の本屋大賞ノミネート作です。かなり前に読んでましたが、ブログでは紹介してませんでした。既に売れすぎていて、本屋大賞は無理な気がしますが久々に日本で ... (続きを読む)

番外・本屋大賞ノミネート作品 2012年の本屋大賞は大丈夫かな個人的に、一番頼りになる文学賞本屋大賞の2012年のノミネート10作品が発表されましたね。去年は、個人的にはだいぶ期待とずれた結果だったん ... (続きを読む)
このミステリーが面白いや週刊文春ミステリーベスト10 の国内部門で2011年NO1になった作品。気になっていて、以前から読もうと思っていたが、やっとよんだ。こんなに面白いなら年末年始に読めばよかった。 ... (続きを読む)

2012年版の「このミステリーがすごい」の1位の作品。他にもいろいろと冠がついているけど、多すぎるので省略。(山田風太郎賞まで獲ってた。ま、売るためだな)ジェノサイド角川書店(角川グループパブリッシン ... (続きを読む)
Y's Dinerジェノサイド/高野和明
人類滅亡への警告をまとめたレポート「ハイズマン・レポート」そこには5つの警告がなされていた 1、宇宙規模の災害(小惑星の衝突など) 2、地球規模の環境変化(気磁気の南北逆転現象など) 3、核戦争 4、 ... (続きを読む)

いい大人(オッサン乙女改)苦手です
今日は午後からの出勤なので、11時に歯科の予約を入れていた。かれこれもう8回目。なのにまだ完治していない。治すのは1本だけなのになんでこんな時間かかるんだ?今回は「歯周ポケット」のお掃除。6回に分けて ... (続きを読む)
各所で評価が高く、ずっと気になってた作品でした。あらすじ≪急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに ... (続きを読む)

「スナフキンズストア」ジェノサイド
急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は ... (続きを読む)
気になる・・・「ジェノサイド」
高野和明さんの「ジェノサイド」を読みました。子供が不治の病に侵され、余命を宣告されている男は、傭兵として働き、コンゴへ特殊任務へ行かないかと誘われる。その任務は、子供のようなコンゴの原住民のある部族を ... (続きを読む)

かなり読み応えありました。序盤は、併走する物語そのものにも求心力を感じましたが、さらに、それらがどうつながるのかという期待にがっちり掴まれました。人類って何のために地球上に存在しているんでしょうね。そ ... (続きを読む)
ジェノサイド角川書店(角川グループパブリッシング)高野 和明ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)

亡くなったはずの父から届いた電子メールに従い、創薬化学を専攻する大学院生の古賀研人は生前の父の謎の行動を追う。一方で戦争請負会社二所属する元特殊部隊員のイエーガーは破格の条件での任務を提示されれる。詳 ... (続きを読む)
「スナフキンズストア」ジェノサイド
急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は ... (続きを読む)

日々の出来事、思うこと読書日記8
ジェノサイド角川書店(角川グループパブリッシング) 高野 和明 Amazonアソシエイト by 面白いです。全然関係なさそうなはなしが段々つながっていって。。。、そこにあるGIFTとは・・・。ぼう番組 ... (続きを読む)
「スナフキンズストア」ジェノサイド
急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は ... (続きを読む)

芥川賞と直木賞の候補作がまた発表されました。期待度が低い割りに、つい先取りして呼んでしまいたくなるのが、直木賞の罪深さ。また読んだらすこしずつ紹介します。★とりあえず直木賞候補は池井戸潤さん 「下町ロ ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック